1. トップ
  2. レシピ
  3. さわやかな酸味と辛味で暑さを乗り切る!「ミニトマトのスンドゥブ鍋」#今日の作り置き

さわやかな酸味と辛味で暑さを乗り切る!「ミニトマトのスンドゥブ鍋」#今日の作り置き

  • 2020.9.5
  • 532 views

「ミニトマトのスンドゥブ鍋」

【材料】
ミニトマト 4個
長ねぎ 1/4本
えのきだけ 1/4袋
ごま油 大さじ1/2
鶏もも肉 100g
豆腐 1/2丁
シーフードミックス(あさり、えび、いか) 100g
水 1カップ
酒 大さじ1
鶏がらスープの素 大さじ1
コチュジャン 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
卵 1個

【作り方】

(1)ミニトマトは1/2に、長ねぎは斜め薄切りに切り、えのきだけは石づきを落とす。

(2)鍋にごま油を入れ中火で熱し、鶏肉を表面の色が変わるまで両面焼く。

(3)水、酒を入れ、卵以外の材料をすべて入れて5分程度煮込み、最後に卵を割り入れる。

【ヘルシーポイント】
低カロリーで植物性たんぱく質が豊富な豆腐には総コレステロール値を低下させるレシチン、抗酸化作用がある大豆サポニン、女性ホルモンのエストロゲンに似ていてアンチエイジングをサポートする大豆イソフラボンなどをたくさん含み、美容食といわれています。

鮮やかなトマトの赤色はリコピンという成分によるもの。有害な活性酸素を除去する抗酸化作用があります。またリコピンは熱に強く、煮ても抗酸化力が低下しにくいという長所もあります。
ミニトマトは大玉トマトより、抗酸化作用を有するβカロテンやコラーゲン繊維の構築に必要な酵素を活性化させるビタミンCを約2倍多く含んでいるんです。

元記事で読む