1. トップ
  2. ネイル
  3. 歯ブラシが基本?これで春・夏も安心のフットネイルケア

歯ブラシが基本?これで春・夏も安心のフットネイルケア

  • 2015.5.7
  • 3751 views

あたたかくなってくると、ミュールやサンダルで出かけたくなりますね。夏になって足を出す機会が多くなると、フットネイルがしたくなります。手指の…

フットケアをしておくメリット

【イットネイル】あたたかくなってくると、ミュールやサンダルで出かけたくなりますね。

夏になって足を出す機会が多くなると、フットネイルがしたくなります。

手指のセルフネイルは覚えたけど、フットネイル(ペディキュア)って何をすればいいか分からない〜!なんて方も多いのでは?

また足の爪や指が汚いままだとどんなネイルもイマイチです。

今回は、フットネイル前に済ませておきたい正しいケアをご紹介したいと思います。

足の爪周辺を中心としたフットケアをすると、美しい足になるというメリットがありますが、実はそれだけではありません。

実は足のニオイの防止や巻き爪の予防にもなるんです!

また爪の長さや形を正しく整えておけば、ストッキングや靴下が破れるのも防げます。

このように手指のケアとはまた違ったメリットや重要性があるのです。

歯ブラシを使ったフットケア

フットケアでは爪についた汚れを落とすために、歯ブラシを使います。

このケアは、爪やすりを使って形や長さを整える前に必要なケアですので忘れないようにしましょう。

どこの家庭にもあり安い日用品なので準備には困らないでしょう。

ただし、なるべくブラシの硬さが柔らかいものを選びます。

足の指専用のブラシなども売っているのでこちらを使ってもいいですが、歯ブラシの方が使いやすいと感じる人が多いようです。

歯ブラシで磨くのは、お風呂のときがもっとも手っ取り早いです。

ケアの前にお湯で足の指と爪を濡らし、柔らかい状態にしましょう。

歯ブラシを濡らして、石鹸などの泡を乗せたら爪の溝をやさしく洗います。

ゴシゴシ強くこするのはNGですので注意しましょう。

足の爪の汚れの正体

足の爪は隙間などに汚れが溜まりやすく、その正体は皮膚の古い角質。

また靴下の糸くずなども溜まることがあります。

これらの汚れはフットネイルの際も邪魔になってしまいます。

足のにおいの原因は汗だけではありません。

上記の汚れを放置すると足が臭くなってしまうので、フットネイルの前にしっかりケアをしましょう。

Itnail編集部