1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 家事負担が軽減した!プロも実感「キッチンで手放してよかった」モノ2つ

家事負担が軽減した!プロも実感「キッチンで手放してよかった」モノ2つ

  • 2020.9.9
  • 37152 views

「家事に費やす時間を少しでも減らすことができたら……」と思うのは、忙しい毎日を過ごすみなさんに共通する思いですよね。

そこで今回は整理収納アドバイザーのmaikoさんに、家事の負担を減らすことにつながる“キッチンで手放してよかったモノ”を教えてもらいました。家事が煩雑になりがちなキッチンだからこそ、モノを整理することでラク家事を目指していきましょう。

1:使っていない便利グッズ

キッチングッズ
出典: Africa Studio / Shutterstock

調理にかかる手間を減らし、時短の効果が期待できる“便利グッズ”は、効率よく料理をするのに役立つお助けアイテム。上手に便利グッズを取り入れることで、家事の負担を減らすこともできますね。

しかし、「とりあえず購入したまま、引き出しの中で眠っている便利グッズがある」といった人も多いのではないでしょうか。たまたま買い物に行った100円均で購入したり、便利そうだと買ってみたものの、それほど使い勝手がよくなかったり、細かいパーツがあって洗うのが手間だったり……と、結局使わなくなってしまったパターンも少なくないはずです。

「いつか使うかも」「せっかく買ったから」と思って手放せない気持ちもわかりますが、使っていないモノをため込んでしまうと、収納スペースはごちゃごちゃしてしまう一方。使っていない便利グッズを手放し、収納スペースをすっきりさせれば、必要なモノの取り出しや片付けがスムーズにできるようになり、自然と家事の負担も減るはずです。

2:多すぎる食器

食器
出典: GATTA

キッチンに必需品の“食器”。食器を集めることが趣味で、料理にあったモノを選んで楽しむ人も多いのでは? キッチンでの家事を少しでも楽しいものにするために、“お気に入りの食器”を使うことは大切なことです。

しかし、こだわりもなく食器の数が増えている場合は注意が必要! 自分で気に入って購入した食器以外にも、人からもらった、景品としてもらった食器やカップが、食器棚にたくさん並んでいるということも多いですよね。

必要以上に数が増えてしまった食器は、収納スペースを圧迫するだけでなく、「数に余裕があるから」と食器洗いをサボって次々に新しい食器を使ってしまい、結局は食器洗いの手間を増やしてしまうことも起こりやすくなります。

割れない限り手放すタイミングがわかりづらい食器ですが、お気に入りではない必要以上の食器は、家事の負担を増やしかねません。スムーズな家事のために、“お気に入り”や“適正量”の2つを意識して、食器棚の見直しをしてみましょう。

不要なモノを手放すと、キッチンでの作業効率も上がりそうですね。ぜひ家事の負担を減らすために、キッチン周りの見直しをしてみてください。

【画像】
※Africa Studio / Shutterstock

元記事で読む