1. トップ
  2. レシピ
  3. この酸っぱさ、たまらない!キレイ美人が食している”塩レモン”の美容効果

この酸っぱさ、たまらない!キレイ美人が食している”塩レモン”の美容効果

  • 2015.5.15
  • 3039 views

最近ブームになっている「塩レモン」。
もう食べていますー!という人もいれば、まだチャレンジできていないという人もいるでしょう。

塩レモンとは、その名の通り、レモンを塩漬けした状態のこと。そのまま食べるのもヨシ、サラダに混ぜて食べてみてもいいかもしれませんね。実はこの“塩レモン”には、私たちが予想しているよりもはるかに様々な効果をもたらしてくれるのです。そこで今回は、キレイ美人のラバーズフード“塩レモン”がもたらす美容効果についてご紹介します。

■塩レモンがもたらす効果とは

【美容効果】

塩レモンには、クエン酸・リモネン・ビタミンCが多く含まれており、健康増進に効果的といわれています。ビタミンCを摂取することによってメラニン色素の生成を抑えられるため、シミ・シワのない美肌にもなれるんです。ニキビ炎症を抑える働きもあるので、肌がお疲れ気味の人にはぜひ食べてほしい一品。レモンの皮には、アレルギー物質といわれているヒスタミンを抑える効果もあるそう。

また、レモンに含まれている「リモネン」は、リラックスして食べられる効果があり、早食いや食べ過ぎを防止することができます。ダイエット中の女性にも、塩レモンはオススメなのです。

【ダイエット効果】

ビタミンCの働きによって血流がよくなり、代謝もUP!ダイエットにチャレンジしている人にとって塩レモンは欠かせない食品といえるでしょう。塩レモンを食べると、塩分を強く感じる場合もあるので、自然と食事量も減らせるんだとか。むくみ解消にも効果を発揮します。

■塩レモンの作り方

<必要なもの>
レモン3個
粗塩50~60g
保存容器

①最初にレモンを切っていきましょう。
②よく水で洗ったあとは、レモンを皮ごと半分に輪切りにして、もう片方は乱切りにします。
③保存容器を用意しておき、塩、レモンの順番で入れて、手で上から押します。このとき、レモンの果汁と塩が混ざるようにしてくださいね。
④冷蔵庫で1週間ほど冷やしたら出来上がり。賞味期限は3ヶ月が目安ですが、その都度、食べて少しでも違和感があれば、新しいものに変えていきましょう。

いかがでしたか?

塩レモンは、保存容器と塩とレモンさえあれば、誰でも簡単に作れちゃいます。一個作りおきしておけば、あとはサラダに混ぜて食べたり、ソーダ水やはちみつを入れて、オリジナルドリンクも楽しめるんですよ!美容効果バツグンの塩レモン、時間があるときに作ってみてくださいね。