1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 同じように育てたはずなのに…兄弟の不思議な「個性」の違いとは?【ズボラ母の三兄弟カオス日記 第73話】

同じように育てたはずなのに…兄弟の不思議な「個性」の違いとは?【ズボラ母の三兄弟カオス日記 第73話】

  • 2020.8.4
  • 6271 views

ウーマンエキサイトの読者の皆さんこんにちは! 6歳、4歳、2歳の三兄弟のオカンあざみです。

3人の息子がいる私。全員同じように育てているつもりなのに、それぞれ個性があり、おもしろいなぁと感じる毎日です。

そんな不思議な個性の違いを長男と次男で比較しながらご紹介したいと思います。

■長男と次男の個性が違いすぎる!


例えば、うちの長男だいごろう。

めちゃくちゃ優しくて弟の面倒見もいい、頼れるお兄ちゃん。

その一方で…


ちょっぴり抜けてるところがある!

小学1年生になって小学校に通うようになってから、家でする宿題を持ち帰ってくるようになったのですが、まー忘れものの多いこと!

計算カードや音読の教科書など日替わりで忘れてきたりするので、なかなか心配です。

打って変わって、次男のこごろう。

とってもやんちゃでよく弟を泣かせちゃいます。

そんな彼ですが、だいごろうとは違いとても几帳面。

幼稚園へ持っていくタオルも、先生に教えてもらった通りキッチリ畳みたいタイプ。

長男と違い身支度も比較的テキパキこなす彼なのですが


ズボンを靴下にイン!

几帳面すぎて? このようにクソダサスタイルになりがち。

そのとき、オカンは思った



■2人の個性を分け合ったらいい感じになりそう


君たち足して2で割りなさい(笑)

だいごろうの「優しいけど抜けてるところ」と、こごろうの「几帳面だけどヤンチャなところ」を分け合ったらちょうどいい感じになりそう。

な~んて、それぞれ個性があるから子どもっておもしろいんですよね!

みんな同じなんてつまらない。

子どもたちそれぞれの個性がこれからどのように成長していくのか楽しみなオカンなのでした。

(あざみ)

元記事で読む