1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「なかなか彼氏ができない...」最高の彼氏を作る最短ルートとは?

「なかなか彼氏ができない...」最高の彼氏を作る最短ルートとは?

  • 2020.5.26
  • 2252 views

こんにちは、美佳です。
「彼氏はほしいのになかなかできない・・・」と着々と彼氏いない歴を更新している女子の中には、“彼氏ができない原因”が自分でわかってない人もチラホラ・・・・・・。


そこで今回は、恋人募集中なのになかなか彼氏ができない子が最短で最高の彼氏を作る方法について述べたいと思います。すべて、長い時間や大きな労力が必要なものではなく、考え方や周りへの意識を変えるだけでできるものです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイプじゃない男性を切り捨てる→食わず嫌いをやめて相手と話す

彼氏が欲しいのに彼氏がなかなかできない子の中には、ストライクゾーンがかなり狭い人もいるでしょう。
もちろん、タイプ以外の男子とは絶対に付き合わない!という強い意志があるのなら、狭いストライクゾーンを貫いてもいいと思いますが、そうでないならストライクゾーンを緩めてみてはどうでしょう?


せっかく自分に合いそうな人が現れても『身長が低いし・・・』『目が一重はちょっと・・・』と、細かく査定しすぎて簡単に恋愛対象から切り捨ててしまっては、そりゃ彼氏もなかなかできないでしょう。


まずは「あいさつができる」「食べ方が不快でない」「店員さんに横柄な態度をとらない」といった、自分なりの最低条件だけを考えてみます。理想はぱっちり二重で身長が高い人が良くても、そこで距離を置かず、一度相手とコミュニケーションをとって「中身」に触れてみる。


それだけで、「こんなところがすてきだな」と気づいて、身長や顔のパーツなんて何も気にならなくなることがあります。むしろ、それが愛しいポイントに変わることだって珍しくありません。


食わず嫌いを直したら意外と簡単に彼氏ができるかもしれませんよ?

長所よりも短所に目が行く→加点法で見るようにする

男子を見る目が厳しい人もいるでしょう。真剣に付き合う、将来を見据える・・・となると確かに気持ちも分かりますが、長所よりも短所ばかりに目を向けてしまうのはいかがなものかと思います。


そりゃ誰にだって短所はあります。けれども長所もあります。
『あの人のココがダメ』と、ダメな点ばかりを探すよりかは『あの人のココが素敵!』と良い点を多く見つけた方が、より多くの人を恋愛対象でみれますよね、きっと。


男子を減点方式で見てしまうという人は彼氏ができにくいし、仮に交際に至ってもなかなか続かない気がするのです。
彼氏を作り、さらに長く交際したいのなら、男子を見るときは加点方式にした方が良いですよ。


例えば、短所を1つ見つけたら長所を2つ見つけるなどしてみましょう。そうすれば相手に対して「ダメなところもあるけれど、それを上回る魅力がいっぱいある」と思えるかもしれません。


そうした方が交際に至りやすいし、ダメなところも含めて相手を好きになっているということは、とても現実的な交際ができているとも言えますよね。地に足の着いたカップルとして、その後すぐに別れることも少ないのではないかと思います。

追われると逃げたくなる→追われる前に告白するのもアリ

アプローチしていた男子が急にこちらにアプローチしてきた瞬間、熱が冷める子いません?好きだったはずなのに追われるようになったら『あれ?なんか違ったかも・・・』と急に逃げたくなるアマノジャク。
そこまでじゃないなくとも、“単に好きな人を追うのが好き”って人もいますよね。


けれど、これは結構もったいないです。だって彼が追ってきたら交際まであと一歩じゃないですか。なのに逃げちゃうって・・・・・・!


確かに追っている時のドキドキ感が一番楽しい!って人もいますよね。で、追われたら逃げたくなる。


この気持ちをどうにかするのもひとつの手。
でも、むしろその心理状態を利用して、あなたが追ってる時点で彼に告白してしまうのはどうでしょう?


“鉄は熱いうちに打て”じゃないですが、自分の恋心が一番盛り上がっている時に告白してしまうのがいいかもしれません。告白されるのは基本的に嬉しいものですし、男性側からしてもそれがベストなのではないかと思います。

終わりに:彼氏ができる方法は「考え方のシフト」をするだけ

彼氏ができないー!って嘆いていても、恋愛への考え方をちょっと変えるだけで、もしかしたらサクッと彼氏ができる可能性もあります。


なかなか彼氏が思うようにできないのなら、今までの思考やこだわりを緩めて、まずは相手に近づいてみましょう!(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)



元記事で読む