1. トップ
  2. 1辺0.99センチ実際に動かして遊べる「極小ルービックキューブ」

1辺0.99センチ実際に動かして遊べる「極小ルービックキューブ」

  • 2020.10.1
  • 135 views
「ルービックキューブ」誕生40周年、日本の技術を世界に発信

バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、立体パズル「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」を2020年12月下旬に発売するのに先だち、11月9日17時までの期間、同社直販サイト「メガハウスおもちゃマーケット」にて予約受付をはじめた。秋頃には海外でも展開予定とのことだ。

高度な金属加工技術により構造はそのままパーツを成形

インクの厚みを除いた横・奥行き・高さの各辺が0.99センチのアルミニウム製で、世界最小の公式ルービックキューブ商品だという。金属精密加工を得意とする入曽精密の協力のもと、高度な加工技術により構造はそのままパーツを成形し、実際に動かして遊べる。

3つの面にはルービックキューブ、入曽精密、メガハウスの3社のロゴマークを彫刻。アルミニウム製の台座が付属する。

価格は18万円(税別)。

元記事で読む