1. トップ
  2. スキンケア
  3. ピルのちょっとした疑問にお答え!服用に向いている女性って?

ピルのちょっとした疑問にお答え!服用に向いている女性って?

  • 2020.9.21
  • 45334 views

女性をトータルサポートする美人女医・南真実子先生が、体のお悩みにレスキューする連載企画。

今回は、ピルのちょっとした疑問について、南先生に伺いました。

「ピルのメリットとデメリットを教えてください」(女性27歳)
出典: 美人百花.com

「ピルには多くのメリットがあると思います。月経痛がラクになりますし、月経量の減少、月経不順の改善、PMSの軽減など、月経にまつわる不快な症状はたいていピルで改善します。避妊の効果も高いですし、女性を主体として避妊ができるのもメリットの一つといえるでしょう。皮膚科でさまざまな治療をしたが改善しなかったニキビの方も、ピルで改善することがあります。また、卵巣癌や子宮体癌、大腸癌のリスクも軽減します。しかし、デメリットがあるのも事実です。最も気を付けないといけないのが、血栓症です。ピルを服用し、血栓症を起こして命を落とした症例も報告されています。子宮頸癌や乳癌のリスクも高くなる可能性があります。ピルは絶対に服用しないといけない薬ではありません。メリット・デメリットを理解し、医師のもとで処方されることをおすすめします」

「どんな女性が、ピルの服用に向いていると思いますか?」(女性25歳)

月経痛や過多月経、月経不順、PMSなど月経にまつわる不快な症状を自覚されている場合、ピルを服用することで症状を改善できる可能性があります。ピルはニキビの治療にも使用します。皮膚科で色々な薬を試したが改善できなかったケースもピルで改善することがあります。ピルには避妊効果もあるので、妊娠を望まない方にもピルはむいています。しかし、既往歴、家族歴、服用している薬などによって、ピルの服用が好ましくない場合もあるので、まずは医師にご相談下さい」

今後も、さまざまな体のお悩みにお答えいただきます。次の配信もチェックしてくださいね!

教えていただいたのは


大阪美容クリニック理事長 南 真実子(みなみ まみこ)先生

祖父や父が産婦人科医であったことから、自身も大阪医科大学医学部卒業後、初期研修を経て大阪医科大学産婦人科教室に入局。主に、腹腔鏡手術、不妊治療、周産期治療などに従事し、産婦人科専門医を取得。検診業務にも従事し、マンモグラフィー読影認定医を取得。女性がいつまでも健康で美しく輝いていられるよう、更なる高みを目指して、美容医療、アンチエイジング医療を行う。大手美容クリニックで活躍後、2017年大阪美容クリニックを開院。婦人科・美容皮膚科を通じて、女性をトータルにサポートできるよう診療を行っている。

南先生の大阪美容クリニックはこちらからチェックを!

元記事で読む