1. トップ
  2. メイク
  3. マスカラを重ねても落ちにくくならない!まつ毛を盛りながらオフを楽にする方法

マスカラを重ねても落ちにくくならない!まつ毛を盛りながらオフを楽にする方法

  • 2020.6.6
  • 1181 views

メイクを落とすとき、とくに落ちにくいのがウォータープルーフなどのマスカラ。でも落ちないからといって、ゴシゴシこすると目元にもまつ毛にもダメージになってしまう。そんな悩ましいマスカラメイクをオフしやすくする方法をメイクのプロが明かした。(フロントロウ編集部)

ガンコなマスカラのオフを楽にするメイク法

マスカラを使ってぱっちりとした目元をつくるには、まつ毛を太く濃く見せるのは定番で、そのためにはマスカラの重ね塗りは欠かせない。

たしかにマスカラの重ね塗りでまつ毛は盛れるけれどその一方で大変になるのが、メイク落とし。とくに汗や水に濡れても落ちにくいウォータープルーフのマスカラならなおさら。

画像: ガンコなマスカラのオフを楽にするメイク法

でも、あるメイクアップアーティストが伝授する裏技なら、「マスカラを重ね塗りすること」で逆に落としやすくなるという。しかも、汗などでもにじみづらいうえ、重ねるので盛ることもできる。その魔法のようなテクニックとは?

ノーマルとウォータープルーフのマスカラをダブル使い

一般的にウォータープルーフのマスカラは、重ねるほど落ちにくくなるけれど、普通のマスカラにウォータープルーフのマスカラを重ねることで、オフしやすくなるという。

ニューヨークを拠点とするメイクアップアーティストで、俳優のルピタ・ニョンゴやプリヤンカー・チョープラーなどのセレブを手掛けるニック・バローズは、「まずウォータープルーフではないノーマルなマスカラをまつ毛に塗り、その上からウォータープルーフタイプのマスカラを塗って仕上げてみて」と米メディアThe zoe reportでコメント。

画像: ノーマルとウォータープルーフのマスカラをダブル使い

ニックによると、仕上げとしてウォータープルーフマスカラを塗って密封することで、汗や湿気に強いのに、ウォータープルーフマスカラを重ね塗りしているときよりも格段にクレンジングが楽になるという。

まつ毛のダメージも軽減できる

さらに、この重ね塗りではもうひとつ嬉しいプラスが。それは自まつ毛への負担が軽減されること。ニックによると、ウォータープルーフのマスカラはまつ毛に負担がかかってしまうことも多いそうで、その点このテクニックを使えば自まつ毛にウォータープルーフマスカラが直接触れることがないので、健康的なまつ毛をキープできるそう。

画像: まつ毛のダメージも軽減できる

汗をかいてもにじみにくいのにメイク落としが楽になり、まつ毛への負担も少ないとなると、取り入れない手はない。また、ボリュームタイプやロングタイプのウォータープルーフマスカラを選べば、さらなるデカ目効果も叶う。

プロが教えるガンコなウォータープルーフマスカラを落としやすくするテクニック。まつ毛にもやさしいメイクの工夫なので、ぜひ取り入れてみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む