1. トップ
  2. ファッション
  3. 「白Tシャツとデニム」が起点|着まわしにいい変化をもたらす実例集

「白Tシャツとデニム」が起点|着まわしにいい変化をもたらす実例集

  • 2020.10.3
  • 12049 views

「白T+デニム」のベーシックからスタートし、投入アイテムでコーデがどんどん変化していくさまを実例でご紹介。色を変える、テイストを加えるなど、着こなしをアップデートするように考えれば、必要な新しさが見えてくる。

【すべての画像】着まわしたスタイリング一覧

01.
(デニムが高まる頼れる色)
「定番の白とレディな赤」


無防備な白Tと色落ちデニムが
即座に女っぽく変貌する少量の赤を
白Tをインしたハイウエストが、ヘルシーに見せるためのワンポイント。赤いピンヒールのあからさまな女っぽさもカジュアルに引き戻しつつ、「どこか目を引く人」を演出してくれる。


02.
(形はそのままで色を変えると?)
「グリーンでシンプルなままクラシック」


デニムの普遍性に添える
深いグリーンのなつかしさ
01のデニムを着まわし。Tシャツの色を、深みと落ち着きのあるモスグリーンにスイッチ。あせたブルーとならほどよく力が抜ける。


03.
(レトロな黒もよく似合う)
「甘い黒小物でデコレーション」


渋い配色にフィットする
品格のある黒でイメージを強化
02のTシャツを着まわし。グリーンとリジッドデニムのカジュアルながらクラシックなムードを高めるために、レトロな趣の黒小物を。リボンもレザーなら大人っぽい。


04.
(品のよさをさらに上乗せ)
「デニムを正すオーセンティックなジャケット」


デニムだから適度になごむ
レディな黒小物と紳士なベージュジャケット
03のデニムを着まわし。白に近いベージュTシャツとサンドベージュのジャケットで絶妙なグラデーションを形成。マニッシュなジャケットのおかげで、レディな黒小物の存在感がまた生きてくる。

05.
(ジャケットに甘えて遊びを加える)
「オーバーオールでハズす」


まじめなジャケットがあるだけでオーバーオールに手が届く
04のジャケットを着まわし。足元も意図的にカジュアルを貫くことで、ジャケットとのギャップがよりきわ立つ。

06.
(カジュアルに欲しい女っぽさ)
「隙のある黒の試しどき」


ハズせるデニムと一緒なら
センシュアルな黒もいやみに見えない

05のオーバーオールを着まわし。飾りがいのあるデニムの中でも、ボーイッシュなオーバーオール。黒で統一した女っぽいエッセンスをプラス。


07.
(黒だからできる攻めた選択)
「夜のためのデニム想定」


シックな黒とダメージデニムの
ハイテンションなテイストMIX

06の黒シャツ、バッグ、パンプスを着まわし。ツヤっぽい黒に重厚なゴールドをぶつけたうえ、さらにダメージデニムでハズしを効かせた主張のあるコンビネーション。ややゆとりのあるストレートなら、どこか力の抜けた印象に落ち着ける。


08.
(1周まわってTシャツ以上に格を上げる)
「定番の白のもう1つの選択」


白T以上に洗練させる力を備えた
シャープな白シャツの即効性
07のデニムパンツ、01のパンプスを着まわし。同じ白でも、Tシャツにはない風格がそなわる白のシャツワンピース。バンドカラーならキレイをキープしつつ、リラックスしたムードに。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model),Yuki Ueda(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Rera Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando

元記事で読む