1. トップ
  2. インテリア
  3. インテリア次第で変わる!? 狭いトイレを「広く見せる」収納テクニック

インテリア次第で変わる!? 狭いトイレを「広く見せる」収納テクニック

  • 2020.9.17
  • 27328 views

狭い空間とはいえ、トイレは落ち着く場所にしたいもの。そのため掃除や整理整頓をしているのに「狭く見えてなんだかしっくりこない……」とお悩みの方も多いのでは?

そこで今回は、狭いトイレを広く見せる収納テクニックをご紹介します。

1:使用する色を3色までにする

トイレのインテリア
出典: GATTA

一般的にまとまりのあるインテリアを簡単につくるには、使用する色を3色までに抑えることが基本と言われています。

特にトイレは小さな空間であることからも、目に入る色の情報が多いだけで“落ち着かない”気持ちになるものです。

また、たくさんの色があると“楽しい”空間を演出できる面もありますが、ともすると“だらしがない”という印象を与えてしまうことにもなり、多色使いのインテリアは、とてもセンスが必要です。

楽しげな雰囲気よりも、このように色を限定して緊張感を与えたほうが、逆に“落ち着く”空間を演出できるというのが、狭い空間の特徴かもしれません。モノトーンのディスプレイなどは最も簡単といえますね。

2:視線を一点に集中させる

インテリア
出典: GATTA

空間が狭い故にどうしても小さなディスプレイグッズを選びがちです。

しかし、小さなグッズたちをたくさん並べてしまったり、あちらの壁にもこちらの棚にも点在させてしまうと、またしても“落ち着かない”ディスプレイとなってしまいます。

トイレのように、滞在時間が短い空間では、視線をあちこちに彷徨わせると忙しない気持ちになるものです。視線の行き場が定まるように、飾る場所をまずは決めましょう。そして、テーマがまとまっている程よい大きさのグッズを、数を絞って飾ることがおすすめです。

3:掃除グッズを統一する

トイレの掃除グッズ
出典: GATTA

トイレの収納内がどうしても生活感満載になってしまう第一の理由は、掃除グッズのカラフルなパッケージによるごちゃごちゃ感です。けれど最近は、100円ショップや無印良品などで真っ白でシンプルなスプレーボトルやシートカバーも手に入るので、気軽にスッキリした容器に詰め替えが可能です。

一度、整えてしまえば、なかなかリバウンドすることがないので、詰替容器によるスッキリ感は長続きしやすいですよ。

4:収納アイテムを有効活用する

無印の収納ボックス
出典: GATTA

何かとごちゃごちゃして生活感が出てしまう洗面所やトイレ。でも実際整理するとなると、何をどうやればいいのか分からず、結局後回しにしてしまいがち。

統一感がありサイズ感がちょうどいい収納グッズをじょうずに使えば、スッキリ見えをかなえてくれますよ!

こちらは無印用品で人気の『ファイルボックス』。トイレットペーパーもぴったり収まりますし、掃除グッズの収納として活躍してくれます!

ステンレスワイヤーボックス
出典: GATTA

こちらは、上のファイルボックスと並ぶ無印用品の人気の収納アイテム『ステンレスワイヤーバスケット』。丈夫でさびにくいステンレス素材は、洗面所やトイレでも活躍してくれるアイテムです。

持ち手を内側におさめることで、積み重ねて使うこともできるため、スペースを有効に使うことができるのもポイント。また、中身がわかりやすいので、重ねて収納しても便利です。

5:なくても困らないものは置かない

家の中には“あるのが当たり前”になっているモノの中には、実はないほうが快適になるモノが数多くあります。

整理収納アドバイザーmaikoさんによると、トイレにも必要のないものがあるそう。

■トイレマット
トイレ
出典: shutterstock

一つ目は、トイレマット。冷え込みやすい冬場には、足元を暖かくする効果もあり、使うことにメリットが多いようにも感じますが、実はデメリットも少なくないのが実際のところ。

まずはトイレマットを使うことで、プラスで必要になるのが“洗濯”。清潔を保つためには、定期的に洗濯をしなければいけませんが、これがなかなか面倒ですよね。トイレで使っているものということで、通常の洗濯物と一緒にするわけにもいかず、トイレマットのためだけに洗濯機を回さざるを得ません。

さらに、トイレマットを敷いていることで、床の掃除がしづらくなってしまう場合もあります。狭いトイレの空間で、マットをずらして床を掃除するのは気が進まないですよね。いっそのこと、トイレマットをなくしてこまめに床を掃除する方が、清潔を保ちやすく、洗濯の手間も省くことができますよ。

■スリッパ
スリッパ
出典: shutterstock

二つ目は、スリッパ。トイレにあるのが当たり前とされている“スリッパ”ですが、こちらもトイレマット同様、使用するには清潔を保つ必要があります。

狭いトイレの空間なのに、床の掃除に加えてスリッパも手入れするのは面倒ですよね。床さえこまめに掃除をして清潔を保っていれば、スリッパは必要ないかもしれません。

また、意外と多いのがスリッパは一応置いているけれど、いつの間にかそれが“形だけ”になってしまっていて、実はほとんど履いていないといった残念な習慣。

あるのが当たり前だと思っているスリッパも、実はなくしてしまった方が、清潔で気分もすっきりする場合があるかもしれません。

少し工夫をするだけで、スッキリした空間になりそうですね!

自分にあった方法を見つけて、快適に過ごせる空間をつくりましょう。

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

【画像】
New Africa、Oilly.Ar /shutterstock

元記事で読む