1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ピン」より「とりあえず」が恋につながりやすいワケ

「ピン」より「とりあえず」が恋につながりやすいワケ

  • 2015.5.15
  • 2254 views

ずいぶんと長い間彼氏がいない女性が皆口を揃えて言うことがあります。「どうもピンと来なくて。」

なるほど。でも。え? ていうか「ピン」て何? 食べれるの? どんな状況? 私、いつもこう思っています。

決して彼女たちの考えを否定しているわけではありません。ファーストインプレッションは極めて大切だと思いますし、自分の理想通りの男性に巡り会いたい気持ちはとてもよくわかります。でも「それだけ」をずっと待っているのって、損しているとは思いませんか?

例えばどうでしょう。友達の集まりでたくさんの異性を知り合う機会があった時。あなたの「ピン」だけを探していたら「初めまして」でほぼ終了。いや、もしかしたら「初めまして」にもいかないかもしれませんね。だいたいの人はここで間口と可能性を自分でつぶしているわけです。

そんなあなたに一つ考え方を増やしてほしいと思っています。それは「無理」と思わなければとりあえず…と、大きく構えること。人の心理的に「無理」を「好き」に変えることはかなり厳しいでしょう。生理的な問題を変える必要はありません。無理と思うならそこでシャットアウトしてください。

けれども、もし「無理」と思わなかったら。「とりあえず」そのままでいてください。もしお誘いがあったら? その日、よほどの予定がない限り行ってください。これはチャラチャラとしてほしいということではありません。もっと可能性を広げてみてほしいのです。ピンと来なくても、話してみたら魅力に気づけるかもしれません。ピンときていないからこそ、無理に背伸びをすることのないありのままのあなたでいられ、いつの間にか何でも話せる間柄になっているかもしれません。

つまりあなたの「ピン」が必ずしもあなたにあっているとは限らないということです。私の経験上、人の「好み」ほどあてにならないものはないと思っているからこそ、ぜひ実践してみてほしいのです。

「理想と現実は違うよね~」は、まさにこれ。実際理想はあっても現実として惹かれる相手は違う場合がほとんどなのです。それにも関わらず、せっかくの出会い(チャンス)、あなたの根拠のない「ピン」で排除している現状。そのまま毎日過ごしていくの、もったいなくないですか?

(内藤 里奈)