1. トップ
  2. おでかけ
  3. 昭和の映画スター・大河内傳次郎の邸宅跡にお邪魔しよう!『大河内山荘庭園』

昭和の映画スター・大河内傳次郎の邸宅跡にお邪魔しよう!『大河内山荘庭園』

  • 2020.9.15
  • 2214 views

往年の映画スター・大河内傳次郎が30年に渡りコツコツと創りあげた『大河内山荘庭園』は、どこを切り取っても素敵な空間でした。

大河内傳次郎とは

 (190587)

嵐山、竹林の小径近くに位置する「大河内山荘庭園」
この庭園は、映画俳優の優大河内伝次郎(1898~1962)がこの雄大な風光明媚な土地に魅了され、長年の歳月をかけた創り上げた庭園。

大河内傳次郎は往年の映画スターで「時代劇6大スタア」と呼ばれていたそうです。ただ、彼のことをご存じなくても大丈夫!庭園内に「大河内傳次郎資料館」があり、写真やパネルなどから活躍ぶりを知ることができます。

 (190589)

実際私も知らなかったのですが、資料館を通して彼の生涯や昭和の映画の勉強ができ、思いがけず楽しい時間を過ごせました。

 (190591)
 (190592)

風光明媚な『大河内山荘庭園』

 (190594)

大河内傳次郎は往年の映画スターで、34歳から30年にわたりこつこつと大河内山荘庭園を創りあげました。約6,000坪からなる庭園は回遊式借景庭園で早い人だと15分~20分で回れるそうですが、私はお茶の時間を除き1時間ほどかけてゆっくりと回りました。
こちらの写真は「大乗閣」で寝殿造や書院造、数寄屋造など日本住宅の伝統的様式を取り入れた建物です。

 (190596)

見事な庭園

 (190598)
 (190599)
 (190600)

必見、大パノラマの絶景

 (190602)

お庭ももちろん素晴らしいのですが、それぞれの展望台や場所から見る景色は圧巻です。この日は天気が悪かったのですが、保津川や京都市内、嵐山や比叡山などを一望できるので必見です。

 (190604)
 (190605)

抹茶とお菓子のサービス付き

 (190608)

お菓子(最中)には「大河内山荘」と書かれていて、お土産として購入することもできます。疲れを癒してくれる時間で、何時間でもいたくなる庭園はどこを切り取っても素敵な空間でした。

詳細情報

 (190610)

名称:大河内山荘庭園
住所: 京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8
時間:9:00~17:00
入場料:1,000円
関連ページ:
https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=8&tourism_id=693

元記事で読む