1. トップ
  2. インテリア
  3. 100均ダイソーの調味料入れ特集☆生活感のないキッチンインテリアを作ろう♪

100均ダイソーの調味料入れ特集☆生活感のないキッチンインテリアを作ろう♪

  • 2020.7.27
  • 21510 views

100均ダイソーの調味料入れ徹底特集!

キッチンにある調味料、「もっとおしゃれに収納したい」と思うことはありませんか?

100均ダイソーでは、調味料をおしゃれに見せる調味料入れがたくさん。この記事では、そんなダイソーでおすすめの「調味料入れ」をご紹介していきます。

粉末や液体など、調味料のタイプ別に見た目も機能性も充実したアイテムをピックアップ。あなたのキッチンにピッタリのものを見つけてみてくださいね。

ダイソーのおすすめ調味料入れ《粉末》

スタイリッシュな「シーズニングケース」

砂糖に塩、スパイスなど、種類が多い粉末の調味料を収納するのって大変。

まずは、そんな粉末調味料におすすめの100均ダイソーの調味料入れをご紹介します。

シャープでシンプルな容器がおしゃれなダイソー「シーズニングケース」。

整列しやすく、調理台の引き出しにもピッタリ収まっていますね。ササッと振りたい塩胡椒などを入れるのがおすすめ。

上からでも中身が分かりやすいよう、フタにラベリングしておくと便利です。

そのまま映える「ガラス製キャニスター」

クリアタイプの「キャニスター」も100均ダイソーでおすすめの調味料入れ。

透明の容器で中身が分かりやすく、調理中の使い勝手がよさそうですね。

また、フタにはパッキンが付いているため、衛生を保つための「密閉性」も期待できます。

本体はガラス製で見た目もおしゃれ。

粉末の調味料入れとしてだけでなく、コーヒー豆やティーバッグ、ハーブ類などの保存瓶にしてもインテリアとして素敵に映えます。

カフェ風インテリアに「ペーパーバッグ」

100均ダイソーの人気商品、「ペーパーバッグ」も調味料入れとして活躍してくれますよ!

こちらでは、ペーパーバッグにドリップ用のコーヒー粉をおしゃれに収納。

そのまま置くだけで、キッチンがカフェ風インテリアに早変わりしています。

容器を洗うのが面倒な人は、使い捨てできるのも大きなメリット。

小麦粉や砂糖を袋ごと入れて、派手なパッケージを目隠しするのもおすすめです。

積み重ね可能な「スタッキングボトル」

幅広いサイズ展開が人気のダイソー「スタッキングボトル」もおすすめの調味料入れの一つ。

名前のとおり、積み重ねて収納することができるため、「調味料の種類が多い」という家庭にも便利なアイテムです。

ダイソーでは、シンプルな白とグレーの2色を展開。フタの角に出し口があり、調味料の量を調整できるのも嬉しいポイントですね。

粉末の調味料入れとしてはもちろん、お菓子のトッピングの保存容器にもピッタリ。

簡単に詰め替えできる「袋キャップ」

「調味料入れにわざわざ詰め替えるのが面倒」という人は、100均ダイソーの「袋キャップ」がおすすめですよ!

