1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「赤ちゃんの寝る場所がない!」出産前に断捨離をしたら…【体験談】

「赤ちゃんの寝る場所がない!」出産前に断捨離をしたら…【体験談】

  • 2020.7.6
  • 32267 views

家が狭くて物が多かったわが家。妊娠8カ月のころ、このままでは赤ちゃんの生活スペースを確保できないと思い、断捨離を決意しました。断捨離をすることで収納スペースを空けることができ、赤ちゃんの洋服やおむつなどを入れるスペースを確保することができました。

赤ちゃんの寝る場所と収納場所の確保

産後すぐに必要なスペースは、赤ちゃんの寝る場所と服やおむつなどの収納場所です。断捨離の前に赤ちゃんの寝る場所を決め、その場所に合わせて収納を考えました。

赤ちゃんの生活スペースがイメージできると、いらない棚やインテリアなど断捨離すべきものが見えてきました。また、赤ちゃんの生活スペースをイメージしたことで、より一層赤ちゃんのものが増える分の断捨離が必要だと感じました。

使う予定のないものは思い切って断捨離!

家には使うかわからないけれどもったいないからと置いてあるものが多くありました。赤ちゃんグッズが増える分、たくさん断捨離したかったため、“今使っているもの”、“お気に入りのもの”、“いつかは使うから置いているもの”の3つに分けました。そして、お気に入りのもののなかでも“今後使う予定がないもの”、“いつかは使うから置いているもの”は断捨離することに。

今使っているものとお気に入りのものに絞ることで家がすっきりし、赤ちゃんの生活スペースを確保することができました。

赤ちゃんの成長につれて物が増えた

赤ちゃんは夏生まれだったので産後すぐは服も少なく、収納スペースは少なくて済んだのですが、寒くなるにつれて服が増えました。成長につれておもちゃも増え、用意していた収納スペースはあっという間にいっぱいになりました。

断捨離で物を整理していなかったら赤ちゃんのものが収納できず、部屋が散らかってしまっていたと思います。物が少ないとどこに何が収納されているかもわかりやすいので、忙しい育児のなかで物を取り出しやすく助かっています。部屋が整っているので、育児中は時間を取りにくいなと感じていた掃除も、スムーズにおこなうことができました。

産後は初めての育児で、赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいになってしまいました。家に物が少ない状態で育児を始めることができたので、育児で忙しくても整理整頓がしやすく、部屋がきれいな状態でストレスが少なく過ごせました。出産前の断捨離は、産後に自分自身がラクになるためにもしておいてよかったです。


著者:中道麻智子

一児の母。管理栄養士として給食を作っている。管理栄養士の知識を生かした記事や、初めての妊娠・出産・育児で学んだことを中心に記事を執筆している。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む