1. トップ
  2. メイク
  3. 【旬メイク】まんまナチュラルに終わらせない「うるみ質感」&「グロウな肌感」

【旬メイク】まんまナチュラルに終わらせない「うるみ質感」&「グロウな肌感」

  • 2020.5.7
  • 1291 views
undefined

連想されるイメージの枠を超えた、ある意味「強気」な解釈が見慣れた装いを活性化して、さらに新たなアイディアにつながる好循環の起点になる。

RENEW TEXTURE
なじみの色を新たな質感で
肌になじんだ安心感のある色どうしの組み合わせを「まんまナチュラル」に終わらせないためにこだわりたいのは、女っぽいに直結する「うるみ」質感。肌の奥からじゅわりとわいたようなツヤを適所に仕込めば、「ミニマルでもコケティッシュ」がいとも簡単に。軽さと抜けも欲しいからメイクツールは指先だけ。「ラフに色づけ」くらいがいい。

 SELECT POINT 
□色で冒険しなくていい
□「うるみ」質感しばり


ジャケット 58,000円+税、パンツ 35,000円+税/ともにTELA(ティースクエア プレスルーム) 中に着たタンクトップ(2枚セット) 1,800円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)

<How to make-up>
なじみの色を「うるみと指づけ」で刷新

ITEMS_



A.オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルソリッドチーク コンプリート 01 3,200円+税/ヤーマン B.ナチュラグラッセ タッチオンカラーズ(パール) 01P 3,200円+税/ネイチャーズウェイ C.オンブル プルミエール ラック 22 3,900円+税/シャネル D.ミルキームースリップ 06(限定) 3,200円+税/クラランス ホイップのようにふんわりのびる。

PROCESS_


1.A~Cはすべて指づけ。Aをほお骨に沿ったベーシックな線形でなじませる。BはAの端と少し重ねてつなぎ、目下から眉尻にかけたゾーンへ。目元のトーンアップと華やぎを同時に確保。Cはアイホールへ。


2.フォギーなブラウンDで落ち着いた印象に着地。

CLARITY
透明感はつくるもの
色みはわかるかわからないかのぎりぎりまでそぎ落とし発光加減が少しずつ異なる3種のきらめきでメイク感を創生。色数をしぼったぶん、強気な角度でナチュラル「すぎ」にブレーキをかければ大人のみずみずしさが目を引く、グロウな仕上がりに落ち着く。

 SELECT POINT 
□カラーレス、クセがあるのは角度だけ
□光の種類を見極める



トップス 42,000円+税/マラミュート(ブランドニュース) パンツ 19,000円+税/エトレトウキョウ ソックス 1,800円+税/シックストックス(ノーデザイン) ローファー 16,900円+税/A de Vivre

<How to make-up>
光をまとうようにメイクする

ITEMS_


A.ル ブラン トーン-アップ ロージー タッチ SPF30・PA++ 7,500円+税/シャネル B.ボーン ディス ウェイ ターン アップ ザ ライト ハイライティング パレット ミディアム 5,600円+税/トゥー フェイスド C.ハイライタークチュール 3 6,000円+税/イヴ・サンローラン・ボーテ D.インディストラクティブルアイライナー 06 3,500円+税/THREE グレイッシュなグリーン。 E.アフターグロー リップバーム 1359 3,500円+税/NARS JAPAN ウォーミーなコーラルで口元にちゃめっ気を加算。

PROCESS_


1.黒目下のほお骨の上辺を起点に目尻に向かってななめにAをなじませる。


2.B-2をAの下辺に少しオーバーラップさせて同じ斜度でプラス。


3.Cも同様にレイヤード。アイホールにB-1を均一にのばして、ほおとリンク。二重の切れ目を延長させる感覚で、目尻1cmだけ、オリーブグリーンのアイラインDを。リップEはカジュアルに直づけ。

元記事で読む