1. トップ
  2. ヘア
  3. 脱ぺたんこ!美容師が教えるショートヘアに「ボリュームを出す」ポイント

脱ぺたんこ!美容師が教えるショートヘアに「ボリュームを出す」ポイント

  • 2020.5.7
  • 69867 views

夏に向けてショートヘアにしたい方も多いのではないでしょうか。しかし、ショートヘアにしてもボリュームが出せず、“ぺたんこショート”に悩んでいる方もいるとか。

美容師の寺内槙太郎さんによると、ショートヘアは、そもそもボリュームが出るようにデザインされているので、実は”ぺたんこ”になりにくいヘアスタイルなんだそう。

しかし、人によっては絶壁・はち張りなどの骨格によって、後頭部やトップのボリューム感を出しにくかったり、髪質が軟毛や直毛でメリハリがつきづらかったりと、ちょうどよいボリュームを出すのが難しいヘアスタイルでもあるそうです。

そこで今回は、美容師の寺内さんに“ぺたんこショート”にボリュームを出すポイントを教えていただきました。

丸みの位置を意識したスタイルがおすすめ

出典: GATTA(ガッタ)

この写真でも分かるように両スタイルとも首がみえるほどの短いショートスタイルではありますが、見比べたときに大きく違うのは丸みの位置ですよね。

長い髪の毛は重力で下に引っ張られてストレートになってしまいますが、短い髪の毛は自然と丸くなる性質をもっているんです。

後頭部のぺたんこで悩んでいる方は、トップを短めにしたショートで丸みを上の方にもっていってあげるとメリハリがでるのでおすすめです。

スタイリングは後頭部&トップメインで

出典: GATTA(ガッタ)

スタイリングをするときは、ボリュームがいらない顔周りやえりあし、耳周りには手を加えず、後頭部やトップをメインでセットすることでシルエットがきれいになります。

ボリュームを出したい部分は、髪が濡れている状態で、根元がつぶれないように左右いろんな方向にブローすると良いですよ。

形が決まったらワックスなどのボリュームをキープできるスタイリング剤をつけ、丸みが出づらい髪質の場合はアイロンで軽く毛先を丸くするだけでもフワッと仕上がります。

パーマやカラーを生かしてぺたんこ知らずのショートヘアに

出典: GATTA(ガッタ)

美容室でショートヘアをオーダーするときは、カラーやパーマをつかうのがおすすめです。

ハイライトカラーで陰影をつけて立体感を出したり、ゆるやかなカールのパーマでふんわり感や動き出したりすることで、せっかくのショートヘアをぺたんこにしないで楽しめます。

表面に少しだけでもレイヤーを入れてトップのみのポイントパーマをかけるだけでも、ナチュラルなボリューム感の仕上がりになるのでおすすめですよ。

ショートヘアにするときは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

元記事で読む