1. トップ
  2. スキンケア
  3. 化粧品を変える前にチェックして。肌荒れするのは、洗顔料が原因! ?

化粧品を変える前にチェックして。肌荒れするのは、洗顔料が原因! ?

  • 2015.5.14
  • 1940 views

スキンケアというと、化粧水、美容液、乳液やクリームなどの「塗布する」アイテムを重用視する方が多いと思います。もちろん、その塗布するケアもとても重要ですが、まず、大切なのが「落とす」アイテム。いくら、一生懸命に高価な化粧水や美容液を塗ったとしても、メイクや古い角質汚れが肌に残っていたら、成分の浸透も低下します。

また、それよりも怖いのは、洗顔料による化学成分である界面活性剤が肌を傷つけている可能性があるということ。これは、通常混ざることのない水と油を融合させるためのもので、洗浄力を高める役割をします。もちろんナチュラルな界面活性剤もありますが、注意してほしいのが石油系の合成界面活性剤。落とす力は強いのですが、その分、必要な角質まで取り去ってしまい、肌のバリア機能が低下。乾燥肌や吹き出物、くすみ、シワなど様々な肌トラブルを引き起こします。とくに、敏感肌の人は、界面活性剤を不使用の洗顔料を選ぶことをおすすめします。

落とすだけでなく、肌を鍛えていく洗顔料とは?

洗顔において重要なことは、余分な汚れは落としながら、必要な潤いを保持すること。最近は、肌にナチュラルな成分で作られていて、さらに美容成分をチャージするものが増えていますが、中でもおすすめなのが、オリーブオイルで作られた石けん。

オリーブオイルには、肌の皮脂を構成する成分のひとつであるオレイン酸が、70%以上含まれています。この成分を肌に与えることで、皮脂と水分のバランスが整い、肌サイクルが正常化。使い続けることで、赤ちゃんのような健康的な肌に生まれ変わるのです。

オリーブオイル石けんといっても様々ですが、美容ライターである私が色々試した中で、愛用しているのが「キヨエ」というオリーブオイルのメーカーが作っている、「キヨエまるごとせっけん」。キヨエといえば、シェフや食通の間でも話題で、多くのミシュランレストランでも使用されている高級エクストラバージンオリーブオイル。空気も気候も水も、最高のオーストラリアの土地で、完全無農薬で育てられたオリーブを生絞りし、じっくりと寝かせてから瓶詰め。オリーブオイル独特の青臭さが全く無く、和洋中、どんな料理にも合うのが特徴。一度食べた人はトリコになるほど美味しくて、そのまま飲めるほどフルーティーな味わい。

このオイルを、独自の製法でなんと85%がこのキヨエのオリーブオイルで、あとの15%は精製水を含めた他の原料。界面活性剤はもちろん、保存料、凝固剤、化学香料などの添加物はいっさい不使用。赤ちゃんから敏感肌まで、肌質を選ばずに使う事ができます。

泡立ちは少ないのですが、とろみのあるテクスチャーがなめらかに伸びて、洗い心地にもうっとり。穏やかな洗浄力なのに、毛穴汚れがしっかり落ちているのも優秀!洗い上がりは、まるで美容オイルをつけたようにしっとりとして、肌がもっちりと柔らかくなるのを実感します。私は使ってから1ヵ月経ちますが、乾燥が気にならなくなっただけでなく、肌の内側からふっくらとしたハリが出て、キメも整ってきました。ぜひ、上質のオリーブオイル石けんを味方につけて、洗うスキンケアで美肌を手に入れて下さい。

公式サイト

ファイブ ケイ キヨエまるごとせっけん

(安田光絵)