1. トップ
  2. AIが1000時間学習して執筆した『バットマン』脚本がヤバいので全訳してみました

AIが1000時間学習して執筆した『バットマン』脚本がヤバいので全訳してみました

  • 2020.8.19
  • 173 views

AIに1,000時間ものバットマン映画を学習させたら、突っ込みどころが多すぎる脚本が出来上がった。そのヤバすぎる内容を全訳。(フロントロウ編集部)

大人気ヒーロー、バットマン

バットマンは、DCコミックスの人気キャラクター。これまで何度も実写映画化され、ベン・アフレックやクリスチャン・ベイル、ジョージ・クルーニー、マイケル・キートンなど、数々の大物俳優がその役を務めてきた。

画像: ©︎WARNER BROS.
©︎WARNER BROS.

2021年には『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンをバットマン役として迎えた新作映画『ザ・バットマン』が公開予定。2020年8月23日に開催されるDCコミックス史上最大のバーチャルイベント、DCファンドームでその新情報が明かされる見込み。

表の顔は大富豪、裏の顔はゴッサムシティを守るヒーローとして多くのファンに愛され続けているバットマン。そんな彼の活躍をAIに学習させ、架空の新作映画の脚本を作ってみた男がいる。

バットマンの新作映画の脚本をAIに⁉︎

アメリカのコメディアン、キートン・パティは、これまでに公開された約1000時間に及ぶバットマン関連の様々な映像をAIに学習させ、架空の新作映画の脚本を作らせた。その内容がこちら。

AIは「ゴッサム」を「ゴスなハム」と間違えていたり、バットマンであるブルース・ウェインの呼び名である「マスター・ウェイン」を「マットレス・ウェイン(ウェイン布団)」と言い間違えたりしていて、味わい深い。言葉が足りない部分は、脳内で風景を補いながら読んでみて。

画像: ⒸWARNER BROS PICTURES
ⒸWARNER BROS PICTURES

バットマン、典型的なバットケイブにいる。

バットモービルの隣に立ち、バットコンピューターを使っている。彼はブルース・ウェインで、時々バットマンにもなる。そして、孤児である。

バットマン:「ここは今や安全な街だ。ペンギンを殴って刑務所に送ってやった」

バットマンの忠実な執事、アルフレッドがトレーにゴスなハムを乗せて運んでくる。

アルフレッド:「夕食を食べてください。マットレス・ウェイン」

突然爆発が起こる。ジョーカーとトゥーフェイスがバットケイブに侵入する。

ジョーカーは道化師だ。しかし正気ではない。
トゥーフェイスは男性だ。しかし弁護士だ。

バットマン:「まずい!トゥーフェイスとジョーカーだ。彼らは私がバットであることを憎んでいる」

バットマンはトゥーフェイスにアルフレッドを投げつける。
トゥーフェイスはアルフレッドをコインのように弾く。
アルフレッドは頭を上にして倒れる。
そうなったとあれば、トゥーフェイスは退散する。

バットマン:「さあ、俺とお前だけだ、ジョーカー。バットマンvsジョーカー。宿敵」

ジョーカー:「俺は変人だ。社会は悪い。お前が水を飲むように、俺は無秩序を飲む」

バットマン:「私はコウモリのようにコウモリを飲む!」

バットマンは両親を探すが、彼らはまだ死んだまま。
この事実はバットマンを怒らせる。
バットマンはバットロケットを発射する。
ジョーカーは病的なユーモアのセンスでそれをそらす。
ひょうきんなパワーだ。

ジョーカー:「俺はルールを守ったことがない。それが俺のルールだ。お前はルールを守るか?俺は守らない」

バットマン:「アルフレッド、ロビンを産んでくれ」

アルフレッドは一連の行為を始める。それが彼の仕事だから。
ジョーカーは今、手にプレゼントを持っている。
彼はそれをバットマンに向かってひょいと投げる。

ジョーカー:「誕生日おめでとう」

バットマンはいい人なので、そのプレゼントを開ける。
中には新しい親のためのクーポンが入っているが、期限が切れている。
これはジョーカーのジョークだ。

画像: ©️WARNER BROS PICTURES/LEGENDARY PICT./DC COMICS/SYNCOPY / VAUGHAN, STEPHEN
©️WARNER BROS PICTURES/LEGENDARY PICT./DC COMICS/SYNCOPY / VAUGHAN, STEPHEN

ご覧のとおり、ツッコミどころが多すぎるAIが作った脚本。なかでも一番扱いが雑なのが、アルフレッド。武器のように投げられたり、ロビンを産むように指示されたりと、AIは一体アルフレッドをどんな人物だと認識したのだろうか?

バットマンが急にわけのわからないことを言い出すほか、ジョーカーにはなんと爆弾を“ユーモアで逸らす”というスーパーパワーまで加えられた。そして最後のオチ。急展開したエンディングは、ジョーカーの意地悪さとブラックジョークが折り混ざった、ある意味でなんともしっくりくる形で幕を閉じた。

これを見た海外ファンは「『ジョーカーは病的なユーモアのセンスでそれをそらす』ってなんかエモい」「なんだか『レゴバットマン』のワンシーンみたいだね」「すごい面白い」「『お前が水を飲むように、俺は無秩序を飲む』って、ヒース・レジャーが『ダークナイト』で急に言ったらやばい」と意外にも高評価。

1,000時間バットマンを学習したAIが考えたバットマンの世界を、映像やアニメーションで見てみたくなる。もしかすると、バットマンの世界観をさらに奇妙に、恐ろしく仕立て上げてくれるかもしれない。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる