1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが本当に合うのは個人プレー?チームプレー?【心理テスト】

「何に見える?」あなたが本当に合うのは個人プレー?チームプレー?【心理テスト】

  • 2020.9.17
  • 156741 views
undefined

仕事でもスポーツでも、ひとりでやる方が向いている人とチームでやる方が向いている人が居ますよね。あなたは自分がどっちに向いているか知っていますか?それを知っていると自分に合ったものを選び取ることができ、より能力を発揮しやすくなるでしょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.三角コーン

2.6pチーズの一片

3.クレープ

4.メガホン



1.三角コーンに見えた人は「専門の違うチームプレー」

図形が三角コーンに見えた人は、専門の違う人とチームプレーをするのが向いているかもしれません。同じ能力を持った人ではなく、別のことを得意とする人とチームを組むことで、あなたの能力はより発揮されそうです。

このタイプの人は、基本的にひとりでプレーする方が向いているでしょう。責任感も強く、どこかマイペースなところもあるため、足並みをそろえるようなことは苦手かもしれません。けれども、寂しがり屋で仲間を求めやすいところもありそうです。

つまり完全にひとりではなく、つながりが感じられる状況が合っていそうです。別の専門を持つ人であれば、基本的にはひとりですが、相談もできますし同じ目標へと向かう仲間もいます。そういうスタイルがあなたには合っているのかもしれません。

2.6pチーズの一片に見えた人は「ひとりプレーだけど周りに仲間はいる」

図形が6pチーズの一片に見えた人は、ひとりプレーだけど周りに仲間はいる状況が向いているかもしれません。同じ職種の人や同じポジションの人はいるけど、一緒には行動しないような環境で、あなたの能力がより発揮されそうです。

このタイプの人は、ひとりで行動しないと、どうしても周りに対して遠慮してしまったり頼りすぎてしまったりするところがありそうです。控え目で周りをたてる気持ちが強く、自分が主体性を持って行動する部分が弱まってしまう懸念があるでしょう。

そのため、周りには切磋琢磨する仲間がいるけれども、協働はしていないような環境が向いているのではないでしょうか。あなたが頑張らなければ成果が出ないという状況で、さらに周りに同じように頑張っている人が居ると、あなたの能力がぐんと伸びていきそうです。

3.クレープに見えた人は「同じ専門のチームプレー」

図形がクレープに見えた人は、同じ専門を持つメンバーで構成されたチームプレーが向いていそうです。同じ視点に立ち同じ仕事をして同じ資格を持つようなメンバーと組んで仕事をすることで、より能力を発揮することができるでしょう。

このタイプの人は、周りの人とうまくやっていく対人スキルに優れたところがあるでしょう。また向上心が強いという一面もありそうです。そのため、同じ能力を持つメンバーがそろうと、その中でも上に登ろうと努力を怠らないで居続けることができるでしょう。

ストイックなところがあり、例えトップに立ったとしても気を緩めず、みんなのお手本となれるよう学びを止めない素晴らしい上司となれそうです。面倒見も良く視野も広いため、同種のチームの中にいてこそ光る人材と言えるでしょう。

4.メガホンに見えた人は「ひとりプレー」

図形がメガホンに見えた人は、完全にひとりでプレーする方が向いていそうです。あなたひとりだけで仕事をすることで、大きなことを成し遂げることができる可能性があるでしょう。ひとりで起業して、身を立てていくほどのガッツがあるかもしれません。

このタイプの人は、自分というものをしっかりと持っている人でしょう。主体性を常に持っており、周りがどう感じようと、自分がやりたいと思ったことは最後まで貫き通す強さも持ち合わせていそうです。

誰かと一緒にやるとなると、相手の動きが気になってしまい、思うように動きが取れなくなってしまうのではないでしょうか。常に自分と向き合い、自分のペースで突き詰める方が向いているでしょう。ひとりでも気持ちを強く持って孤独感に負けず戦うことができそうです。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部