1. トップ
  2. ヘア
  3. ドライヤーのかけ方で全然違う!? さらさらストレートを作るスタイリングテク

ドライヤーのかけ方で全然違う!? さらさらストレートを作るスタイリングテク

  • 2020.9.16
  • 12156 views

雨の日の湿気や日差しが強く汗ばむ日は、髪のうねりや広がりが気になりますよね。とくに毛量が多かったり、くせ毛だとなおさらです。

そこで今回は、美容師の堀江昌樹さんに、さらさらヘアをキープするテクニックを教えていただきました。

1:アストレートイロンを使う

2
出典: GATTA

ストレートパーマや、縮毛矯正をせずにストレートをキープするには、重めのオイルをたっぷりとぬって、ストレートアイロンでしっかりと伸ばすことがポイント。

これが一番きれいに長時間ストレートをキープする方法なのですが、少し時間がかかることと、後ろが難しくなかなか全体をきれいに伸ばせないということが難点。朝の時間に余裕があるときに実践してみて。

2:ドライヤーの使い方

毎日のドライヤーのやり方を工夫してみましょう。やり方は簡単。髪を左右に振って、顔の方から乾かし、後頭部の方も振って乾かしてみてください! いろいろな方向に振って乾かした後、下に落ちるように乾かすと意外ときれいなストレートスタイルになりますよ。

また、アイロンやスタイリングが取れやすい方はオイルやバームをしっかり使ってみてください。それでも取れてしまうなら、ヘアスプレーなどで固めてもいいでしょう!

3:トリートメントを重めのしっとりタイプにする

1
出典: GATTA

これはふわっとする癖毛さんにおすすめの方法。モイスチャーなタイプのトリートメントを使うと、トリートメントの後の髪の質感がかなり重めでストレートアイロンを通すだけでストレートにキープすることが可能です!

トリートメントを変える発想はなかなかなかったかもしれませんが、トリートメントを変えることで髪の質感が変わり、より一層スタイリングがしやすい髪質になるんです。癖毛さんや、ふわっとした柔らかい質感の髪の方はぜひ試してみてください。

4:ストレートパーマ

あまりにも自分でスタイリングが難しい方や朝の時短をお考えの方にはストレートパーマがおすすめ。この先ずっとストレートスタイルを楽しみたいならぴったりですし、最近は薬剤も進化してダメージレスでかけられるものもあります。癖毛や、広がりはかなり収まるので、美容師が行える施術所方法の中で、1番感動をお客様に与えられるといっても過言ではありません。

ただ、ストレートパーマや縮毛矯正をしてしまうと今後も継続的にストレートパーマや縮毛矯正を続けていかないといけなくなるというデメリットも。担当美容師さんとしっかりと相談をしてから決めてくださいね。

ほかにもまだまだ方法はありますが、おすすめの方法をご紹介させていただきました。自分の髪に合う方法をぜひトライしてみてくださいね!

元記事で読む