1. トップ
  2. ハウステンボスだけじゃない!2泊3日で“長崎”超満喫するプランをご紹介!

ハウステンボスだけじゃない!2泊3日で“長崎”超満喫するプランをご紹介!

  • 2020.5.11
  • 2039 views

長崎の一大観光スポットといえば「ハウステンボス」ですよね。今では、長崎に行った時には外せない観光スポットです。しかし、長崎にはハウステンボス以外にも魅力的なスポットがたくさんあるんです。今回は一味違う長崎満喫コースをおすすめします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

大人気観光地「長崎」

「長崎」は全国、そして世界から観光客が集まる一大観光スポットとなっています。その人気も年々高まっています。随所に洋館などの異国文化を感じることができ、また歴史も大いに感じることができます。そして長崎は長崎ちゃんぽんにカステラ…とグルメも勢ぞろい。そんな長崎を旅行先として考えている方もいるのではないのでしょうか。

ハウステンボスは“あえて”行かない

そんな長崎でも定番観光地となり大変人気の観光地が「ハウステンボス」です。美しい花や芸術的なイルミネーション、子供も大人も楽しめるゲームと誰もが楽しめる場所になっています。

しかし、ハウステンボスを本気で楽しもうと思うと丸一日かかってしまいます。それはちょっと…という人に向けて、”あえて”「ハウステンボス」には行かず二泊三日で長崎を満喫できるコースを紹介していきます。

いざ出発

【13:00】 長崎駅到着

朝一の飛行機に乗り込み、いざ九州へ!東京から少しでも安く行きたい人は福岡まで格安航空で行ってから特急で長崎駅まで行くのがおすすめです。飛行機で羽田空港から長崎空港までは、2時間程度で到着します。

詳細情報

長崎駅

【13:15】 路面電車で長崎駅出発

長崎観光には路面電車での移動が便利です。一日乗り放題券も大人500円、小人250円と、とってもお得なので、乗り放題券を購入することをおすすめします。レトロな雰囲気が可愛らしく、写真映えも間違いなしです。

【13:30】 眼鏡橋到着

JR長崎駅から路面電車蛍茶屋行きで4分、「めがね橋」電停下車、徒歩3分のところにある「眼鏡橋(めがねばし)」です。日本初のアーチ式石橋として有名で、国の重要文化財にも登録さえれています。

また、眼鏡橋付近の石垣には見つけると幸せになれると噂の「ハートストーン」があります。ぜひ探してみては?また、この眼鏡橋付近は「興福寺」などキリスト教禁教時代の唐文化の残る地域でもあります。

詳細情報

眼鏡橋

【14:30】 長崎新中華街到着

また、路面電車に乗り、「築町駅」を下車すると景色は一変!中国の文化が色濃く残るエリアになります。ここでは、長崎名物「長崎ちゃんぽん」をはじめとしたグルメはもちろん、雑貨屋などもあり、ぶらぶら歩くのも楽しいスポットです。

詳細情報

長崎新地中華街 (Nagasaki Shinchi Chinatown)

【14:45】老舗中華料理店「蘇州林」へ

こちらの中華街でおすすめのグルメをご紹介します。ちょうどお腹が空いた時間帯ではないでしょうか。やはり長崎ではちゃんぽん。中華街の中にある『蘇州林』は長崎ちゃんぽんが有名で、創業90年の超老舗なんです。迷ったときにはおすすめです!

定番メニューのちゃんぽんは、魚介の味が効いていて、クセになる美味しさですよ。また、長崎名物の角煮まんなんかもあります。間違えやすい”皿うどん”との違いは、麺の太さ。皿うどんはうどんというよりもっと細く、素麺のような麺です。

詳細情報

蘇州林

【15:30】唐人屋敷跡もぶらり

「築町駅」から7分ほど歩くと到着する「唐人屋敷跡(トウジンヤシキアト)」。鎖国時代に長崎を訪れた唐人の文化が色濃く残った地域で、中国文化に触れることができます。異国情緒に溢れており、散策するだけでも十分楽しめますよ。

詳細情報

唐人屋敷跡

【16:00】 オランダ坂へ

唐人屋敷跡を抜けると徒歩10分ほどで「オランダ坂」が現れます。東山手洋風住宅群など、異国情緒あふれる東山手に位置しており、洋風な雰囲気を味わいながら、石畳の上を歩けます。素敵な雰囲気のこのスポットは、旅の合間にほっと一息つくのにぴったりです。

詳細情報

オランダ坂

【16:30】 大浦天主堂到着

オランダ坂を抜けると、「大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)」が見えてきます。鎖国中に在留外国人のために建設し、中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会です。室内には綺麗なステンドグラスもあるので、ぜひ中まで入って見学してみてくださいね!

