1. トップ
  2. メイク
  3. 【メイク】 むしろ、ミニマムな「削ぎ落としメイク」が正解

【メイク】 むしろ、ミニマムな「削ぎ落としメイク」が正解

  • 2020.9.8
  • 3834 views
undefined

夏を理由にカラーメイクにシフトする必要はない。むしろ、いつものメイクが重く感じる季節だけに「そぎ落とし」それでも回るリアリティのあるミニマムな連鎖に期待をかけたい。

すべてのメイクを見る

( SELECT ITEMS )
必要に応じて選ばれし精鋭
トレンドの寄せ集めではない「えりすぐり」。今回はそれぞれのよさや役割を明確にすることでおのずとしぼられた、ヘア&メイク岡田知子さんセレクトの7品で考察。

EYE COLOR
A
主役にも脇役にもなれる対応力
どんなスタイリングや顔立ちも受け入れるブラウンシャドウ。「何にでも合う」からこそ、濃度の微差やつけこなし方を知っているか/知らないか、その違いは大きい。


■DATA
ヴォランタリー アイズ 15 2,000円+税/セルヴォーク ほのかに赤みがあるブラウン。しっとりとしたテクスチャーで、指づけでするすると肌にフィット。重ねてもくすむことなくクリアに発色する。

- ADVICE -
微細なパールの効果で、ゆらめくような複雑な発色。単色ならではのあっさり感はありつつ、けっして単調にはならないつかみどころのない深みのあるブラウン。ほんのり赤みがあって今っぽい(岡田さん)

UTILITY COLOR
かける期待を満たすもの
アイテム数をしぼったとしても組み合わせは単純化させない。「まわす」役割として、1つで2役以上のバイプレーヤーの存在ほど、頼りになるものはない。

B
安心感のあるうまいキラキラ


■DATA
インフィニトリー カラー 01 3,200円+税/セルヴォーク 目元、チーク、リップにと応用力が高いフェイスカラー。コンパクト設計なのでモバイルコスメとしても活躍するマルチぶり。

- ADVICE -
スマッジすれば肌の内側からにじむような光になりすまし、ポテッと厚くのせると遠慮なくキラキラ。光だけを残すことも彩ることもできる、1つあると都合がいいブロンズ(岡田さん)

C
ヘルシーオレンジの理想形


■DATA
ミネラルマルチパウダー ヘルシーオレンジ 2,300円+税/エトヴォス 透けるオレンジに、落ち着いたブラウンがまざり合い、さえた大人の印象に仕立てる。1つで3役以上をこなす。

- ADVICE -
しっとりとしたベロアタッチながら、肌にのるとドライっぽく見える色づきで、顔じゅうどこにのせてもシャレる。美容オイルでミネラルを固めたシンプルな処方設計もいい(岡田さん)

D
簡単にリズムをつくる色とツヤ


■DATA
rms beauty リップチーク デミュア 4,800円+税/アルファネット 商品名どおり、唇にもほおにも使えるクリーム。ほどよいツヤ感が上品でナチュラルな仕上がり。発色はひかえめ。

- ADVICE -
でしゃばらず、かといって沈むこともない。無難にまとめない「幅出し」の役割としてクリームピンクを1つ。「デミュア=ひかえめ」というこの色名も言い得て妙(岡田さん)

LIP COLOR
とどまる強さと抜けを兼ねる
ひと目で違いを生むリップカラーに必要なのは「幅」。3本で日々まわす想定ならば、ほどほどに目を引く色み、かつ気張らずにこなせる質感の組み合わせがベター。

E
「遊びを担う色」はリラックスモードでこなす


■DATA
エッセンスリップオイルカラー 0A04 マリーゴールド 3,500円+税/シロ みずみずしいゆずが香るスキンケアリップカラー。透明感のあるシアーな質感と軽やかな発色を両立したオレンジ。

- ADVICE -
知らず知らずに設定してしまう自分の枠からはみ出る「アウェーな色」は、グロスで様子を見てみると導入がスムーズ。アリかナシかのベンチマークになります(岡田さん)

F
主張しすぎないローズブラウン


■DATA
ザ リップスティック シアー 006 3,200円+税/アディクション ビューティ 心地よくのびて唇にフィット。フレッシュでシアーな色づき。

- ADVICE -
カジュアルなスタイリングにひと塗りするだけで、女っぽさがわき上がる「引き上げ色」。少し抜けのあるシアーな1本なら、いかにもな仰々しさと無縁(岡田さん)

G
「何にでも合う」の一歩先


■DATA
デアリングリィデミュアリップスティック 05 3,900円+税/THREE 血色感のあるピーチベージュ。

- ADVICE -
守りにも攻めにも。合わせに応じて両極の表情をつくる二面性のあるベージュをそなえると退屈しません。ツヤすぎず、マットでもないフォギーなみずみずしさがいい(岡田さん)

01
LOOSE KNIT
(肌もシルエットも包み込む)
ラクしてキレイに働くハズれなき2トーン
B + E
ブロンズとオレンジ、そして肌が生きる目の粗いサマーニット。「太陽に親しい」でつながる、つかず離れずなちょうどいい距離感。



ダークブラウンカーディガン 42,000円+税/ユリナ カワグチ(ナリユカ) 白タンクトップ 6,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) ベージュショートパンツ 19,000円+税/アモーメント(SHOWROOM 233) バッグ 19,000円+税/JARDIN DEL CIELO(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) サンダル 5,900円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN)


■POINT
チークの線形もリップの色もトリッキー。それでもしっくりおさまるのは「みずみずしく透ける」という共通項があるから(岡田さん)

HOW TO…
まぶたは指づけ。チークは鼻にかかるように山なりに入れた「日焼けチーク」。ともにブロンズ(B)でまとめ、リップには透けるオレンジ(E)。見慣れないストロークや色は素肌感を失わず、ライトにこなすとうまくいく。

02
WHITE T-SHIRT
(心地よく疲れない)
手数は少なく、退屈させない
A + B + D
愛嬌があってヘルシーな白Tに、テンションがつり合うピンクを投入してさらりとインパクトづけを。目元がクールなら、大人に着地する。



白ロゴTシャツ 7,500円+税/ブラームスルーツストック(ワンダリズム) ピンクパンツ 12,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) ピアス 8,500円+税/ニナ・エ・ジュール(リヴドロワ ルミネ有楽町店) サンダル 19,000円+税/Dhyana.


