1. トップ
  2. レシピ
  3. おしゃれレシピで非日常を 緑が美しい「ソラ豆のチーズブルスケッタ」

おしゃれレシピで非日常を 緑が美しい「ソラ豆のチーズブルスケッタ」

  • 2020.5.21
  • 852 views

ミネラル豊富で栄養価も高い、5月の旬食材「ソラ豆」。
塩茹でしてそのままいただくのも美味しいですが、少しだけ手間を加えて、おしゃれでテンションあがる一品に変身させちゃいましょう!

今回ご紹介する「ソラ豆のチーズブルスケッタ」は、塩茹でしたソラ豆をパンに乗せた、見た目もおしゃれで、非日常を味合わせてくれる幸せレシピ。
ソラ豆をつぶす際に、茹で汁を使うことで香り高く仕上がり、最後にパルメザンチーズを乗せる事で、味に奥行きが出ます。

盛り付ける際は、生ハムやトマトを合わせて彩りも意識してみましょう。
頑張っている毎日のご褒美も兼ねて、キンキンに冷やした白ワインやビールのお供に是非作ってみてくださいね。

■ソラ豆のチーズブルスケッタ

調理時間 5分+焼く時間 1人分 366Kcal

レシピ制作:伊藤 けいこ



<材料 2人分>
ソラ豆(正味) 100g
ゆで汁(ソラ豆) 少々
パルメザンチーズ(すりおろし) 30g
塩 少々
粗びき黒コショウ 少々
フランスパン 4~5cm
オリーブ油 適量
レッドペッパー 適量
イタリアンパセリ 適量

<作り方>
1、ソラ豆は塩少々を入れた熱湯で柔らかくなるまで5~6分柔らかめにゆで、薄皮から取り出し、マッシャ―などで軽くつぶし、ソラ豆のゆで汁で伸ばす。



ゆで汁で伸ばすことで、ソラ豆の風味がしっかり残ります。

2、フランスパンは約1cmにスライスし、片面にオリーブ油をぬる。(1)のソラ豆、パルメザンチーズをのせ、塩、粗びき黒コショウを振る。



3、オーブントースターの天板に並べて焦げ目がつくまで約3分ほど焼く。焼きあがったらレッドペッパー、イタリアンパセリを飾る。



コツ・ポイント
・ソラ豆の正味100gは、約20粒程度です。パルメザンチーズがなければ粉チーズやお好みのチーズでも美味しいです。お好みでマヨネーズや生ハムを添えてもよく合います。

5月の風が心地よい今日この頃、週末のブランチに冷やしたワインやビールと共に「ソラ豆のチーズブルスケッタ」を是非作ってみてくださいね。窓を開けて空気を入れ替えて、心も体もリフレッシュしちゃいましょう!

(豊島早苗)

元記事で読む