1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. コスパ最高!モスの期間限定コラボおもちゃが可愛すぎると話題!

コスパ最高!モスの期間限定コラボおもちゃが可愛すぎると話題!

  • 2020.8.1
  • 91033 views

モスバーガーのお子さま向けセットに、大人気『すみっコぐらし』コラボおもちゃが登場し、「これはかわいい!」と話題になっています。すみっコ好きにはたまらないコラボグッズが、子ども向けのおもちゃと思えないほどのクオリティの高さなんです♪

『すみっコぐらし』とのコラボおもちゃはコレ!

今回登場する『すみっコぐらし』とのコラボおもちゃは、ペーパークラフト2種類と、ばんそうこう2種類の計4種類です。7月16日(木)から登場し、9月中旬(なくなり次第終了)までの期間限定です。

「ワイワイモスバーガー<スライスチーズ入り>」、「ワイワイバーガー」、「ワイワイチーズバーガー」、「ワイワイナゲット」、「低アレルゲンメニュー ドリンクとおもちゃ付きセット」のご購入で、お好きなおもちゃを1つ選べます。

今回は、4種類のグッズの中から、すみっコぐらしペーパークラフト「とかげのお家にあそびにいきました」と、すみっコぐらしばんそうこうをレポートします!

「ペーパークラフト」のコスパ最高!

まずは、公式HPを見たときから気になっていた「ペーパークラフト」。

袋を開けてみるとこんな感じ。結構大きいサイズです。対象年齢は3歳以上。

裏面にはしっかりと組み立て方が載っています。説明文がすべてひらがななのも嬉しいポイント。小学2年生の娘は、「1人でやってみる! 」とやる気スイッチオン!

「わ~っ! かわいい! 」「これ見て~! 」と言いながら、パーツを外すだけでも楽しそう♪ 1つずつ丁寧に外していきました。細かな作業が苦手な小さなお子さまの場合は、一緒に手伝ってあげるのがおすすめです。

「くみたてイメージ」を参考にしながら、かわいらしいキャラクターを次々と差し込んでいきます。

キャラクターを次々と差し込んでいく過程で、すっかり頭の中はすみっコワールドに♡ すみっコ大好きな娘は、夢中になりながら作っていました。

あっという間に完成! 付録とは思えないくらいのクオリティです。娘は机の上に飾って毎日眺めています。

細かいパーツがいくつかあるため、何でも口に入れてしまう時期の赤ちゃんがいる場合は、手の届かない場所に置いてくださいね。

小学校低学年の娘が1人でチャレンジしてみるには、ちょうど良い難易度だと思いました。

かわいすぎて使えない!? ばんそうこうは5枚入り!

続いて、すみっコぐらしばんそうこうをご紹介♪

子どもって本当によく転びますよね。転んだときには、ばんそうこうが大活躍! 「こけて泣いていたけれど、お気に入りのキャラクターのばんそうこうを貼ると泣き止む」なんてことも、小さい子にはよくある話(笑)♪

今回のすみっコぐらしばんそうこうは5枚入り。5枚すべてが違うイラストで、それぞれが本当にかわいい…! これは「もったいなくて使えない! 」レベル。

いざという時のとっておき用にしておいて、外出先でもサッと出せるようにママのポーチの中などに携帯しておくといいですね♪

包み紙などにもすみっコたちが…♡

今回私はテイクアウトしたのですが、ハンバーガーの包装紙やトレーマット、紙バッグなどもすみッコたちが登場しているそうです。お店でチラっとトレーマットだけ見えたのですが、とってもかわいかったです。
お子さんがすみッコ大好きだという方は、お店で楽しんでみるのもいいかもしれませんね♪

SNSでは、「モスとすみっコのコラボ、美味しいしかわいいし幸せ♡」「ばんそうこう、かわいすぎて使えない…!」など、かわいい!と絶賛の声がたくさん寄せられていました。

モスバーガーの『すみっコぐらし』コラボおもちゃについてご紹介しました。

とにかくクオリティの高さにびっくり! モスバーガーでは好きなおもちゃを選べるので、この夏休みに4種類制覇するのもいいかもしれませんね。数量限定で、なくなり次第終了ですので、気になる方はぜひお早めにゲットしてください♪

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※直径39mm以下のもの(トイレットペーパーの芯を通るもの)は、誤飲のおそれがありますのでご注意ください。また、お子さまが遊んでいる間はそばで見守るようにしましょう。

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。


著者:福島絵梨子

新しい物、便利なグッズが大好きなライター。女子力の高い娘と甘えん坊の息子、誰よりも子どもっぽい夫との4人暮らし。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています。

ベビーカレンダー編集部/ライフスタイル取材班

元記事で読む