■POINT
強気なブラウンアイとファジーなピンクの組み合わせは、レトロに傾ける手段。カジュアルにクセが欲しいときに役に立つ(岡田さん)

HOW TO…
目元の上下を囲むようにBのブロンズ、そしてAの赤みブラウンを強く濃く。二重幅にブラシでしっかり発色させる。2ステップでレディに仕立てた目元に、リズムを加える役割を担うのはクリーミーなピンク(D)。まずは指でリップにぽってりと。さらに指に残ったぶんでラフにほおを染めあげれば、かわいげがありつつ、大人を保った白Tに必要な緊張感のある顔まわりが完成。

03
FLOWER BLOUSE
(かわいいとなつかしいを半分ずつ)
ベージュリップに補う強さ
B + G
色過多にならないよう、顔まわりは引き算。ベージュとブロンズのミニマムな組み合わせを無難にしないよう、その相性を生かした重ねづけで光のエフェクトを追加。



花柄シャツ 11,000円+税/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) デニムパンツ 28,000円+税/SEA(エスストア) ハット 4,980円+税/rienda(バロックジャパンリミテッド) サンダル 5,900円+税/RANDA


■POINT
ベージュリップを「シンプル以上」に仕上げるもうひと工夫として、ブロンズをトッピング。色に頼らずとも強さは出せます(岡田さん)

HOW TO…
Gをリップに直塗りした上からポンポンとかぶせるように、上唇の輪郭中央部分と下唇中央にBをのせていく。このひと手間で、唇にパンッと張ったような弾力と立体感が生まれキャッチーなポイントに。目元はぼかしこまず色を置くイメージで、二重幅に指づけ(B)。

04
RUFFLE TOP
(親しみやすい甘さ)
”輪郭レス”でグッドガールのその先へ
C + F
目元で1色、リップで1色。ミニマムなワンツーメイクは質感のクセを生かしたつけ方で脱コンサバにシフト。「いつもの」→「目新しい」の刷新はたやすい。



白ブラウス 16,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 白パンツ 22,000円+税/nagonstans サンダル 23,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

■POINT
キレイに仕上げることは一旦忘れ、強い色をファジーに色づける。力を抜くポイントを的確に定めれば、服との調和がおのずととれます(岡田さん)

HOW TO…
上下ともに目まわりにCをさらっと。目頭は逃がし、ドライなオレンジに足りない抜けを確保。リップにはFのローズブラウンを直塗り。輪郭をとらないファジーな色づけで、気張ってる感のない女っぽいルックスに。

05
BLACK RIB KNIT
(何にでも合う)
端正な黒とセンシュアルなピンク
A + D + G
ここでピンクが担うのはかわいさではなく、黒をしゃんと着るための血色感。ほかのパーツも含め、塗った感がない薄いヴェールのような仕上がりを意識したい。



黒リブTシャツ 7,000円+税/LENO(グッドスタンディング) ブラウンロングスカート 30,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) ネックレス(大) 49,000円+税/ニナ・エ・ジュール(CASA FLINE 表参道本店) (小) 28,000円+税/e.m.(e.m. 表参道) バッグ 9,800円+税/Lily Brown サンダル 23,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

■POINT
フォギーなメイクが黒の強さでくすまないよう、毛流れを立ち上げた眉、ウエットなヘアでコントロールするとちょうどよく整います(岡田さん)

HOW TO…
チップにAを適量とり、二重幅にやわらかい陰影をプラス。チーク(D)はほおの中央に大きい逆三角形にぼわっとにじませる感覚で、指でトントンとなじませていく。チークを広範囲にするぶん、下まぶたはレスでOK。ベージュリップ(G)はリップラインよりひとまわりオーバーに。ラフな直塗りでぽってり。なじみつつ目を引くフォギーに仕立てて。

06
LINEN SHIRT
(力みのない女っぽさ)
乾いたリネンに相愛なオレンジを
A + B + C + F
「ときにはハズさないメイクがしたい」。ならばヘルシーで疲れないリネンに甘えない手はない。メイクが生む緊張感が着こなしの完成度を上げる相乗効果に期待。



ベージュリネンシャツ 22,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) ボルドーキャミソールドレス 16,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) サンダル 27,000円+税/フラッタード(SHOWROOM 233)


■POINT
重心を下げてトータルバランスを設定する。ただそれだけでタッチポイントが多くても気負いのない仕上がりはかなうもの(岡田さん)

HOW TO…
二重幅よりオーバーにB。下まぶたの中央にAを置き、左右にワイパーのようにのばすことで、黒目下が濃く、端は薄い横グラデーションに。Aが含むパールの光沢で、締め色でもうるんだような瞳の演出が可能。ほおの中央よりやや下から小さめの逆三角形にC。リップはFの上からCを重ね、マット質感にチェンジするとともに、ほおと色みをつなぐ。目、ほおともに重心を低く設定することで、リネンに相愛な気だるさをそなえた女っぽさが手に入る。

元記事で読む
の記事をもっとみる