1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが気づいていない“自分の強み”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが気づいていない“自分の強み”がわかる心理テスト

  • 2020.10.19
  • 121492 views
undefined

あなたは自分にどんな特徴があるか知ってますか?自分のことと言っても、全部を把握することは難しいですよね。でももし、自分の特徴の中で強みとなる部分を知っていれば、自分を良い方向へ導いていく力となってくれるかもしれません。あなたの強みを探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.ベッド

2.ローマ数字の1

3.ベンチ

4.アルファベットのI



1.ベッドに見えた人は「柔軟さ」

図形がベッドに見えた人は、柔軟さが強みとなってくれそうです。融通が利きやすい性格をしているので、ある程度のところでOKにできたり許せたりするでしょう。何か辛いことがあったとしても、自分の中でなんとなくやり過ごしていける柔らかさがありそうです。

このタイプの人は、良い意味で適当を知っている人かもしれません。すべてを頑張るのではなく、ある程度ポイントだけを押さえて、適度に手を抜くような術を身に着けているでしょう。また常に100%を目指すことなく、70%でも良いと考えられる人かもしれません。

物事をしっかりと追求したり極めたりすることは苦手かもしれませんが、周りの人とうまくやっていく柔軟さが何よりもあなたの魅力でしょう。思い通りにいかない時や、辛い現実が突き付けられた時でも、持ち前の柔軟さがあなたを思いつめさせることなく救ってくれることでしょう。

2.ローマ数字の1に見えた人は「知性」

図形がローマ数字の1に見えた人は、知性が強みとなってくれそうです。考える力もありますし、知識も豊富なのではないでしょうか。頭の片隅に置いておいた知識で、窮地も乗り切れるようなところがありそうです。

このタイプの人は、知的好奇心が強く様々なことをかいつまんで頭に入れているようなところがありそうです。興味がないことも、さらっと目にして頭の隅にとどめているなど、知識量が他の人よりも豊富かもしれません。

また行動するよりも考える方が得意ですので、どんな場面でもまずは視点を変えたりしながら突破口がないか考えるようにするのではないでしょうか。その知性があなたの強みとなって、ある程度のことを乗り越えさせてくれるかもしれません。

3.ベンチに見えた人は「冷静さ」

図形がベンチに見えた人は、冷静さが強みとなってくれそうです。どんな場面でもそれほど大きく取り乱すこともなく、冷静に物事を見極めて行動に移すことができる人でしょう。パニック状態にならない分、どんな時でも普段通りの力を発揮できる人かもしれません。

このタイプの人は、あまり感情の起伏が激しくないところがありそうです。そのため、それほど自分の感情に左右されることが普段からないのではないでしょうか。あなたのすごいところは、危機的状況に陥ってもそれほど揺れ動かないところかもしれません。

周りの方が感情的になっていても、あなただけは冷静にゆったりとした気持ちで現実を見つめているようなところがあるでしょう。そのかいあって、割とスムーズに建設的な考えが出てくるところが、あなたの強みとなっていそうです。

4.アルファベットのIに見えた人は「対人スキル」

図形がアルファベットのIに見えた人は、対人スキルが強みとなってくれそうです。人と卒なく関わることができますし、人の力を上手に借りることもできそうです。そうやって周りのサポートを上手に得ながら進むことができる人かもしれません。

このタイプの人は、自分をしっかりと持っている人でしょう。周りの意見にそれほど左右されることなく、自分の立ち位置をしっかり把握できていそうです。そのため、人と接する時に程よい距離感を保つこともできますし、依存しすぎることもなさそうです。

そのバランスの取れた対人スキルが、どんな局面でもあなたの強みとなってくるでしょう。その時に必要な手を借りることだってできるでしょう。また気持ちがしんどいからと、周りと少々距離をおいてもあなた自身が寂しくて不安定になることはなさそうです。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部