1. トップ
  2. 恋愛
  3. もうこれ以上はごめん…冷めてしまった男が送る「破局間際LINE」とは

もうこれ以上はごめん…冷めてしまった男が送る「破局間際LINE」とは

  • 2020.5.3
  • 94790 views
undefined

男が別れを意識した時に送る破局間際LINEは、いつもとちょっと違う雰囲気なので女性からも気が付きやすいです。
しかし、認めたくないあまり気付かないふりをしているとあっという間に別れが来ることは少なくありません。

(1)LINEのペース自体が低下

男性が別れを意識した時に、女性に送るLINEのペースが急に下がることはよくあることです。

単純に女性への関心が薄れていますし、今まで通り送って気があるように思われても困るので徐々にフェードアウトを狙っている作戦です。
いつもより回数が減ってきたと感じたら、それは冷めているサインかもしれません。

(2)デート直前にキャンセルしてくる

デートの約束をしているカップルでも、彼が冷めかけている場合には直前のキャンセルをしてくるケースは少なくありません。

彼女のことを大切に思えなくなっているので、そういうことに罪悪感が薄れているのが理由です。
頻繁に中止のお知らせが出てくるようになったら、それは破局間際と考えて良いでしょう。

(3)デートの約束が取りづらい

LINEをしていて、次はいつ会えるかという話をうやむやにしたり、忙しいなどと言ってごまかされるときは破局間際の可能性が高いです。

本当に忙しいとしても、自分のことを好きでいてくれれば時間を取ってもらえるものです。
時間を作る努力もしないで逃げてばかりの返信が来る場合には、破局を意識している可能性が高くなります。

(4)しばらく会えないかもしれないというLINE

しばらく会えないかもしれない、というLINEは冷めた男性が送る常套手段と言っても過言ではありません。
そう言っておくことで、頻繁にLINEを返さなくても良くなりますしデートも他の子とすることができるようになるためです。

もしかしたら、彼はとっくに冷めている可能性すらあるので注意しましょう。


彼が冷めていて破局間際の時に送られてくるLINEは、女性から見ても何となくわかるものの彼のことが好きだと認めたくないというのが実情です。
しかし、送られてくるたびにつれない返事や頻度が低くなっている時には、別れのサインかもしれません。

(恋愛jp編集部)

元記事で読む