1. トップ
  2. 雨が降っても楽しめる!“梅雨の鎌倉”を満喫出来るスポット10選

雨が降っても楽しめる!“梅雨の鎌倉”を満喫出来るスポット10選

  • 2020.5.15
  • 3136 views

連日雨が降り続ける梅雨はとっても憂鬱ですよね。そんな沈んだ気分も、綺麗な紫陽花を見れば少しは晴れるのではないでしょうか?鎌倉には紫陽花の名所がたくさんありますが、今回はその中から厳選した10カ所と周辺の観光スポットをご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものになります。詳細は公式サイトなどから事前確認することをおすすめします。)

1. 稲村ヶ崎公園 / 稲村ヶ崎駅

まずご紹介するのは「稲村ヶ崎公園」です。鎌倉や江ノ島の他の観光スポットと比べて、少し穴場感のある稲村ヶ崎公園。少しアクセスは悪いですが、人も少ない公園なので雨の日デートにはぴったりな場所だと思います。

稲村ヶ崎公園は鎌倉なのに空いているという点もありますし、雨の日ドライブでも立ち寄りやすい駐車場付きです。また近くには、「稲村ヶ崎温泉」もあり、雨でちょっと肌寒いな、疲れたなと思った時にぴったりだと思います!

カフェ ヨリドコロ

稲村ヶ崎駅から徒歩約3分ほどの場所にある「ヨリドコロ」は、朝7:00からオープンしている絶好の朝ごはんスポット。こだわりの絶品卵や干物をいただくことのできる定食がおすすめです。朝ごはんは7:00〜9:00までとなっているのでご注意くださいね。

詳細情報

稲村ヶ崎公園

ヨリドコロ

2. 光則寺 / 長谷駅

続いてご紹介するのは「光則寺」です。長谷駅の近くに位置し、「長谷寺」とも近いスポットなので、一緒に訪れるのもおすすめです。光則寺は、小さな境内の中に、たくさんのお花が植えられており、「花寺」としても有名なのだとか。

紫陽花は例年5月中旬〜6月上旬にかけて見頃を迎えるそうなので、時期を合わせてぜひ訪れてみてください。紫陽花だけでなく、一年を通してたくさんのお花が咲いているので、違った時期に訪れるとまた異なる顔を見せてくれそうですね。

KANNON COFFEE kamakura

光則寺から徒歩5分ほどの場所にあるのがこちらの「KANNON COFFEE kamakura」。種類豊富なドリンクや、可愛らしい大仏ビスケットがいただけると人気のスポットです。小腹が空いたらぜひクレープを食べてみてくださいね。

詳細情報

光則寺

KANNON COFFEE kamakura

3. 長谷寺 / 長谷駅

鎌倉を代表する寺院・長谷寺。“花の寺”と呼び親しまれる長谷寺では1年を通じて様々な季節の花が咲いているんです。5月下旬〜6月下旬の間は2500株もの紫陽花が散策路の周辺に咲き乱れ、“紫陽花散歩”を楽しむことが出来ます。

長谷寺には、「和み地蔵」や「良縁地蔵」などの可愛らしいお地蔵さんがいます。散策中にぜひ見つけてみてくださいね。長谷寺周辺には、カフェやお土産やさんなどたくさんのお店があるので、周辺の散策も忘れずに!

高徳院

長谷寺で紫陽花鑑賞をした後は高徳院の鎌倉大仏を見学するのも忘れずに。"鎌倉の顔"である大仏を見ずには帰れません!この大仏、20円払えば外から眺めるだけでなく胎内に入ることも出来るんですよ。

詳細情報

長谷寺

鎌倉大仏殿高徳院

4. 御霊神社 / 長谷駅

目の前を江の電が走る神社として有名な御霊神社。もちろん敷地内の紫陽花も綺麗なのですが、ここでは他にはなかなかない線路沿いに咲く紫陽花を見ることが出来るんです。見頃は6月中旬〜下旬です。

レトロな見た目で可愛らしい江ノ電と、美しく咲く紫陽花のコラボレーションはまさに絶景。この時期だけの珍しい景色を収めに、ぜひカメラを持って行ってみてくださいね。

鎌倉土鍋ごはん kaedena.

長谷駅から歩いてすぐそばにある「鎌倉土鍋ごはん kaedena.(カエデナ)」。ランチにとっても人気なお店で、丁寧に土鍋で炊かれたツヤツヤなご飯の御膳をいただくことができます。土鍋ご飯の種類も豊富で、鎌倉名物の釜揚げしらすを使った一品が人気です。小鉢も美味しく、ボリュームたっぷりなランチをいただけます。

詳細情報

御霊神社

鎌倉土鍋ごはんkaedena.

5. 成就院 / 極楽寺駅

御霊神社から近くの場所にある成就院。実は、長谷寺・明月院と並んで鎌倉の“紫陽花三大名所”として選ばれているんです。長い間行われていた改修工事が終わりを迎え、また紫陽花が見れるようになったそう。近くに来たら是非立ち寄りたいスポットです。

またあまり有名ではありませんが、鎌倉を代表する恋愛のパワースポットでもあり、縁結びの神様が祀られています。紫陽花も非常に綺麗で、由比ヶ浜を望みながら、紫陽花も見ることができる、「海の見えるあじさい参道」として知られています。

カフェ 坂の下

極楽寺のカフェといえばここでしょ!というくらいの有名店「カフェ 坂の下」。昔懐かしいこじんまりとした佇まいが、鎌倉を訪れた人に人気を集めています。看板メニューは、パンケーキです。落ち着いた雰囲気の中、食事を楽しむことができます。観光中のひと休みにぴったりです。

