1. トップ
  2. レシピ
  3. レンジでチンするだけ! 火を使わない究極の「時短レシピ」5選

レンジでチンするだけ! 火を使わない究極の「時短レシピ」5選

  • 2020.8.30
  • 5441 views

8月の終わりから9月初旬にかけては、夏の疲れが出やすい時期ですよね。体がだるい状態だと、料理を作るのも一苦労。

そこで今回は、火を使わず作れる時短レシピ5選をご紹介。レンジで温めるだけで完成する料理がほとんどなので、「料理に時間をかけられない」「今日は簡単に済ませたい」というときに最適です。

■タルタルソースでいただく、ゴロゴロ「ジャガイモのサラダ」



ジャガイモの茹で時間も、レンジを使えば時短できます。こちらのレシピでは水菜を盛り、サラダにしていますが、パンに挟んで食べても美味しいです。たった10分で出来上がるので、忙しいときはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりです。

ソーセージの代わりにハムを使ったり、最後に粗挽き黒コショウをかけてスパイシーに仕上げても◎。水菜ではなく、キャベツの千切りを敷いてもいいでしょう。この一皿で主菜にもなりますよ。ジャガイモは2~3分加熱、ソーセージは40秒~1分、電子レンジで加熱してくださいね。
■タマネギを長く炒める必要なし! レンジで簡単「本格オニオンスープ」



オニオンスープを飲むと、体の内側からポカポカと温まりますよね。このレシピでは、タマネギを生の状態から飴色になるまで炒める必要はありません。

作り方はとっても簡単! 玉ネギを繊維に沿って薄切りにし、耐熱容器にバターと共に入れます。ラップをせずに電子レンジで2分加熱し、一旦取り出して混ぜましょう。その後、2回繰り返し(合計6分加熱)、鍋に移して茶色くなるまで炒めます。水、顆粒スープの素を加えて加熱し、仕上げに塩コショウで味を整えれば完成です。コクがある本格オニオンスープでパンとの相性もバツグン!
■レンジで加熱するだけで作れる、手軽な「鶏肉のレンジ照り焼き」



鶏肉の照り焼きを使った料理もレンジを使えば手軽に作れます。鶏もも肉と板コンニャク、白ネギ、ピーマンを使うので、栄養バランスも良さそうです。この一皿とご飯だけで立派な一食になりますよ。ボリュームアップしたい場合は、キノコ類や根菜などを追加してもいいでしょう。

また、このレシピを上手に作るコツは、とろみをつけること。煮汁に水溶き片栗を加えて混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジで1~1分30秒ほど加熱しましょう。レンジで加熱することで、食材の内側まで煮汁がしみ渡り、ご飯がもりもり進む美味しさです。
■あっという間に完成! トロトロで美味しい「ロールキャベツ」



作るのに時間がかかる印象のロールキャベツですが、このレシピなら手間いらずです。レンジで作ったとは思えないくらい、トロトロ食感で美味しいロールキャベツが完成しますよ。このレシピでは、顆粒スープの素やプチトマトなどを使い本格的なトマトスープを作っていますが、シンプルにコンソメスープにしても問題ありません。

仕上げに塩コショウで味を調え、お好みでドライパセリを振ってからいただきましょう。多めに作っておき、冷凍保存するのもオススメ。家庭の定番料理に加えたくなる、簡単ロールキャベツです。ぜひお試しください!
■加熱時間は1分30秒だけ、スピード調理が可能な「チャーハン」



レンジでチャーハンを作れば、スピード調理が可能に。なんと1分30秒、加熱するだけで出来上がります。仕上げに、ご飯に高菜の漬け物、白ゴマ、スクランブルエッグを混ぜ合わせ、刻みのりを散らしてからいただきましょう。

辛子明太子やハム、納豆、キムチなどを混ぜ合わせても美味しく仕上がります。その日の気分に合わせて、具材をアレンジできるのがうれしいですね。ゴマ油を使うので、香ばしい匂いが漂い、食欲をそそられます。全工程を合わせても、たった5分でできるので、究極の時短レシピとして大活躍してくれそうです。
電子レンジを使えば、手間のかかる料理も大幅に時短できて便利です。時間をかけて作った料理が必ずしも素晴らしいとは限りませんし、時短=手抜きでもありません。体調が優れないときや忙しいときは、「電子レンジ」という文明の力を借りて、時短レシピを作ることも大切でしょう。ぜひお試しを!

(木下あやみ)

元記事で読む