1. トップ
  2. グルメ
  3. 「茶音(Saon)」で過ごす和洋ミックスのカフェタイム

「茶音(Saon)」で過ごす和洋ミックスのカフェタイム

  • 2015.5.8
  • 2882 views

多くの飲食店が立ち並ぶ福岡市の大名エリア。なかでも目を引くのが、広々としたウッドデッキが開放的な「茶音(Saon)大名店」。福岡を中心に人気を集めるイタリアンジェラート・カフェバールの「ViTO(ヴィト)」がプロデュースするお店です。昨年末に和テイストだった空間を全面リニューアル。どんなカフェに変身したのでしょう。

和を基調にしたヨーロピアン

地下鉄赤坂駅から歩いて6、7分。「茶音(Saon) 」は、おしゃれな路面店が並ぶ大名の路地裏にあります。

そもそも、和カフェだったこのお店が、リニューアルしたのは昨年12月のこと。「和」に加え、インテリア、メニューのいずれにもヨーロッパのカフェのテイストを盛り込んで、さらに魅力がアップしました。

店内は、シックな赤色のチェアに茶室で見るような丸い飾り窓を配するなど、和と洋が絶妙なセンスで調和した空間。外のウッドデッキテラス席は、ファッショナブルで、にぎやかな大名にありながら、ゆったりと開放的で、ついつい時間が過ぎるのを忘れてしまいそう。

本場フランスの焼き菓子が仲間入り

新しい「茶音(Saon)」には、フランスとベルギーで経験を積んだパティシエによるデニッシュや焼き菓子がラインアップに加わりました。厳選した食材をふんだんに使った味は「本場さながら」と外国人からも好評です。見た目が華やかでキュートなタルトは全部で20種類ほど。デコレーションは日々変わるため、毎回、どれにしようか迷いそうです♪

おすすめは、4月からの新メニュー「マ・プレフェランス」(1000円~)。パウンドケーキまたはケークから3種類、ドリンク、それにジェラートが選べるお手頃なセットです。

コーヒー通にはたまらない、極上ロースト豆でいれる一杯

コーヒー好きなら、ぜひこのお店のエスプレッソを試してみて。外からも見えるガラス張りのコーナーは、コーヒー豆焙煎機の専用の小部屋。高さ2m、幅1mのビッグサイズで、お店の前を通る人が思わず足を止めてしまうほどです。世界最高級といわれるドイツ製のこちらのマシンを使ってローストするのは世界中から厳選した最高級グレードの豆。その豆を抽出するのは香りとうまみを引き出すイタリアのエスプレッソマシンです。

エスプレッソはシングル250円から。イートインはもちろん、テイクアウトもできます。

女性好みのドリンクでリラックス

おすすめしたい「茶音(Saon)」のドリンクメニューは、まだまだあります。たとえば、抹茶碗でいただく「抹茶ミルク」「抹茶モカ」などの創作抹茶や、これからの季節はフルーティーでカラフルなイタリアンソーダ(450円)もさわやかでいいですね。

「茶音(Saon)」限定ジェラートも、ぜひ味わって♪

一つひとつの食材をいちから研究してつくり上げたイタリアンジェラート店「ViTO」の系列店だけあって、「茶音(Saon)」でもそのジェラートが味わえます。ショーケースには、色とりどりのジェラートが並び、美しいデコレーションに思わず目を奪われます。なかでも、「抹茶ティラミス」「黒ゴマ」「ほうじ茶バニラ」(各420円)など、この店限定の和風ジェラートは和菓子好きも納得の味なので、ぜひ試してみてくださいね。