1. トップ
  2. レシピ
  3. 夏バテ予防の栄養満載! 「パッタイ風やきそば」

夏バテ予防の栄養満載! 「パッタイ風やきそば」

  • 2020.7.24
  • 1089 views

今年は夏は猛暑に、9月は厳しい残暑が続く予測になっています。
そうなると心配なのが、夏バテですよね。

夏バテを予防するための食事のポイントは、「糖質+ビタミンB1+臭いの強い野菜」になります。

まず、糖質エネルギー源になるので、元気のためには欠かせない成分です。
でも糖質ビタミンB1と組み合わせないとスムーズにエネルギーには変われません。

このビタミンB1の宝庫ともいえるのが、豚肉!
なので、夏に豚肉を食べるのはおすすめですよ。

またビタミンB1はネギやニンニク、ニラといった独特のにおいを持つ野菜と一緒にとることで体内への吸収が高まるので、できれば組み合わせられるとベスト。



たとえば、暑いからと素麺だけ、蕎麦だけといったようにさっぱりとした食事を続けていると、”糖質”はとれますが、”ビタミンB1”や”臭いの強い野菜”はとりにくくなります。
そうすると、せっかく糖質をとっていてもスムーズにエネルギーが作られず、バテやすい体になってしまうのです。

ということで、「糖質+ビタミンB1+臭いの強い野菜」のポイントを抑えた夏らしいメニューということで、パッタイ風焼きそばをご紹介。

パッタイとは、タイの屋台の定番麺料理。
お米で作った麺に甘酸っぱいソースがからむ、人気のエスニックメニューです。
このパッタイを手軽に焼きそば麺でアレンジ。

具材は、ビタミンB1が豊富な「豚肉」と、臭いの強い「ニラ」「ニンニク」「玉ネギ」の組み合わせです。

■パッタイ風やきそば

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
中華麺(焼きそば用) 2玉
豚肉(薄切り) 150g
ニラ 1/2束
玉ネギ 1/2個
干し桜エビ 大さじ2
ニンニク 1片
赤唐辛子 1本
塩コショウ 適量

レモン汁 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ナンプラー 大さじ1
サラダ油 大さじ1

<作り方>
1、豚肉は食べやすい大きさに切り、塩コショウをする。ニラは3cm幅、玉ネギとニンニクは薄切りにする。

2、サラダ油を熱したフライパンでニンニクと赤唐辛子を炒め、香りが出たら豚肉、玉ネギを加えて炒め合わせる。

3、電子レンジで軽く温めた焼きそば麺とニラ、桜エビ、<調味料>を合わせたものを加え、炒め合わせる。

ポイントをばっちり抑えた夏バテ予防メニューですよ。

(長 有里子)

元記事で読む