1. トップ
  2. 恋愛
  3. 俺だってカッコつけたいんよ!男性が密かに憧れてる「言ってみたいイケメンセリフ」とは

俺だってカッコつけたいんよ!男性が密かに憧れてる「言ってみたいイケメンセリフ」とは

  • 2020.5.5
  • 9477 views
undefined

テレビドラマや小説、アニメなどで恋人にかけるようなイケメンな台詞は、彼氏としては一度は言ってみたいものです。

しかしそのような愛の言葉は軽々しく言えるような言葉ではないと考えているため、いざ言うとなるとしり込みしたり恥ずかしく思う男性もいるのです。

(1)ずっと好きでした

「ずっと好きでした」はなかなか言えない台詞です。
この台詞が言われるシチュエーションは様々です。

例えば、長い間彼女と一緒にいた中で抱いた自分の思いを伝える時がそうです。
長年ともに生きていてお互いに気心が知れていても、改めて自分の思いを言葉に乗せて言うと話は違います。

長年共に生きて本当に自分の気持ちは恋なのかそれとも友情か、本当に愛してると言えるのか不安になるのです。
そうすると恥ずかしがったりして言えなくなります。

(2)君と出逢えてよかった

この言葉を言う時の男性は、彼女と出逢えて本当に良かったと心の底から思っています。
そのことを伝えたい時にこの台詞はぴったりなのですが男性側は恥ずかしがります。

言う相手である彼女を一番大切に思うからこそ出る台詞でもあるため、言う男性はこの言葉が持つ重みを考えて言えなくなるのです。
他の言葉でも同様ですが、相手に真摯であるからこそ言えなくなることがあります。

(3)守ってあげる

「守ってあげる」と言うのは力強い言葉です。
これは強い意志表明です。

どんなことがあろうと彼女を守り苦しみから遠ざけたいと強く思った時にこの言葉が出ます。

言葉を贈られた彼女にとっては心強いことでしょう。
恥ずかしがって言えないのは、この言葉は強い思いが込められているため軽々しく言えないと男性側が考えているからです。

(4)好きです愛してます

「好きです」と「愛してます」はストレートに思いを伝える台詞です。
おそらく今まで紹介してきた中では一番伝えるのが恥ずかしく思えてしまう台詞です。

婉曲的な言い回しではなく直接思いをぶつける重い台詞でもあるのです。
そのため、男性は重い男だと彼女に思われるのではないかと不安に思い、なかなか言い出せずにいるのです。


紹介した恥ずかしいけど実は言ってみたい台詞は自分の思いをストレートに言う台詞です。
彼女のことを間違いなく思っているのにいざ言葉にするとなると恥ずかしがるのは、自分の思いを直接言うことに慣れていなかったり、言葉の重さを知っているから軽々しく言えないと考えているからです。

しかし彼女を思っているのは確実であり、言いたいのに言えないのはその彼氏の男性が真摯な人と考えて良いでしょう。

(恋愛jp編集部)

元記事で読む