1. トップ
  2. ヘア
  3. 不快なにおいにベタベタ...夫の頭皮は危険地帯!「夫のシャンプー」どう選ぶのが正解?

不快なにおいにベタベタ...夫の頭皮は危険地帯!「夫のシャンプー」どう選ぶのが正解?

  • 2020.6.12
  • 12373 views

「旦那のニオイがちょっと......」
「薄毛が心配になってきた」

など、夫の頭皮のニオイや薄毛が気になっている妻も少なくないと思います。

年を重ねるにつれ、ニオイが強くなっていくのも、髪が薄くなっていくのも男性にとっては仕方ないこと。でも、やっぱりこの手の話題って、夫婦間でも話しにくいですよね。

そんな夫の頭皮問題に悩む妻の皆さん、夫のシャンプーはどうやって選んでいますか?

男性用のシャンプーの選び方ひとつで長年の悩みも改善されるかもしれません。

不快な臭いベタつきの元! 男性の頭皮の皮脂量は女性の1.4倍

当たり前ですが、男性用のシャンプーと女性用のシャンプーでは、性質が異なります。

大きな違いとしては、髪が長い女性を意識し、ケアを重視している女性向けシャンプーに対し、男性向けシャンプーの多くは、頭皮や髪の洗浄力を重視してつくられています。

男性用シャンプーの代表格「サクセス」を担当する花王のヘアケア事業部の水町直樹さんに、その理由を聞きました。

「男性は髪の毛の長さは短いですが、頭皮のアブラを示す皮脂量は女性の1.4倍。頭皮の汚れやニオイが発生しやすく、外回りの営業肉体労働を伴う仕事など汗をかきやすい仕事をしていると、その数字はさらに高くなります」

自分の夫も知らず知らずのうちに、髪がベタついていたり、頭皮からイヤなニオイが発生して、周囲に不快感を与えているとしたら、妻としては直したいですよね。

また、夫の薄毛事情も気になるところではないでしょうか。

皮脂量が正常な頭皮の場合は、4~7年にわたって髪の成長期間があるのに対し、皮脂量が増加すると頭皮環境が悪化し、軟毛化が進み、頭皮では成長期が数か月から1年と非常に短くなることもわかっています。(花王の研究データより)

だからこそ、夫のシャンプー選びが重要です。

(ずっと室内にいられればいいけれど......)
どんなシャンプーがいい?

では、どんなシャンプーを選ぶのがベストなのでしょうか。

女性には知り得ない男性の心の声として「頭皮や地肌のアブラによるベタつき」「スタイリング剤による髪のベタつき」「汗による頭のニオイ」「フケ・かゆみ」といった頭髪の悩みが多い事がわかっています。(2018年12月 花王調べ)。

つまり、ニオイのもととなる汚れをすっきり落とし、スタイリング剤や皮脂汚れで泡立ちにくかった髪も楽に洗えるシャンプーがベストなわけです。

その悩みを手頃な価格で叶えてくれるのが、サクセスです!

2020年2月に、明日に向けて清潔な状態でスタンバイしたい男性を応援するブランドへとリニューアルした新「サクセス 薬用シャンプー」と「サクセス リンス」は、そんな男性のニーズをダイレクトにとらえた商品です。

この新「サクセス 薬用シャンプー」は、コロナによって消費活動が停滞するなかでも、今年度の累計出荷数が前年比114%、累計500万本を突破するなど好調に伸びています。

(左)販売名:サクセス薬用シャンプーt/サクセス薬用シャンプーtC (右)販売名:サクセス薬用シャンプーRH/サクセス薬用シャンプーRHC 【医薬部外品】フケ・かゆみを防ぐ。毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。

「薬用シャンプー」「リンスのいらない薬用シャンプー」は、スタイリング剤や皮脂汚れにより泡立ちにくい髪でも3秒で泡立つ新開発の"ミクロ分解バブル"を採用。毛穴につまった脂やベタつくワックス、ニオイのもととなる汚れまで、一度でスッキリ落とします。

また、新「サクセス リンス」シリーズは、頭皮がスーッとする心地よい爽快感のある軽い仕上がりが特長です。

「髪ふわっとリンス」は、リフトアップ成分配合により、髪1本1本を立ち上げながらペタッとしないふんわり髪に仕上げます。「髪サラッとリンス」は、軽やかな髪に仕上げるサラサラ軽やか処方で、根元から毛先まできしみを抑えてサラサラ髪に仕上げます。

汚れを落とすだけでなく、髪のボリューム感や髪質までこだわれるのはいいですよね。

スカルプ成分が含まれているので、実は女性にも人気商品です。特に蒸し暑くなるこれからの季節、たまに使うと頭皮もスッキリして気持ちいいですよ。

スキンケア、デオドランドケアは男性にとっても、当たり前の時代。

その日の汚れを落とすだけでなく、頭皮を清潔に保つことで、明日に向けて"スタンバイ"する、男性の備える意識から生まれた、新しいサクセス薬用シャンプー。暑さが増し、頭皮のケアがますます必要なこれからの季節、夫に「清潔感のスタンバイ」をすすめてみては?

詳細は公式サイトからチェックを。

(編集企画)

元記事で読む