1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【心理テスト】コレ何に見える? あなたの優柔不断度がわかる

【心理テスト】コレ何に見える? あなたの優柔不断度がわかる

  • 2020.9.21
  • 173235 views

日々を過ごしているなかでは、物事を判断し、決断を迫られるシーンは多くあると思います。小さな選択だけでなく、 将来に大きく影響を与えるような大きな決断をする機会もあるでしょう。そんなときに、決断を迷ったり判断を他人にゆだねたりしていては、チャンスを逃してしまうことも。今回はあなたの優柔不断度を診断していきましょう。

【質問】この図形は何に見えますか? あなたの感じたままにお答えください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9origonal%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc2 5

A.スタンプ

B.コマ

C.えんぴつ

D.逆さまの秤(はかり)

あなたはA〜Dのうち、どれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

この心理テストでわかること

「あなたの優柔不断度」

シルエットはあなたの心の状態を表します。それぞれの選択肢から、あなたが判断を求められたときに、どんなふうに反応をするかが見えてきます。そこから、あなたの優柔不断度がわかるのです。

■Aを選んだあなた……優柔不断度30% 自分で物事を決断するタイプ

スタンプは約束事や契約を表します。あなたは自意識が高く、何かの選択に迫られたときに、相手に判断をゆだねずに、自分で答えを導く人です。責任感が強い一面があるので、決断したことを投げ出さずに最後までやり遂げる傾向にあります。

ただ、重要な選択の際に、判断に迷う機会があると思います。そんなときこそ、自分の直感を信じてみましょう。判断の際に完璧さを求めすぎるのではなく、まずは一歩踏み出しながら、修正を重ねていくことを心がけてみてくださいね。

■Bを選んだあなた……優柔不断度90% 周りに流されやすいタイプ

コマは変化の象徴。あなたは柔軟性があり、臨機応変に対応する人です。しかし、周囲の影響を敏感に察知する一面があり、その場の流れで考え方が変わってしまう傾向にあるようです。

マイナスの感情に引っ張られやすく、自分の選択を相手にゆだねたり、先延ばしにしたりすることも。ひとりでいるときに選択や判断をするように意識しましょう。周りに流されてしまいそうになったときは、いったん席を外してみることで、自分で選択することができるはずです。

■Cを選んだあなた……優柔不断度70% 自分の考えをまとめてから行動するタイプ

えんぴつは自分の気持ちを知りたいという思いの表れです。あなたは客観的に物事を判断する人です。ただ、慎重な一面があるので、考えがまとまらないうちは行動に移すことは少ないようです。

自分の選択に迷いが生まれたときに、決断できないままいると、チャンスが遠のいてしまいます。そうならないために、自分の判断を信じて一歩踏み出しましょう。冷静に判断できるあなたであれば、たとえ、選択を間違えたとしても、臨機応変に対応していく力があるはずです。

■Dを選んだあなた……優柔不断度50% 選択肢が多くて戸惑うタイプ

秤はバランス感覚の象徴。あなたはじっくりと物事を比較しながら、行動する人です。ただ、あれもこれもと多くのことを求めすぎて、最終的に選びきれないなんて場面も少なくないようです。

あなたに必要なのは、自分の価値基準を用意しておくこと。悩んだときに、物事を決めるものさしがあれば、迷わずに歩み続けることができるはずです。そして、その基準は常にアップデートをしていきましょう。価値基準をよりよい方向へ更新していけば、決断力に磨きがかかるはずです。

■即時実行するために必要な直感力を磨こう‼

人間の直感の的確率は90%という研究結果があるほど、人間がもつ直観力は非常に優れています。もし、判断に迷ったときは、「なんとなく」という直感にゆだねて、選択を決断しましょう。

ただ、直感で選んだことがうまくいかないときもあることも多いと思います。そのときは、どこでつまずいたかを振り返ることが大切です。「PDCA」のサイクルを繰り返せば、直観力が磨かれていくでしょう。パッと見た印象で物事を決断できれば、即断即決ができる人へと成長していくはずです。

元記事で読む