1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「収納が足りない」人必見!簡単お洒落に片付くインテリアのコツ<5選>

「収納が足りない」人必見!簡単お洒落に片付くインテリアのコツ<5選>

  • 2020.7.26
  • 100299 views

あなたの部屋の「収納」は足りていますか?生活していくうちに物が溢れてしまう、もともと収納の少ない部屋で片付けられない…そんな時に「もっと収納があれば!」と感じますよね。今回は、ちょっとした工夫だけで部屋の空間を最大限活用できる、簡単収納アイデアを5つご紹介します。

1.突っ張り棒&布で「即席クローゼット」を作る

クローゼットがない場合は、思い切って作ってしまうのも一つの手です。
部屋の幅ピッタリに棚を配置すれば、突っ張り棒と布だけで大容量のクローゼットが完成します。生活感の出てしまう収納家具にも、同じように布で目隠しをすれば、すっきりとした印象に早変わり。
その際は壁と同じ色や、明るい色の布を選ぶことがポイントです。そうすることで、部屋が明るくなり、部屋を広く見せる効果も期待できます。

2.収納を「間仕切り」にして一石二鳥

収納家具を置こうにも、壁沿いに空いているスペースがないという方におすすめなのが、収納を間仕切りとして活用する方法。1Rならキッチンと居住スペースの間に、また画像のようにベッドとソファの間に収納家具を配置すると、プライベートの空間と分けられて一石二鳥です。

3.「すき間」は最大限有効活用しよう

すでに活用している方も多いかもしれませんが、ベッド下は貴重な収納スペース。洋服や本などを片づけるのに向いています。ベッド下がごちゃついてしまう場合は、画像右の「ベッドスカート」と呼ばれるカバーも有効です。ちょっと目隠しをするだけで、きっちりした印象に変えてくれますよ。

4.「突っ張り棒」は見せる収納にも使える便利アイテム

突っ張り棒といえば、押し入れの中の”縁の下の力持ち”イメージでしたが、最近では見た目のおしゃれなアイテムが増えてきました。カスタマイズが容易にできて、見せる収納との相性がいいことも特徴です。
画像左のように縦方向に突っ張れる平安伸銅工業の「DRAW A LINE」を使えば何もない場所でも省スペースで収納が完成。画像右のように突っ張り棒+S字フックを活用すれば、キッチン用品もおしゃれに収納することが出来ます。

5.キッチン以外でも「キッチンワゴン」を活用しよう

最近ひそかに人気なのがキッチンワゴンを利用した収納方法。カラーボックスよりもコンパクトかつ移動が容易で、さらに見た目がおしゃれなため、センスある部屋づくりに欠かせません。
もちろんキッチンで使用するのも良いですが、コスメ道具や文房具などの置き場としても大活躍しますよ。

限られた空間のなかに、収納を確保することはなかなか難しいですよね。しかし、意外なところにデッドスペースは存在するものです。今回ご紹介した5つの収納アイデアで、自分らしく、使い勝手の良い部屋作りを試してみてくださいね。

writer / goodroom photo / goodroom

取材協力

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal
https://www.goodrooms.jp/journal/

元記事で読む