詳細情報

大浦天主堂

【17:00】 グラバー園へ

「大浦天主堂」からすぐのところに、「グラバー園」があります。園内は回遊道路をめぐらしており、異国情緒あふれる雰囲気となっています。年間100万人以上の観光客が訪れる絶対に外せない長崎観光スポットです。

長崎港、稲佐山をはじめとする人々の息づかいが感じられる街並みを一望できます。偉人たちも魅せられた光景が広がる絶景スポットです。四季折々の自然を楽しむことができるので、季節ごとに変化する魅力もおすすめポイントです。

詳細情報

グラバー園

グラバー園レトロ写真館

【19:00】 長崎出島ワーフで夕食

路面電車に乗り「出島駅」で下車し徒歩5分のところにある「長崎出島ワーフ」。長崎港周辺のベイエリアを占める複合商業施設で多様な飲食店やアウトドアショップが並んでいます。長崎港も見え、夜景も楽しめるスポットです。

詳細情報

長崎出島ワーフ

【19:15】出島テラスで夜景ディナー

長崎港や稲佐山の景色を見ながら長崎食材をふんだんに使った料理を堪能できます。店内ではジャズが流れゆったりとした大人の雰囲気が楽しめます。長崎港を一望できる抜群のロケーションで心地よい風を感じられるテラス席も用意されています。

出島ライス

『出島ライス』はトルコライスを出島風にアレンジした一皿です。長崎和牛を使用した出島コロッケと海鮮パエリアのコラボレーションで存分に長崎を味わう事ができます。このお店の名物なのでぜひ食べてみてくださいね!

詳細情報

カフェレストラン出島テラス

2日目 アクティブに動き回ります!

いざ軍艦島へ

2日目の午前は軍艦島へ向かいます。軍艦島を観光するにはいくつかあるツアー会社の「軍艦島上陸ツアー」を予約しておかなくてはなりません。それぞれ特徴があるので前もって検討しておくことをおすすめします。

【9:00】軍艦島上陸クルーズスタート

今回は、「高島海上交通」が行っている「軍艦島上陸クルーズ」に参加します。元船桟橋にある軍艦島クルーズ事務所内で出航20分以上前に受付を済ませておきます。上陸コースと、上陸しない周遊コースがありますが、上陸コースは3時間程度かかります。

「高島海上交通」の「軍艦島上陸クルーズ」では途中「高島」によって見学をしてから軍艦島(端島)へと向かいます。軍艦島に上陸してからは約50分間見学コースに沿ってガイドさんに案内してもらいます。廃墟の広がる島の中は異世界が広がっています。

詳細情報

端島 (軍艦島)

【13:30】 Delicious Restaurant Atticでランチ

坂本龍馬のラテアートが人気の「Delicious Restaurant Attic(デリシャスレストランアティック)」でランチタイム。軍艦島クルーズからも近いのでおすすめです。出島ワーフ内の美術館の近くにあります。店内からの眺めも良いので、映えた日のランチにはっぴったりですね!

詳細情報

Delicious Restaurant Attic

【15:30】 水辺の森公園へ

平成15年、長崎港に面した内港エリアに誕生したばかりの公園です。水と緑にあふれた憩いの場として市内外の人々の人気を集めています。ここで食後ゆったりと散歩するのをおすすめします。

詳細情報

長崎水辺の森公園

【17:30】 長崎ロープウェイで稲佐山へ

長崎ロープウェイ「淵神社駅」から乗ることができます。「淵神社駅」はJR長崎駅からバス下大橋行を利用し7分で着きます。長崎ロープウェイで稲佐山山頂まで行くことができます。360度のパノラマが楽しめます。

【18:00】 稲佐山展望台到着

日中天候の良い日は雲仙・天草・五島列島までも遠望できます。夜は1000万ドルの夜景と激賞され、世界新三大夜景に認定された夜景のビュースポットとしても有名です。あたり一面光り輝く景色はとてもロマンチックです。

詳細情報

稲佐山

3日目 最終日は平和について考えます

【10:00】 路面電車に乗ってスタート

やはり使うのは路面電車。すっかり乗り方には慣れた頃でしょうか。お世話になるのは戦前から走る路面電車「長崎電気軌道」。戦争からの復興を市民の足として支えてきた電車に乗り、長崎の町を駆け抜けます。

詳細情報

長崎電気軌道

【10:30】 長崎原爆資料館到着

「長崎駅前駅」から約10分「浜口駅」で下車し、徒歩5分ほどでつくのが「長崎原爆資料館」です。被爆の惨状をはじめ原爆投下の経緯、被爆からの復興の様子、核兵器開発の歴史、そして核兵器のない平和希求までがストーリーを持たせわかりやすく展示されています。

詳細情報

長崎原爆資料館

【12:30】 平和公園到着

また路面電車に乗り、「松山町」で下車し、徒歩3分にある「平和公園」。原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。

高さが約9.7メートルほどある大きな像「平和祈念像」は、長崎市民の平和への願いを象徴するシンボルです。多くのひとがここで平和を祈ります。一度立ち止まって、平和について考えてみませんか?

詳細情報

平和公園

【14:30】 山王神社到着

路面電車「大学病院前駅」から徒歩6分のところにある「山王神社」。原爆の跡が色濃く残る神社です。上の写真は一本柱鳥居と呼ばれる鳥居です。原爆で唯一残った鳥居で片方の柱しか残っていません。

詳細情報

山王神社

長崎2泊3日満喫旅行終了!

今回はあえてハウステンボスには行かず、長崎を満喫するコースを紹介してきました。いかがだったでしょうか?長崎の持つ魅力を120%楽しみたい方にはこちらの方がおすすめかもしれません。早速長崎旅行の計画を立ててはじめてみては?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

元記事で読む