1. トップ
  2. ファッション
  3. 理想の「フラットパンプス」|淡い色・シルバー・主役級デザインの22アイテム

理想の「フラットパンプス」|淡い色・シルバー・主役級デザインの22アイテム

  • 2020.7.23
  • 2920 views
undefined

疲れずオシャレがかなうローヒールは、今や足元の主軸だからこそ脚も長くすっきり見せたい。先細のシャープなトゥを基本に、ヒールに頼らずスタイルアップも組み合わせのバランスも底上げしてくれる、理想的な1足をリサーチ。
※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。

「クリーミィなキレイ色」で品を保つ
カラーシューズをとり入れるなら白をまぜたような淡いトーンが気分。マイルドな色みとシャープな肌感の組み合わせにより洗練度が上がって大人な仕上がり。


〈右〉白でそろえた装いを、グリーンパンプスで味わい深く。スエード素材だから、ALL白にも浮かずにとけ込む。〈左〉ジャケット+白パンツの知的な上下に、ロゴTと淡いピンクのシューズで遊びを追加。

PALE PINK


「ベージュ寄りの薄ピンク」
ストラップシューズ(2) 22,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) スエードならいっそうやさしげ。

SOFT GREEN


「シャープな形で若草色」
グリーンシューズ(1.5) 26,000円+税/デ・プレ 甲部分に効かせたさりげない白ステッチが、小粋なアクセント。

FRESH BLUE


「親しみやすいブルー」
スエードシューズ(0.5) 20,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ハイブリッジ インターナショナル) 季節感満点のさわやかな発色。

LEMON YELLOW


「レトロなアクセントつき」
イエローシューズ(1) 14,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) イエローのなつかしさがきわ立つ、白のスクエアパーツつき。

NUANCE PINK


「辛口仕様なPVC×ピンク」
ピンクフラットシューズ(2) 20,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 薄色に加えて、肌が透けるPVC素材のおかげで軽やか。

LIGHT PURPLE


「なじみのいいパープル」
パンプス(1.5) 17,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 甲にほどこされたパーツで抑揚づけ。

「ひかえめシルバー」をアクセ感覚で
親しみのあるローヒールでなら、メタリックも試しやすい。レザーならくたっとした質感、ラメなら輝きをおさえたものなど派手な印象になりすぎない素材を選ぶとベター。


〈右〉エレガントな白に、シルバーミュールでエッジを足し算。〈左〉薄色デニムの緩急づけに、シルバーのストラップパンプスを抜擢。メタリックアクセをとり入れたら、全体に統一感が生まれてより簡単に。

SHARP LINE


「女らしさを促すサイドの抜け」
フラットパンプス(1) 16,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 甲の直線的なラインがエッジィ。

SOFT LEATHER


「力を抜けるやわらかレザー」
シルバーシューズ(1) 5,900円+税/RANDA かかとを踏んでバブーシュとしても着用可能。主張しすぎない光沢で合わせやすい。

MESH


「清涼感あふれるメッシュ」
メッシュフラットパンプス(0.5) 26,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)

RIBBON


「大人っぽい適度なきらめき」
バレエシューズ(1) 22,000円+税/プリティ・バレリーナ(F.E.N.) 存在感のあるリボンが、スタイリングのもの足りなさをカバー。

MESH


「部分的なメッシュで遊びを」
メッシュラインパンプス(2) 13,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) うねりを描くメッシュが、まじめな形を親しみやすく。

+PVC


「ミラーのように澄んだ色」
パンプス(2) 82,000円+税/Rupert Sanderson(エスケーパーズオンライン) つややかなシルバーとPVCが合わさった1足。

「主役級デザイン」の試しどき
力を抜けるフラットの魅力を生かし、今季らしい柄や色などキャッチーなデザインをお試し。足をキレイに見せられる、メリハリの効いたものにしぼってピックUP。


「カジュアルなのにモダンな印象」
キャンバス×パイピングパンプス(1) 5,500円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN) パイピングが締め役に。


異テイストを合わせてメリハリ
〈右〉武骨な見た目のカーゴパンツに、きゃしゃなミュールで女らしさを補完。チェックならいっそう上品に。〈左〉ヴィンテージライクな白ワンピに黒×白のシューズで強さを加算。


「背筋が伸びる組み合わせ」
黒レースシューズ(1) 34,000円+税/ピッピシック(ベイジュ) 繊細なレースときらびやかなビジューが一緒なら、ONにも大活躍。


「高感度なオレンジ×パープル」
ミュール(3.5) 49,000円+税/ペリーコ(アマン) くすんだトーンで構成されたスタイリッシュなチェック。甲はスクエアカット。


「いつもの配色で目新しい」
ストラップシューズ(3.5) 5,500円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN ) 白:黒=9:1の割合が新鮮。


「高発色なのに試しやすい」
グリーンフラットシューズ(1) 54,000円+税/ペリーコ(アマン) スエード素材&低ヒールが、強い色にありがちな力みを緩和。


「かわいげのあるストラップ」
ギャザーシューズ(1) 25,000円+税/カルチェグラム(デュプレックス) ストラップを結ぶことで、足首が細く見える効果に期待。


「パイソンの主張をおさえる肌感」
パイソンパンプス(2) 9,800円+税/ル タロン グリーズ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) PVCが入ることでモード感も両立。


「夏らしいうえスタイリッシュ」
レザー編みシューズ(1.5) 12,900円+税/A de Vivre 落ち着くダークブラウンも、編み模様のおかげで高揚感のある見た目に。


「凝って見えるワントーン」
白シューズ(0.5) 20,000円+税/アルアバイル フラットなBIGプレートが、ミュールに個性を加算。悪目立ちしないマットな質感。


「ヒールだけネオンの遊び心」
黒シューズ(2) 23,000円+税/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店) 低ヒールだからできる冒険。


なじみのボトムをリフレッシュ
〈右〉足元の黒×オレンジがブルーデニムに個性をひとさじ。〈左〉好感度の高い白パンツを、大ぶりのリボンつきシューズで愛らしく。

元記事で読む