1. トップ
  2. 恋愛
  3. 曖昧な彼との関係に不安なときこそ「○○」は禁句になる

曖昧な彼との関係に不安なときこそ「○○」は禁句になる

  • 2015.5.3
  • 4619 views

友達以上恋人未満の関係をズルズルと続けていると、早く関係をはっきりさせたいと思いますよね。曖昧な関係が長くなればなるほど、焦りを感じることもあるでしょう。

ただ、早く正式な付き合いがしたいと思っても、彼を急かせるような言動はしない方が賢明。これからあげるポイントに該当している人は、彼との関係を自ら離すきっかけをつくっているかも。男性の本質を知り、今できることは何なのかを考えてみましょう。

■質問はほどほどに

早く交際に発展したいと思うと、どうしても「私のこと好きなの?」「私たちって付き合ってるの?」「早くはっきりさせたいんだけど」という言葉を伝えてしまいがち。一度くらいならいいのですが、彼に会うたびに何度も質問しているようなら、今すぐやめましょう。

焦る気持ちはわかりますが、何度も同じ質問をしていると、彼にしつこいと思われてしまいます。次第に、あなたに愛想尽かしてしまう危険性もあるので、聞きたい気持ちをグッと我慢しましょう。

■男性の性質を理解することが大切

なぜ、そういった質問ばかりしてはいけないかといえば、男性は同じ質問をされたり、問い詰められたりするのが苦手なのです。最初は「愛されてるんだ」と思っていても、それが何度も続くうちに「面倒だな」「重たい女だな」という感情が芽生えてきます。

彼が次のステップに進めないのは、何らかの原因があるから。質問攻めするのではなく、原因を探ることに専念しましょう。

■彼がアクションを起こしやすい環境を整えよう

彼が次のステップに踏み込まないのは、あなたの本質を探ろうとしていたり、何か気になる点があるからかもしれません。まずは自分自身の考え方や彼への接し方を見つめ直すことが大切です。彼が次のアクションを起こせるような環境を整えることで、曖昧な関係から脱出できるかもしれませんよ。

質問攻めするよりも、成長した姿を見せたり、魅力をアピールした方が、彼の関心を引けるはずです。今の関係が不安なのもわかりますが、今後の関係のためにもあえていわない勇気を持ちましょう。

交際に発展してからも同じことがいえますので、注意してみてくださいね。

(RUREI)