1. トップ
  2. おでかけ
  3. キャリアアップや仕事運UPに!【都内近郊】参拝したら運気が上がると噂の寺社6選

キャリアアップや仕事運UPに!【都内近郊】参拝したら運気が上がると噂の寺社6選

  • 2020.8.15
  • 20166 views

「今年こそキャリアアップしたい!」「ここ一番の勝負で勝ち取りたい!」そんな時は仕事運UPのご利益がある寺社に参拝してみませんか?そこで今回は、キャリアアップや仕事運UPを目指す方におすすめの都内近郊の寺社をご紹介します。きっとあなたの背中を押してくれるはず。

1.東日本中から神使が集う、東国三十三国の稲荷社の総司。〈王子稲荷神社〉/王子

東京に数え切れないほどある稲荷社の中で、とりわけ長い歴史を誇るのが王子稲荷神社。平安中期には源頼義が訪れて東国の稲荷社の頂点と崇め、江戸時代になると将軍家によって祈願所と定められた。まさに東日本のトップオブ稲荷神社。ここで面白いのは年越し行事の「王子狐の行列」。大晦日、東日本一円からやってきた神使の狐が、近くの装束榎で衣装を整え王子稲荷神社に参詣するという言い伝えにちなんだもの。見物がてら初詣に出かけて、来年の仕事への精進を誓ってみては?

〈王子稲荷神社〉
持ち上げる願掛け石があり、軽く感じれば願い事が叶えやすいのだとか。毎年2月の初午の日には凧市が開かれ、火難除け・商売繁盛の火防の凧が授与される。
北区岸町1-12-26
03-3907-3032
社務所受付9:00〜17:00 終日参拝可

2.仕事や就活、ここ一番の勝負どきに突破口を開きたいなら。〈湯島天満宮〉/湯島

学問の神様、菅原道真公を祀るだけに受験生の参拝多数。しかし合格祈願や学業成就ばかりが得意技というわけではない。ここ一番の勝負強さこそ、湯島天満宮ならではの御神徳。なぜなら、そもそもは天之手力雄命を祀るお社として創建されているから。天之手力雄命は天照大御神が隠れた天岩戸をこじ開けた力の持ち主だけに踏ん張りがきく。そこに努力と誠の人・道真公のサポートが加われば鬼に金棒。日頃の積み重ね+タフな精神力で仕事の大波小波を乗り越えて。牛は天神様ゆかりの動物。境内には撫でた部分がよくなるという撫で牛の像が。また2月〜3月には、やはり道真公が愛した梅の花が境内に咲き誇る。

〈湯島天満宮〉
文京区湯島3-30-1
03-3836-0753
9:00〜18:00頃、社務所受付も同様

3.銀座の真ん中、デパートの空中庭園で出世を願う。〈銀座出世地蔵尊〉/銀座

銀座三越の屋上、六角堂に佇むお地蔵様は、明治の頃に銀座を流れていた三十間堀で発見されたもの。銀座4丁目の空き地に安置され縁日が開かれるようになり、にぎやかな銀座露店のはじまりになったとか。その後、震災や戦災で行方不明になったが、再び姿を現して銀座三越の屋上へ。路地裏からビルの屋上に上りつめたことから、やがて出世開運にご利益ありと、この名がついた。「祈願して成就せざるものはなし」といわれるお地蔵様、お参りしない手はないでしょう。

〈銀座出世地蔵尊〉
六角堂の横には、赤い前掛けがかわいらしい巨大なお前立のお地蔵様がにこやかに微笑む。
中央区銀座4-6-16 銀座三越9F 銀座テラスガーデン
03-3562-1111(代)
10:00〜22:00(年末年始の営業時間はお問い合わせください)

4.ビジネス街にある神社で、厄を払い悪運を断つ。〈日枝神社〉/赤坂

「祀られている大山咋神(おおやまくいのかみ)という山の神様は、力強さの象徴。厄を払い、悪運を断ってくれるといわれています。私の周りでも、ここを参拝したら仕事がうまくいったという人が多いんです」。江戸城裏鬼門を守るために作られたといういわれのある神社で、江戸三大祭の一つ、山王祭でも有名。ビジネス街にあることから周囲の企業からも大切にされている。

〈日枝神社〉
東京都千代田区永田町2-10-5
03-3581-2471
参拝時間5:00~18:00

(Hanako1180号掲載/photo : Maruo Kono text : Rio Hirai edit : Yuya Uemura)

5.才能開花にご利益あり。一芸を極める仕事ならここへ。〈花園神社〉/新宿

繁華街・新宿にあって鮮やかな朱色の社殿がひときわ大きな存在感を放つ。江戸幕府が開かれる以前から新宿の総鎮守として大きな位置を占めてきた神社だ。広く知られているのは本殿に祀られた大鳥神社の祭礼である11月の酉の市だが、実は芸能とも縁が深く、同じく境内に祀られている芸能浅間神社は芸能人からの崇敬も厚い。自分の腕ひとつ、一芸でキャリアアップしていきたいなら、真摯に手を合わせるべし。玉垣に刻まれた錚そう々そうたる芸能人の名前にも、気持ちが奮い立つはず。

〈花園神社〉
12月31日には年越しの大祓を行う。新鮮な気持ちで1年を締めくくり、かわいいきつねみくじやだるまみくじで新年を占って。
新宿区新宿5−17−3
03-3209-5265
社務所 8:00〜20:00、御祈祷 9:30〜16:30 終日参拝可

6.歴史は2,000年以上。御神徳、広大無辺な武蔵国の一宮。〈氷川神社〉/大宮

武蔵国一ノ宮にして東京埼玉近辺に200社余りある氷川神社の総本社。主祭神は出雲神話で八岐大蛇を退治した須佐之男命と妃神である稲田姫命、その御子神にして国を治めた大己貴命。強い絆で結ばれる夫婦、家族が勢ぞろいするお社だけに縁結びのパワーは絶大だ。須佐之男命の勇ましさ、勝負強さは運を開く力を授けてくれる。しかも大己貴命はズバリ福徳・財運の神様。神池を中心にした豊かな自然からも力をもらえる。少し遠いが、足を延ばしてでも出かけたい一社。

〈氷川神社〉
厄除け土鈴、開運福鈴、神楽土鈴などバラエティ豊かなお守りや縁起物も。
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
048-641-0137
6:00〜17:00(3、4、9、10月5:30〜17:30、5〜8月5:00〜18:00)、神札授与8:30〜16:30

(Hanako特別編集 合本・完全保存版『幸せをよぶ、神社とお寺。』掲載/photo:Hiro Nagoya, Michi Murakami, Yoko Tajiri text:Mutsumi Hidaka)

元記事で読む