1. トップ
  2. メイク
  3. まつ毛カールの持続力をアップさせる「ビューラー」の使い方とは?

まつ毛カールの持続力をアップさせる「ビューラー」の使い方とは?

  • 2020.8.12
  • 17226 views

まつ毛のカールがすぐにとれてしまうのは、ビューラーの使い方が原因かも。プロが実践する、長時間つづく上向きカールをつくるビューラーの使い方とは?(フロントロウ編集部)

下がらないまつ毛を叶えるプロのビューラー術

メイクをするときにしっかりまつ毛をカールさせたつもりでも、時間がたつと下がってきてしまうのは、よくある悩み。

上向きカールをキープするため、カール用マスカラを使ってみたりと試行錯誤している人は多いと思うけれど、プロによるとやはり重要なのは、まつ毛をカールするビューラーをどう使うか。ビューラーを効果的に使えているかが、まつ毛のキープ力を左右する分かれ道だという。

画像: 下がらないまつ毛を叶えるプロのビューラー術

長時間持続するくっきりまつ毛カールを叶えるビューラーの使い方をご紹介。

ビューラー前にまつ毛が乾いているか確認

メイク前の洗顔やスキンケアなどでまつ毛が濡れることは多いと思うけれど、そのままビューラーを使うのはNG。

セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストのキラ・ナスラットは、「ビューラーを使う前に、まつ毛が乾いているかどうかチェックするようにして」と米The zoe reportでアドバイス。まつ毛が濡れていると、どれだけ一生懸命ビューラーでまつ毛を上げても、すぐにカールがとれて下がってきてしまうという。

画像: ビューラー前にまつ毛が乾いているか確認

3箇所に分けてビューラーを使う

ビューラーはまつ毛全体を一度に挟めるように設計されているけれど、すべてのまつ毛を一気にキレイに上げるのは難しい。すべてをキレイにカールさせるには、一度に上げようとするのではなく数カ所に分けてカールするのがコツだという。

キラは、「目頭側、目の中央、目尻側の3箇所に分けてまつ毛にビューラーをすると細かいまつ毛も逃さすカールできる」と説明。長時間続く、根元からのまつ毛カールのためには、スポット分けしてビューラーを使うようにして。

画像: 3箇所に分けてビューラーを使う

じっくり挟み&ぽんぽん挟みでしっかりカール

3箇所に分けてカールするほかにも、カールを持続させるにはまつ毛の挟み方にコツがあるそう。

ビューラーでの挟み方についてキラは、「まず数秒間挟み続けてから、すぐに離さずさらに2、3回軽く弾ませるように挟んで」とアドバイス。じっくり挟みでカールをつくり、ぽんぽん挟みでカールを固定することができるため、長時間キープさせられるという。

まつ毛をしっかりカールして、それを持続させるビューラーの使い方。プロのテクニックを真似して、ぱっちりアイメイクを叶えてみては。(フロントロウ編集部)

元記事で読む