砂糖や塩の袋に直接取り付けるだけの簡単工程でOK。フタを開け、そのまま調理に使えます。

また、調味料入れに入りきらない分を保管する際に活用するケースも多いよう。

出し口が程良い大きさなので、調味料入れに詰め替える際もスマートです。ダイソーのキッチンコーナーでぜひチェックを。

ダイソーのおすすめ調味料入れ《液体》

おしゃれなレストラン風に「オイル瓶」

醤油やオイル類、ドレッシングなど、液体調味料もキッチンにはたくさんありますね。

こちらでは、液体調味料におすすめの100均ダイソー調味料入れをピックアップしていきましょう。

まずは、本格的なガラス製のダイソー「オイル瓶」。細い注ぎ口は調理での使い勝手が良く、フタ付きで衛生面も安心です。

自作のラベルを貼れば、こんなにおしゃれ。オイル類をまとめて詰め替えれば、料理がちょっと楽しくなりそうですね。

お気に入りのドレッシングに「ミルク瓶」

海外のダイナーを思わせるおしゃれな瓶。こちらも、調味料入れとして使える100均ダイソーのアイテムです。

こちらでは、お気に入りのドレッシングをイン。

大容量の調味料をお得にゲットしたときは、このように詰め替えをすることで食卓でも使いやすくなりますね。

雰囲気のあるラベルを貼り付ければ、そのままインテリアに一部にもなってくれそう。ダイソーの人気商品なので要チェックです。

冷蔵庫ポケットに並べたい「ウォーターボトル」

スタイリッシュなこちらのボトルは、100均ダイソーで「ウォーターボトル」として販売されている人気商品。

厚みがなく場所を取らない形が「冷蔵庫のポケットにピッタリ!」と、調味料入れとして活用する主婦が続出しています。

また、シンプルなデザインで、冷蔵庫内をおしゃれに演出。

醤油やソース、ドレッシングなど、液体調味料の保存におすすめのダイソーの調味料入れです。

自家製シロップやジャムに「密閉瓶」

梅シロップやはちみつ漬けなど、自家製の調味料を保存するのにおすすめなのが、100均ダイソーにある大きめの瓶。

こちらの写真では、右から2番目の瓶です。程良い大きさで、しっかりロックができて密閉も可能。

中身の保存状態を維持できるので、衛生面も安心です。

自家製の調味料入れとして使う場合は、熱湯などで瓶を煮沸消毒してから使うようにしましょう。

大容量の調味料もOKの「ウォーターボトル」

大きめのオイル瓶をお探しなら、こちらもおすすめ。100均ダイソーの「ウォーターボトル」です。

500mlの大容量で、「何度も詰め替えるのが面倒」という人もたっぷり使えます。

フタは密閉性の高い栓になっているため、保存状態も良さそう。

ダイソーでは、同じシリーズでいくつかサイズ展開しているため、いろいろな調味料入れとして活躍してくれるはずです。

ダイソーのおすすめ調味料入れ《多機能》

モダンなシンプルデザインの「保存ケース」

キッチンには他にも、スパイスやハーブ、乾物など、収納に困る調味料がありますよね。

こちらでは、おしゃれに収納できそうな100均ダイソーの多機能調味料入れもピックアップしていきましょう!

まずは、下段にあるモダンな雰囲気がおしゃれなグレーのケース。

口が大きく開くため、調味料入れとしてはもちろん、ローリエやタイムなどのドライハーブを入れるのもおすすめです。

大きめで使い道いろいろな「保存瓶」

100均ダイソーの大きな「保存瓶」。出汁パックなどの調味料入れや、シリアル、乾物の保存容器としても使えるマルチなアイテムです。

シンプルでおしゃれなシルエットなので、キッチンにそのまま出しておいてもインテリアに馴染みそう。

ただし、フタは密閉ではないため、衛生を保ちづらい調味料には不向きかもしれません。

キッチンの食材を見ながら、使い道を考えるのも一つの楽しみですね。

お好みのデザインが見つかる「キャニスター」

100均ダイソーで大人気の商品「キャニスター」も調味料入れとしておすすめ。

程良いサイズ感と、簡単におしゃれに見せる優秀アイテムです。

こちらでは、ダイソーの2種類のキャニスターを使用していますね。

手前のシンプルなものにはパスタやコーヒー、スキムミルクなどをイン。

奥にあるおしゃれなデザインのガラス製のものには、ティーバッグを保存しています。

見せるスパイス収納に「マグネットケース」

おしゃれキッチンでよく見かける「マグネットケース」。100均ダイソーでもお手頃価格で手に入りますよ!

こちらでは、マグネットケースをハーブや鷹の爪、コンソメキューブなどの調味料入れとして活用。

冷蔵庫やレンジフードにペタッと付くので、必要な時にサッと手に取れて使い勝手も抜群です。

生活感が出てしまいそうな調味料も、おしゃれな調味料入れに移すだけ一気に素敵になりますね。

ケチャップやマヨネーズに「歯ブラシ立て」

冷蔵庫の中でも100均ダイソーの商品を発見!こちらでは、ダイソーの調味料入れではなく「歯ブラシ立て」を使ったアイデアです。

ドアポケットで倒れてしまいがちなケチャップやマヨネーズ。歯ブラシ立てに立てるだけで、そんなプチストレスを解消しています。

また、万が一漏れてしまっても、ケースだけ洗えばOKなので掃除も楽ちん。こんな意外な商品も、調味料入れとして活用できるんですね。

100均ダイソーのおすすめ調味料入れまとめ

100均ダイソーには、優秀でおしゃれな調味料入れがたくさん!用途や入れる調味料に合わせて、ベストなものを選びましょう。

また食品の保存では、「衛生管理」も欠かせないポイント。調味料によっては、密閉できるものか、耐熱温度はどのくらいかなどをよく確認するよう心がけてくださいね。

おしゃれな調味料入れに詰め替えて、毎日の料理をもっと華やかにしちゃいましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる