1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【12星座別】2020年下半期に「気を付けるべき」ことって?(すべての星座をチェック!)

【12星座別】2020年下半期に「気を付けるべき」ことって?(すべての星座をチェック!)

  • 2020.7.1
  • 27475 views
undefined

あっという間に2020年も下半期に入りましたね。
恋愛で気を付けるべきことがわかれば、行動に移しやすくなるのではないでしょうか。
そこで今回は、星座別2020年下半期に気を付けるべきことをご紹介します。
ご自分の星座をチェックしてみてくださいね。

おひつじ座

おひつじ座の2020年下半期、とくに8月から10月頃までは、仕事上でトラブルが発生したり、我慢せざるを得ない状況が多くなりそうです。
そのため、ストレスも溜まってしまい、恋愛どころではないかもしれません。
体調不良なども懸念されるので、生活習慣の見直しを8月までにしておきましょう。
体力があるからと過信するのは禁物です。
カップルの人は、忙しさでイライラが募り、相手に当たってしまわないように気をつけましょう。
先に現状を話しておくといいですね。

おうし座

カップルの人は、旅行の予定がキャンセルになったりがっかりするようなことが起こるかもしれません。
遠距離恋愛の人なら、会える頻度がいつもより減ってしまい、寂しさが募ることも。
会いづらい状況になった時に、お互いどう感じるのか?
8月は2人の今後について、じっくり考えるのにいい時期かもしれません。
しかし、そんな中でも10月は比較的運が向いているので、旅行の計画を練りなおしたり、会う頻度を増やすことで、不安は解消されるでしょう。
7月以降は行動力が半減したり、または、自分の内側に興味が沸いたりする人も。
瞑想やパワースポット巡りなどを取り入れて、日常の喧騒から離れてみる時間を持つといいでしょう。

ふたご座

ふたご座の2020年下半期は、パートナーとの今後について、考えることが多くなりそうです。
明るい未来を描くというよりは、悲観的に考えてしまうかもしれません。
9月いっぱいまでは、進んで自己決断をしない方がいいでしょう。
その時は最善の策だと思えますが、後々後悔することが考えられます。
今年1年を見ても、迷いやすい運気の人もいますから、そういう人ほど、何かを決断するのは先延ばしにするようにしましょう。
11月に入れば、自然と結論が見えてくるようになりますよ。

かに座

かに座の2020年下半期に気を付けたいことは、2人の関係について急いでしまわないということです。
この時期は、空回りすることが多かったり、相手との気持ちの距離感が違ったりすることがあるため、気をつけましょう。
また、紹介話なども出てきますが、8月下旬から9月頃は、期待するような出会いに結びつかない可能性があります。
うまくいかないことで、自分を責めてしまわないようにしてくださいね。
そういう時期だと思えば、気持ちも楽になりますよ。


しし座

生活習慣や健康問題への関心は下半期も続きます。
興味はどんどん深まり、海外の文献を読み漁ったり、文化に触れてみたくなったりするなど、豊富な知識が得られそうです。
その分理想を追い求めることにもなり、相手にも同じように求めてしまいがちになるかもしれません。
健康管理を彼氏と楽しくする分にはいいですが、ストイックになりすぎると相手が疲れてしまいます。
フリーの人は、10月になると職場での出会いに期待がもてそうです。
一目惚れから始まる恋愛もありますので、取引先の人など普段あまり見かけない人が訪れてきたら、要チェックですよ。

おとめ座

2020年下半期、自分の気持ちを伝えることや、表現することにブレーキがかかりがちに。
感情を押し殺してしまう傾向があります。
そのため、相手に想いがうまく伝えられないかもしれません。
1人の人と深く付き合いたいという気持ちは高まる時期なので、気になる人がいる人はそれとなくでも気持ちを伝えられるようにしたいですね。
10月中旬から月末までは、大恋愛に発展するような出会いのチャンスが巡ってくる人も。
趣味が関係する可能性がありますから、今から興味のあることを見つけておくといいですね。

てんびん座

一緒にいて安心する相手のはずなのに、一緒だと疲れてしまうことがあるようです。
デートがワンパターンになりがちだったり、インドアで距離が近づきすぎたりすることが原因かもしれません。
グループデートをするなどして、変化をつけていくのがいいでしょう。
また、フリーの人はアプローチされる機会があるようです。
しかし、強引すぎて逆に引いてしまったり、理想通りにならないことに悶々としてしまうかも。
12月中旬以降は、公にできない恋や、がっかりしてしまう出来事が起こるかもしれません。
第一印象が良くても、裏になにか潜んでいないか冷静な判断が必要となるでしょう。

さそり座

コミュニケーションのすれ違いに気をつけたい下半期。
またSNSやラインでも、ちょっとした勘違いからトラブルに発展する可能性があります。
恋人関係であっても、言っていいことと悪いことがあるはずです。
何かを伝える時は、細心の注意を払って伝えるようにしましょう。
言い争いが発生すると、思った以上にダメージを受けるかもしれません。
思いやりを忘れないようにしたいですね。
フリーの人や好きな人がいる人も、一言多くなる危険がありますので、気をつけましょう。


いて座

恋愛より、自分の楽しみに没頭しそうな2020年下半期。
そのため、出会いのチャンスがあったとしても、気づけないこともありそうです。
普段なら恋のアンテナは敏感ないて座ですが、この時期は鈍ってしまいそう。
自分の楽しみに費やす時間が増えるのと同時に、出費も増え危機感を覚えることも。
根を詰めすぎないようにしたいですね。
10月中旬は、友人を交えた集まりの中に出会いがありそうな予感。
息抜きも兼ねて、お誘いには乗るようにしてみて。

やぎ座

コンプレックスが強くなり、悲観的になりがちな2020年下半期。
あなたを好きな人は、コンプレックスなど気にもしていないでしょう。
マイナスなことばかり考えていると、どんどん自分を卑下してしまうことに。
恋人の気持ちは、素直に受け入れるようにしたいですね。
シングルの人は、考えが凝り固まっている可能性があります。
視野を広げると、恋愛観が変わることもあるはずですよ。
こだわりすぎず少し肩の力を抜くと、好転することが増え、出会いが訪れるかもしれません。

みずがめ座

SNSなどの通信手段において、交流が活発になりそうな下半期。
その分、文章でのみのやり取りが増えるため、うまく伝わらずトラブルに発展することも。
好きな人とはLINEでのやり取りも楽しいですが、この時期は会って話す回数も増やしたほうがいいかもしれません。
また、ネット上で知り合った人と、距離が近くなることも考えられますが、全てを鵜呑みにしない方がいいでしょう。

うお座

誰とでも話を合わせられるタイプの人でも、疲れてしまいそうな下半期。
人に合わせることが多くて、嫌になってしまうのかもしれません。
辛くなった時は、自分自身へご褒美を与えると、ストレス解消にもなりますよ。
友人関係で疲れることが多い分、恋愛に重きをおけるようにしたいですね。
誰にでも合わせるのは疲れますが、そんな中であなたの気持ちを理解してくれる異性が現れるかもしれません。
悩みなどを打ち明けるうちに、意識するようになることも。
全てを拒否するのではなく、ある程度の距離を保ちながら人付き合いするようにすれば、疲れも軽減し、冷静に周囲を見渡すことができるでしょう。


いかがでしたでしょうか?
今回の記事も参考に、自分の星座の気をつけることや時期を知って、下半期の恋愛に活かしてくださいね。

(恋愛jp編集部)

元記事で読む