1. トップ
  2. グルメ
  3. 北欧ブランドの《クッションカバー》特集!インテリアをランクアップ

北欧ブランドの《クッションカバー》特集!インテリアをランクアップ

  • 2020.7.25
  • 5959 views

おしゃれな北欧クッションカバー特集

空間のイメージチェンジが簡単に叶うクッションカバー。

気分や季節によって気軽に買えることができるクッションカバーを変えるだけでも、気分転換にもなりますよね。

そんなクッションカバーから北欧ブランドのラインナップをピックアップして、オンラインで購入できる15選をご紹介します。ぜひチェックして下さいね。

北欧クッショカバーのンラインナップ

marimekko(マリメッコ)
PUKETTI(プケッティ)
PUKETTI(プケッティ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)PUKETTI(プケッティ)

1965年に誕生したマリメッコの不動人気シリーズ、PUKETTI(プケッティ)。

ミニマルなブーケデザインが華やかさと上品さを備えていて、空間を明るく演出してくれます。

PUKETTI(プケッティ)2
出典:http://www.cortina.ne.jp/fs/(外部リンク)PUKETTI(プケッティ)2

こちらのブラックタイプは、モノトーンインテリアにも馴染みやすい大人っぽい色使いがポイントに。

色違いでも同色で揃えても、いつもの空間をワンランク上に仕上げてくれそうです。

PIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)
PIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)PIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)

マリメッコの代表シリーズでもあり、アイコン的なデザインのPIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)。

ケシの花をモチーフにしたレトロな可愛らしさが特徴的なクッションカバー。空間に華やぎを添えてくれそうです。

PIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)2
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)PIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)2

イエローとライムグリーンのビタミンカラーの配色で、空間に明るさを与えてれるクッションカバー。

爽やかな色合いのクッションは夏のインテリアにもマッチしますね。

FineLittleDay(ファインリトルデイ)
SKIERS(スキーヤーズ)
SKIERS(スキーヤーズ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)SKIERS(スキーヤーズ)

スウェーデン発のブランド「FineLittleDay」(ファインリトルデイ)から、遊びゴコロのあるデザインが特徴的な、SKIERS(スキーヤーズ)のクッションカバー。

麻混生地を使っているので、ナチュラルインテリアにもピッタリ。

BICYCLES(バイシクル)
BICYCLES(バイシクル)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)BICYCLES(バイシクル)

こちらのBICYCLES(バイシクル)デザインは、レトロな雰囲気を漂わせるおしゃれなアイテムです。

ナチュラルな麻混生地を使っているので夏インテリアにも馴染みやすいですね。

BIRD(バード)
BIRD(バード)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)BIRD(バード)

BIRD(バード)のクッションカバーは、手書き風な鳥を描いた優しげな印象のあるアイテムです。

麻と綿混素材をベースにしたクッションカバーにワントーンで描いた鳥によって、どんなテイストのインテリアにもマッチしてくれそう。

GRAN(グラン)
GRAN(グラン)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)GRAN(グラン)

ファインリトルデイの代表的なデザインでもある、GRAN(グラン)シリーズ。

モノトーンのモミの木デザインが特徴的なクッションカバーは、空間にプラスするだけでも北欧らしさが高まります。

kauniste(カウニステ)
Orvokki(オルヴォッキ)
Orvokki(オルヴォッキ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Orvokki(オルヴォッキ)

北欧フィンランド生まれのインテリアブランド、kauniste(カウニステ)から、 Orvokki(オルヴォッキ)のクッションカバーです。

色鮮やかなパンジーの花が大胆に描かれた華やぎのあるデザイン。空間を明るく仕上げてくれます。

Tutti Frutti(トゥッティフルッティ)
Tutti Frutti(トゥッティフルッティ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Tutti Frutti(トゥッティフルッティ)

くすんだ色合いのたくさんのフルーツが描かれた、可愛らしいデザインのTutti Frutti(トゥッティ・フルッティ)のクッションカバー。

どこかレトロなデザインが室内に温かみを与えてくれそうです。

Sokeri(シュガー)
Sokeri(シュガー)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Sokeri(シュガー)

こちらは、カウニステのシリーズの中でも人気が高いSokeri(ソケリ)。

砂糖を意味するソケリシリーズでは、粒砂糖をモチーフにした可愛らしいデザインが特徴です。くすんだ色合いが北欧らしさを演出しています。

Sunnuntai(スヌンタイ)
Sunnuntai(スヌンタイ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Sunnuntai(スヌンタイ)

続いては、日曜日を意味するSunnuntai(スヌンタイ)のクッションカバーです。

色鮮やかなブルーと、淡いグレーのなかに小鳥を描いた、どこか神秘的で洗練されたデザインです。

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)
Obi(オビ)
Obi(オビ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Obi(オビ)

こちらはデンマークのブランド、Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)から、人気の高いObi(オビ)。

シンプルでスタイリッシュなクッションカバーです。環境に優しいオーガニックコットンを使用している背景もポイントに。

Tile(タイル)
Tile(タイル)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Tile(タイル)

こちらのTile(タイル)シリーズは、リズミカルな線が描かれたようなシックなデザインです。

窓や床そして壁のタイルなど、建物をベースとしたデザインのクッションカバーは、どんなインテリアにも馴染みそうです。

Dash(ダッシュ)
Dash(ダッシュ)
出典:http://www.cortina.ne.jp/(外部リンク)Dash(ダッシュ)

こちらは、モノトーンインテリアをワンランク上に仕上げてくれる、Dash(ダッシュ)のクッションカバー。

デンマークの伝統的な織物からインスピレーションを受けたという洗練されたデザイン。空間をカッコよく演出してくれそうです。

クッショカバーでお部屋のイメージチェンジ!

リビングからお部屋まで、空間のイメージチェンジを気軽に行えるクッションカバーから、北欧ブランドのラインナップをピックアップしてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したクッションカバーはオンラインショップで購入できるので、ぜひご自宅用やプレゼント用にもチェックしてみて下さいね。

元記事で読む