どんなときも女を忘れない、イタリアのサバサバ系女子がモテるワケ

イタリアで、いわゆる「サバサバ系女子」を観察すると、デキるキャリアウーマンの知人ほぼ全員が彼氏持ち。話題に彼の話が入ることも少なくありません。彼女たちに共通するのは、「サバサバな雰囲気でもどこかで女性らしさを表現する」ところ。それがイヤミにならず、ひとりひとりの個性とマッチしているので、女性から見ても十分「カッコいい」と思えるのが彼女たちのすごさです。仕事もプライベートも目いっぱい楽しむ姿についあこがれてしまいます。オンもオフも充実させるのが、イタリア流のサバサバ系女子の真骨頂。ここでは、そんな彼女たちの特徴をご紹介します。

1.さりげない豪快さ

酒豪の知人とレストランへランチに行ったときのことです。仕事中だろうと食事にワインを欠かさないイタリア人らしく、赤ワイン(フルボトル)をオーダーした彼女。それに対して、私はパスタ一皿と水のみ。「なんでワイン飲まないの? もしかして具合悪い?」と彼女に聞かれて、「このあとまだ仕事が残ってるの。それが終わったら飲むつもりだから今はいいわ」と答えました。そっか、お互い忙しい時期だね…と、たわいのない話をしながらランチを終え、お会計をしようとしたときです。伝票と一緒に、私の前にワインボトル入りの紙袋が運ばれてきました。頼んでないけど…と困る私に、彼女が言ったセリフは「これはあなたにプレゼント。今日の仕事が終わったらこれ飲んで、元気出して」。さっそうとオフィスへ戻っていく彼女の後ろ姿を見送りながら、とても励まされたことを覚えています。

周りの人のことを考えずに、自分の思ったまま振る舞うだけでは単なる「ガサツな女」です。相手に対しての気配りをさりげなくプラスできてこそ、真のサバサバ系女子と言えるでしょう。

2.オンでは絶対スカートとヒール派

細かいことを気にせずさっぱりした性格のゆえか、男女共に友だちが多いサバサバ系キャリア公務員の知人がいます。彼女の知り合いも連れだって、数人でローマの街をぶらぶら散歩していました。たまたま通りかかったお店のショーウィンドウを見るなり彼女が「あのスーツ試着したい!」といい出したので、みんなで中に入ることに。ひざ丈より少しだけ上のスカートが、彼女のすらっとした足によく似合っていました。しかしまだ寒い時期だったので、「とても似合ってる。でも、パンツのほうが快適なんじゃない?」と言ってみたところ「何言ってんの! どんな時期でもオフィスではスカートとヒールが鉄則よ」と、すぐさまダメ出しされました。超美人というわけではないですが、彼氏を切らせたことがないその秘訣は、このこだわりにありそうだなと感じました。

外見までサバサバにならないよう、女性らしさを少しだけ主張するところがイタリア流。その外見と内面のギャップで多くの人を引きつけるところが、サバサバ系女子の底力のようです。

3.恋のチャンスは逃さない

広告関連の仕事をしていて、ヨーロッパ各地をあちこち飛び回っている知人女性がいます。プライベートを充実させるヒマもなさそうに見えますが、彼氏の話をしだすと小一時間はノロケるのをやめません。仕事柄アプローチを受けることが多いようなので、選ぶのが大変でしょ? と聞いてみると「自分から行くことも多い。気が合いそうなら、とりあえず少しはつき合うことにしてる。せっかく出会ったんだし、よく知り合いたいからね」とさらりとした返事が返ってきました。うまくいかなくなった場合でも、いい友だち関係でいることが多いそうです。

肉食系とまではいかないながらも、出会った縁を確実に自分のものにしていく前向きさがイタリアのサバサバ女子。そのポジティブな雰囲気も、魅力的に受け止められているようです。

筆者は、彼女たちの一人から「スカートをはいた男子になっちゃダメよ。そうなったら女として終わりだと思いなさい」といわれたことがあります。イタリアに来て以来、スッピンで外を歩くのが慣れっこだった筆者の心に、彼女のセリフがグッサリと突き刺さりました。女子力に欠けた「バサバサな女」にならないよう、彼女たちのエッセンスを取り入れてみてくださいね。

(金丸 標)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。