1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 座りっぱなしに要注意!日本人は1日7時間で世界最長との指摘も

座りっぱなしに要注意!日本人は1日7時間で世界最長との指摘も

  • 2020.5.12
  • 742 views
在宅ワークをする男性のイラスト

座った生活は問題?

パソコン作業をする女性のイラスト

新型コロナウイルス感染症が問題になる前の研究によると、日本人の平日に座っている時間は、世界20カ国のなかでは最も長い7時間との調査結果がありました。今では、外出自粛の影響もあって、日本人はさらに座りがちな生活になっている可能性も。自宅にこもっていると、歩くといっても限度がありますし、運動もストレッチやトレーニングなども限られた形になってしまいます。座りがちの生活はストレスになりますし、健康のリスクになると指摘されるようになっています。

しかし、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究グループが行った調査によると、座りがちな生活が健康にマイナスであることがあまり理解されていないことが判明。研究グループは「大学の授業において座りがちな状態を解消できるような対策を進めるべき」と強調しています。こうした研究からも、長時間、座っていることが多い日本人にとっては気をつけることがなおさら大切といえるかもしれません。

自宅でできる工夫とは?

デスクワークをする人のイラスト

座りがちな状態を解消するために、研究グループがすすめるのは、いくつかの工夫をとり入れることでした。やるべきことは簡単。1時間程度に1回、立ち上がってストレッチをする。ときどき机を変えられるようにしたり、立って作業できる机を使えるようにしたりすること。強制的に立ってストレッチしたりする時間を確保するのが大事といいます。

こうした対策はあくまで大学の対策ではありますが、ふだんの生活でも意識的に立ち上がってストレッチする時間を必ずつくるとよいのでしょう。研究グループは「30分ほどジョギングすればよいと考える人も多い一方で、座りがちな生活の問題についてはきちんと認識されていないこと」を問題視。自宅でのエクササイズやストレッチに取り組むことに加えて、長時間にわたって座ったままになっていないのか、今一度、気にしてみるとよいかもしれません。

<参考文献>

日本人の座位時間は世界最長「7」時間!座りすぎが健康リスクを高める あなたは大丈夫?その対策とは・・・(スポーツ庁)
https://sports.go.jp/special/value-sports/7.html

Cowgill BO, Perez V, Gerdes E, et al. Get up, stand up, stand up for your health! Faculty and student perspectives on addressing prolonged sitting in university settings [published online ahead of print, 2020 Feb 6]. J Am Coll Health. 2020;1–10. doi:10.1080/07448481.2019.1661419
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32024439/
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/07448481.2019.1661419

元記事で読む