詳細情報

成就院

カフェ坂の下

6. 明月院 / 北鎌倉駅

“紫陽花寺”の愛称で呼ばれているほど、毎年綺麗な紫陽花を咲かせ、見物客を魅了しているのが明月院です。毎年6月上旬から7月中旬にかけて紫陽花は咲いていますが、その中でも一番の見頃は6月中旬〜下旬。

青い紫陽花が多いことから「明月院ブルー」とも呼ばれています。こちらの明月院、1番見頃のこの時期には、多くの人が紫陽花を見ようと訪れるので、朝早く行くなど、混雑を避ける為には注意が必要です。タイミングを狙ってぜひ訪れてみてくださいね。

喫茶ミンカ

明月院で鎌倉一の紫陽花を見学した後は喫茶店でひと休みしてはいかがでしょうか?寺院から徒歩約6分で着くこちらの古民家カフェ“喫茶ミンカ”では、アンティークな雰囲気漂う店内で美味しいコーヒーや、カレー等の食事メニューを味わうことが出来るんです。

詳細情報

明月院

喫茶ミンカ

7. 東慶寺 / 北鎌倉駅

北鎌倉の“花の寺”とも呼ばれている東慶寺。寺院の入り口を入ると石段の両サイドを覆うように色とりどりの紫陽花が咲き乱れています。東慶寺で紫陽花を見られるのは5月下旬〜6月。近くの明月院と比べると早くから紫陽花を楽しめるのが魅力的です。

初夏の紫陽花だけでなく、春は梅、夏は花しょうぶ、秋は紅葉など、一年を通して美しい花々を楽しむことができます。東慶寺の紫陽花は、青や紫など定番の色から白やピンク系のものまであり、種類豊富な紫陽花を見ることができます。

北鎌倉古民家ミュージアム

東慶寺と合わせて行きたいのが北鎌倉古民家ミュージアム。古民家が多い北鎌倉エリアで、築100年以上の古民家を利用して様々な展示を行ってます。更に梅雨の時期には紫陽花の名所としても有名で、一度で色々楽しめてしまうお得なスポットなんです。

詳細情報

東慶寺

北鎌倉古民家ミュージアム

8. 建長寺 / 北鎌倉駅

鎌倉五山第一位の格式をもつ、鎌倉の中でも名だたる寺院のひとつである建長寺。ここでは、広大な境内の中のあちこちで紫陽花を、散策しながら拝むことができます。他の寺院同様、6月中旬頃からが見頃のようです。

広い敷地内の中で特に見逃さないでいただきたいのが、半僧坊大権現参道です。鮮やかな紫陽花に囲まれた参道はとても美しいです。ここまで紹介してきた寺院に比べると、紫陽花の数は少ないですが、建長寺という広く立派な寺院の散策と合わせると紫陽花の魅力がアップすると思います。

点心庵

建長寺の敷地内にある御飯処「点心庵」。2018年の3月にオープンした、わりかし新しいお店です。古民家風の建物が、建長寺とマッチして、建長寺を訪れた人たちのランチスポットとして人気です。看板メニューは、「鎌倉野菜カレー」と建長寺から調理法を伝授された公認の「けんちん汁」です。

詳細情報

建長寺

点心庵

9. 報国寺 / 鎌倉駅

竹林で有名な報国寺。ここでも真っ青で綺麗な紫陽花を見ることが出来るんです。数こそ少ないですが、そのため見物客も少なく混雑を避けられるのが魅力です。また、美しい竹林と紫陽花を同時に見られるのもいいですね。

報国寺内では、美しい竹林を見ながらお茶やお菓子をいただくことができます。忙しい日々や、都会の喧騒を忘れて非日常を味わいたい方にはぜひおすすめのスポットです。お抹茶の受付は15:30までとなっているのでお気をつけください。

モン・ペシェ・ミニョン

駅からバスと徒歩で合わせて15分ほどかかる場所にある報国寺は、残念なことに周辺に観光スポットがあまりありません。しかしこちらのベーカリー「モン・ペシェ・ミニョン」ではサンドイッチやフルーツパイなどの人気パンをイートインスペースで食べることが出来るので休憩を兼ねて立ち寄りたい場所です。

詳細情報

報国寺

モン ペシェ ミニョン

10. 浄妙寺 / 鎌倉駅

頼朝の時代から咲き続ける紫陽花と、重厚でどこかキリッとした本堂の雰囲気がなんとも歴史の重さを感じさせてくれる浄妙寺。たくさん植えられているというわけではないのですが、数少ない紫陽花と本堂との相性は抜群です。

浄妙寺の紫陽花は、本堂というより、近くの洋食レストラン「石窯ガーデンテラス」に行くまでの道のりに多く植えられています。また、裏山の散策路にはヤマアジサイが植えられていて、このヤマアジサイは通常の紫陽花よりも時期が少し早く5月下旬頃からが見頃だそうです。

石窯ガーデンテラス

浄妙寺の敷地内にある洋風レストラン「石窯ガーデンテラス」。日本のお寺の中に、洋館とイングリッシュガーデンがあるというなんとも不思議な体験ができます。石窯で焼いたふわふわのパンと洋食ランチをいただくことができます。また、ティータイムには、スコーンと紅茶というブリティッシュスタイルのおやつも楽しむことができます。

詳細情報

浄妙寺

石窯ガーデンテラス

鎌倉で紫陽花散歩をしよう!

いかがでしたか?今回は紫陽花の名所を中心に、梅雨の鎌倉を楽しむ為のスポットをご紹介しました。梅雨の時期に鎌倉に訪れる予定のある方は是非参考にしてみてくださいね!

元記事で読む