1. トップ
  2. ダイエット
  3. 遺伝と思ってあきらめないで! 乳トレで理想の美しいバストを手に入れよう

遺伝と思ってあきらめないで! 乳トレで理想の美しいバストを手に入れよう

  • 2015.4.21
  • 1608 views

暖かくなってくると薄着の機会が多くなりますが、薄手の洋服ってボディラインが強調されがち。そうなると今まで隠していたムダなお肉やぽっこりお腹、ボリュームがなくて寂しいバストが気になってきますよね!?

贅肉は努力次第でシェイプアップできるとしても、バストアップに関しては遺伝だからどうしようもない…と諦めている女性も多いのではないでしょうか?

そんな女性にオススメなのが整体師の朝井麗華さんが考案した「乳トレ」。『おっぱい番長の「乳トレ」』が出版されて以来amazonの美容・ダイエット部門で常に上位、メディア等でも紹介されていてとても気になっていたので、朝井さんに実際に「乳トレ」のやり方を教えて頂くことに。色々なトレーニングがあるのですが、その中でも手軽にできる2つの方法をご紹介したいと思います。

■自前のブラ=大胸筋を育てる「バストくるくる」

右手で右側のバストの下側に手を添え、バストが動かないようにしっかりと固定します。左手の親指以外の4本の指の腹をバストの上部にあて、内側から外側に向けてクルクルと円を描くようにマッサージします。このとき皮膚の表面を優しくなでるのではなく、土台となる筋肉をほぐすようにしっかりと圧をかけながらマッサージするのがポイント!

凝り固まった大胸筋を30秒程かけてしっかりとほぐしたら、反対側のバストも同様にマッサージ。滑りをよくするためにお風呂の中でオイルを塗ってマッサージしたり、お風呂上がりにボディクリーム等を塗って行うのがオススメです。

■胸も気持ちもアゲアゲになる「親指ブスブス」

すき間時間を使っていつでもどこでもできるケアがコレ。親指を逆サイドのバストトップの上部に垂直に当て、3秒程かけながらゆっくりとプッシュ。大胸筋を深部からゆるめるのが目的なので、骨の間に親指がめり込むようにグッと差し込むのがポイントです。片側につき3秒×30回を目安に、少し痛いと感じるくらいの圧で行いましょう。

バストトップより上部をほぐしたら、バストのサイドや下側も親指でブスブスとほぐしましょう。下側をほぐすときは手をクロスせず、ひじを張った姿勢で手と同じ側のバストをプッシュするとやりやすいですよ。

おっぱい番長の「乳トレ」 ダメ乳、ポッコリお腹、肩こり撃退!

ご紹介したふたつのケアを始めとする「乳トレ」を実践すると、即日にふっくらとしたハリが生まれたり、バストトップの位置があがる等の効果を実感する人も!! 貧乳、離れ乳、タレ乳等、あらゆるバストに関するお悩みに対応し、何歳からでも始められる「乳トレ」。継続して行うことでバストアップ以外にも肩こりが軽減されたり、ウエストにくびれができる等の嬉しい効果が感じられるそうです。ぜひ「乳トレ」を実践して、理想の美バストを手に入れてくださいね!

(YUKICO)