1. トップ
  2. レシピ
  3. パスタの国のとんこつラーメン?!イタリア・ミラノの繁盛店が日本初上陸☆

パスタの国のとんこつラーメン?!イタリア・ミラノの繁盛店が日本初上陸☆

  • 2015.5.8
  • 585 views

フランス、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど世界各国でブームになるなど、いまや世界を席巻していると言っても過言ではない日本生まれの「ラーメン」。そんなブームの中、パスタの国・イタリアでも人気を博すラーメン店があるのだとか。。。それがミラノにお店を構える「CASA RAMEN」。店主はミラノで生まれ育った生粋のイタリア人・Luca Catalfamo(ルカ・カタルファモ)さんだ。

【「CASA RAMEN」店主・Luca Catalfamo(ルカ・カタルファモ)さん】

ルカさんは世界各国で料理の修業をしていた頃、ニューヨーク「一風堂」でラーメンと出会い衝撃を受けたそうで、その後ロンドンのうどん店でダシの勉強をしてラーメン店を開業することを決意。日本に渡り1ヶ月間、毎日3食以上のラーメンを食べ続け、自分が作りたいラーメンのイメージを固め2013年9月にミラノに「CASA RAMEN」をオープンさせたそう。

【評判は瞬く間に口コミで広がり、今ではお店がオープンする30分前からお客さんが並び始めるほどの繁盛店に】

このミラノの人気ラーメン店「CASA RAMEN」が、このたび日本初上陸。2015年5月29日(金)より新横浜・ラーメン博物館に登場するんです!!

看板メニューはミラノの本店でも大人気の「とんこつラーメン」。

ルカさんが提供する「とんこつラーメン」は、日本のとんこつラーメンをベースにイタリア料理の技法が反映したものとのこと。豚骨を100%使用し20時間かけて作り上げられたクリーミーなスープに、タレは2種類の醤油に和だしを加え、香味野菜をオリーブオイルでグリルしたものを漬け込んだもの。麺にはパスタ用デュラムセモリナ粉とイタリアパンに使用される小麦粉をブレンドし、程よいモチモチ感と歯切れの良さが特長の中細ストレート麺。そしてチャーシューはパンチェッタの製法を取り入れ、豚バラ肉にイタリア産岩塩を擦り込み、グリルしたものを真空低温調理で柔らかくしっとりと仕上がっているそう。

そして、もうひとつの看板メニューはイタリアンのテイストが盛り込まれた「ペペロンチーノ和え麺」。

和え麺専用の中太麺をオリーブオイル、和風だし、唐辛子、醤油ダレで和え、カリッと焼き揚げた鶏肉、生ホウレン草、もやし、ネギ、糸唐辛子がトッピングされたスープのない「ペペロンチーノ和え麺」は、パスタのペペロンチーノとは違い、唐辛子(ペペロンチーノ)がふんだんに使われた一品とのこと。

パスタの国からの逆輸入ラーメン、その味が気になりますよね?? 1年半の期間限定出店とのことなので、ぜひこの機会にイタリアで人気を博すラーメンの味を確かめてみて!!

イタリア・ミラノ「CASA LUCA」

2015年5月29日(金)OPEN ※1年半の期間限定出店

場所 :新横浜ラーメン博物館館 地下2階

http://www.raumen.co.jp/information/news_000248.html

*店主のルカさんは2015年5月19日より来日予定とのこと