1. トップ
  2. ヘア
  3. ゴム1本でできる♡簡単フィッシュボーンで!夏にうれしい涼しげ編み下ろしヘアアレンジ

ゴム1本でできる♡簡単フィッシュボーンで!夏にうれしい涼しげ編み下ろしヘアアレンジ

  • 2020.8.1
  • 12674 views

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。髪の長い方はこの時季特に、髪をどうまとめるかで悩むことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、ゴム1本で出来る編み込みアレンジをご紹介!簡単な行程でも、バランスよく作ることでとてもお洒落な印象を持たせる事が出来ますので、ぜひお試しください。

フィッシュボーンで簡単!ゴム1本でできる♡夏にうれしい涼しげ編み下ろしヘアアレンジ

① 髪の長さはミディアム以上の長さが◎

下ごしらえの段階でしっかりとスタイリング剤を均等に揉み込んで、ヘアアレンジがしやすいように整えておきます。

undefined
michill

② 頭頂部の髪を少しすくい、フィッシュボーンで編んでいきます。

フィッシュボーンの編み方は三つ編みと違い最後の崩しの際に立体的にシルエットを作る事が出来ますので、今回のような編みおろしスタイルにはおすすめの編み方になります。

undefined
michill

③ サイドの髪も順番にすくい下に編み込んでいきます。

頭は丸いので下に行くほど手の角度を下げて頭に密着させながら編み込まないと、仕上がった時に毛先が浮いた状態になり、バランスが悪くなりますのでお気をつけ下さい。

undefined
michill

④ 編む力もなるべく根元までしっかりと編み込んで崩れないようにして下さい。

ルーズな印象は最後の崩しで作る事が出来ますので、編み込みはあくまでもしっかりと緩みのないように作るのがポイントです。

undefined
michill

⑤ すくう髪が無くなったらそのまま毛先まで編んでいきます。この時もやはり根元までしっかりとテンションをかけてゆるみのないようにして下さい。

undefined
michill

➅ 程よく毛先まで編み込んだら、毛先をゴムで縛ります。

undefined
michill

この時ゴムをきつく結びすぎてしまうと、最後に崩しを入れる時に崩れにくくなるので、キツキツの一個手前でゴムをとめるようにして下さい。

ゴムは太めの飾りゴムを使用しても、ビニールゴムで固定しても大丈夫です。

undefined
michill

⑦ 編み目に沿ってルーズに崩して行きます。毛先の方は両サイドにボリュームが出るようにして後頭部は奥行きが出るように後ろへしっかりと引き出して下さい。

最後の頭頂部は潰れてみえないように、しっかりと上方向にボリュームが出るように引き出して下さい。頭頂部にボリュームが出るとハチの部分がしまって見えて結果的に小顔効果を、出すことも出来ます。

undefined
michill

⑧ 最後に毛先の部分をアイロンで程よくカールをつけます。

カールは細めのストレートアイロンを使って波ウェーブを作ると、立体的かつルーズな印象を与える事が出来ますので、是非お試し下さい。

undefined
michill

⑨ 全体のバランスを整えて完成です!

undefined
michill

ゴムの部分に飾りをつけて、ゴムが見えないようにするとよりおしゃれに見せる事が出来ます。小さめのバレッタなどを用意しておくのがオススメです♪

今回ご紹介したヘアアレンジは、フィッシュボーンの編み込みができれば、ゴム1本で簡単に作る事が出来ます。

この時季、清涼感を出したい時に試してみてください。

元記事で読む