1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 気軽に手に入る【突っ張り棒】はやっぱりすごい♪驚きの活用方法を紹介!

気軽に手に入る【突っ張り棒】はやっぱりすごい♪驚きの活用方法を紹介!

  • 2020.5.29
  • 38026 views

突っ張り棒はやっぱりすごい!

インスタグラムなどを見ていると、突っ張り棒を活用して収納されている方が多いですよね。突っ張り棒はありとあらゆる場所で使える優れモノなんです。

外に出られない分収納を見直し、暮らしやすいおうちを目指して整えていきましょう!今回は収納上手さんの活用アイデアを紹介いたしますので、最後までご覧くださいね。

突っ張り棒の活用アイデア

フックを使って小物収納

玄関先の収納スペースに突っ張り棒を取り付けたらフックを掛けて、ベルトや衣類スプレーなどを吊るして収納されています。

ハンガーパイプにそのまま吊るして収納するよりも、突っ張り棒で壁面を活用した方が省スペースで収納できるのでおすすめです。

濡れたタオルを乾かすスペース

お風呂場のドアの部分に突っ張り棒を取り付け、濡れたタオルやバスマット、洗った帽子などを乾かしているそうです。

濡れたタオルをそのまま洗濯機に入れてしまうと、雑菌が繁殖してしまいますよね。このように一時的に乾かせる場所があると便利です。

ワイヤーネットとW使いをする

シンク下スペースの収納に、ワイヤーネットと突っ張り棒の2つを使っているそうです。

ワイヤーネットの隙間に突っ張り棒を差し込み固定すれば、2段分の収納スペースが出来上がります。

デッドスペースになりがちな上の空間も、有効活用できますね。

強力突っ張り棒でアウター収納

収納棚の中にハンガーパイプがついていない場合、強力な突っ張り棒を取り付けましょう。

強力な突っ張り棒なので簡単には落ちませんし、耐荷重もあるのでアウターを何枚も掛けられます。好きな位置に取り付けられるところも魅力の1つです。

こちらの方はシューズクロークに取り付けていますが、低い位置に取り付けているので子供も使いやすくなっていますね。

子供の身長に合わせて固定してあげれば、自分で準備や片付けができるようになるので一石二鳥です。

ワイヤーラックとW使いをする

突っ張り棒とワイヤーラックをWで使えば、このように浮かせて収納することも可能になります。

こちらの方はWi-Fiのアダプターを浮かせて収納されているのですが、浮かせることで棚がすっきりしますね。

そして、カフェカーテンなどで覆えば中が見えなくなります。

洗面所の小物収納

洗面所に長めの突っ張り棒を取り付け、靴のブラシやゴム手袋、掃除スポンジ、ヘアゴムなどを吊るして収納されています。

使い終わったものを吊るして乾燥させるのにも便利ですね。ちょっとした工夫で、暮らしやすさもUPしそうです。

カラーボックスとWで使う

カラーボックスの中に突っ張り棒を取り付ければ、子供のアウターやシャツ、制服などを掛けて収納できます。

カラーボックスで身支度スペースを作ってあげれば、毎日の身支度をしやすくなりますね。棚板を取り付ければ普通の収納としても使えるところがGOOD。

引き出しの中の収納

引き出しの中の空いた空間って、なんだかもったいなく感じてしまいますよね。突っ張り棒を2本取り付け、引き出しのサイズに合う収納ケースを置けば完成です。

細々した小物を収納することもできるので、今よりももっと収納力をUPさせたい方におすすめ。

トイレットペーパーの収納

収納スペースが少ないというトイレは多いですが、そういった場合どこにトイレットペーパーを収納すればいいのか悩んでしまいますよね。

トイレの壁に突っ張り棒を取り付ければ、トイレットペーパーのストックを収納することができますよ。突っ張り棒があれば、簡単に収納場所を増やせます。

ゴミ袋の収納

突っ張り棒をカップボードの引き出しの中に入れて、ごみ袋を収納されています。

ゴミ袋は生活感が出てしまうアイテムなので、できるだけ分からないように収納するのがおすすめです。

突っ張り棒に掛けるだけでOKなので、ゴミ袋も取り出しやすく補充しやすくなっています。

突っ張り棒の活用アイデアまとめ

今回は突っ張り棒を使った活用アイデアを紹介いたしましたが、突っ張り棒の無限の可能性を感じましたね。

突っ張り棒は使い方次第で、とても快適な暮らしが手に入ります。収納上手さんのアイデアを参考にして、家族みんなが快適に暮らせるように整えていきましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる