1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「どっちもどっち案件」地雷女性が群がる男性の生態、実はこんなやつ

「どっちもどっち案件」地雷女性が群がる男性の生態、実はこんなやつ

  • 2020.5.21
  • 15822 views

あの、いきなりこういうことを書くのはどうかと思うんですけど、世の中には共依存状態のカップルってたまにいますよね。
お互いに依存と執着しきってて、はたから見ると全然どうでもいい事なのに、当事者たちは恋に恋して周りが見えない、みたいな。
そんでそういうカップルの片割れにちょっと話しかけただけで「俺の彼女に何してんの」とか言ってきたり。
「いや、奪わねえよ!」と本気でキレたこともしばしば……まあそれはまた別の機会に話すとして。
こういう、言わば地雷源の上で爆竹を全身に巻き付けたようなカップル見てると、「うわあ……めんどくさ」と思っちゃうのは僕だけでしょうか。
いいえ、きっとみなさんだって同じ気持ちになるはずです。
そこで今回は、いわゆる地雷扱いの男女の生態を解明しつつ、そういう男女の共依存状態の虚しさにも着目していきたいと思います。

そもそも地雷扱いされる女性の特徴とは?

話の本題に入る前に、そもそも地雷とは何ぞや? ということから言及していきたいと思います。
特に地雷扱いされる女性については個人的に思うところも山とあるので、まず女性に焦点を絞って書いていきましょう。
まず地雷女性の定義ですが、いち男性からすると冒頭でも軽く触れたとおり、男性への依存性が高い人のことを指すのは、これは間違いないところでしょう。
依存は執着。そして執着は嫉妬に通じます。
地雷女性の依存の性質は、多くの男性にとっては負担となるわけですね。
次に地雷女性あるあるの性質として、彼氏以外の男性にも構われたいという欲求。
これが普通の女性よりも強い傾向はあると思います、
ちょっと精神的にへこんでたら、LINEで彼氏でもなんでもない男性に連絡するようなタイプって、やっぱり地雷を足元に埋めてる系女子が多いです。
男性にしてみれば、あれって困るんですよね。
どう対処していいか分からないってのが正直なところですし、どうせ精神が落ち着くと連絡は途絶えるので、返答するだけ無駄という感じで。
それから自分を過度に卑下するタイプが多いのも、地雷女性の特徴かもしれません。
そしてその卑下に対して「そんなことないよ」の言葉を待っている節も見えます。
いちいちそんな定型文を返す男性なんて、ワンチャン狙ってるゲスいやつの可能性が高いのに……。

地雷女子が群がる男性もまた、地雷……

まあ、前述のとおり、地雷女性は真っ当な男性からしてみれば、かなりめんどくさい存在です。(少なくとも僕自身は関わりたくないです)
しかし、そういう地雷女性を引き寄せる性質の男性というのもいて。
そのような男性は、生態的に地雷女性を集めやすく、食い物にもしやすい傾向はありますね。
言ってみればホテルに連れ込むことだけ考えて、後々の面倒は考えなかったり。
その場その場で女性に賛同するフリだけが上手な感じの男性。
あるいはもともとヒモ気質。
この手のタイプは、地雷女性を引き寄せる力も、手元にとどめる力も強いものです。
そしてそういう男女が出会うと、冒頭で触れたように“共依存状態のカップル”になりやすいです。
まあ、当事者間で完結していればいくらでもどうぞという感じなんですけどね(笑)。
でも、こういう男女に限って周りを巻き込んで面白くなさそうなイベントをやろうとしたり、集まりをやりたがるので、僕自身面倒な思いをしました。

おわりに

と、結構今回は愚痴が多くなっちゃいましたが、それだけ僕はそういうしょうもない男女に対して辟易してきた過去があるのだと、ご理解いただければ幸いです。
勝手に盛り上がってこっちまで飛び火狙いしてくるので、迷惑以外の何物でもなかったです。
本当に、自分の恋愛を他人にまで伝播させたがる男女とは関わりたくないです。
恋愛は、男女1人ずつの関係性。それで十分なんですから。
(松本ミゾレ/ライター)


元記事で読む