1. トップ
  2. ラクな移動で充実した旅行に!「直行便」で行ける海外ビーチリゾート16選

ラクな移動で充実した旅行に!「直行便」で行ける海外ビーチリゾート16選

  • 2020.4.22
  • 665 views

海外旅行で気になるポイントの一つが“移動時間”。せっかく休みを取って旅行をするなら、賢く「直行便」の飛行機を利用して限られた旅行期間を楽しんでみませんか?今回は「直行便」で行けるおすすめ海外ビーチリゾートを厳選してご紹介。ラクな移動で充実した旅行を計画してみてみましょう!(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

【1】チェジュ島(韓国)

日本(成田)から直行便でおよそ2時間40分~

最初にご紹介するのは、お隣韓国にある「チェジュ島」です。日本からは直行便でなんと約2時間40分ほどで行くことのできる海外リゾートです。今回紹介したリゾートの中でも、最短で行ける海外で“韓国のハワイ”との呼び声もある魅力的な島でもあります。LCCの直行便もあり、気軽に足を運べるビーチリゾートですよ。

韓国では新婚旅行先としても人気の「チェジュ島」には、自然の景色を活かしたおしゃれカフェや、思わず写真に撮りたくなるスイーツがいただけるカフェなどがあり、特に若い女性から支持を得ている旅先としても注目を集めています。普段はソウルでショッピングやグルメを楽しむ!という方にも、ぜひおすすめしたいスポットですよ。

詳細情報

チェジュ島(済州島)

【2】グアム(アメリカ)

日本(成田)から直行便でおよそ3時間半〜

2つ目にご紹介するのは、ハワイと並びお正月旅行などで人気のスポット「グアム」です。こちらも日本人に人気のビーチリゾートですよね。「グアム」は、片道約3時間半ほどで行くことができるので、あまり時間が取れないという方には本当におすすめなビーチリゾートなんです。

真っ青な美しいタモン湾沿いのホテルに滞在するのがグアム旅行の定番。ホテルのプライベートビーチでなくとも、比較的混雑しないのがグアムのビーチのいいところなんです。街はショピングモールやレストランが集約しているのでとても便利ですよ。

詳細情報

グアム島

【3】セブ島(フィリピン)

日本(成田)から直行便でおよそ5時間半〜

3つ目にご紹介するのは、近年アジアの旅行先として人気の高いフィリピンの一大リゾート島「セブ島」です。ここ「セブ島」は、フィリピンでも屈指の人気を誇るビーチリゾート地で、日本だけでなく海外から評価も高いスポットなんです。

セブ島周辺にはたくさんの絶景ビーチが点在しているのも魅力。時間がある方はアイランドホッピングをして絶景ビーチ巡りをしてみるのもおすすめです。東南アジアならではの激安マッサージで日々の疲れを取り除くのも最高ですよね!一番最初に紹介したベトナムのダナン同様、物価が低いため低予算でも十分に楽しめるリゾート地としても注目されています。

詳細情報

Cebu セブ島

【4】ダナン(ベトナム)

日本(成田)から直行便でおよそ6時間~

4つ目にご紹介するのはベトナムのの主要都市「ダナン」です。直行便で約6時間と少しほどと、東南アジアのリゾートの中では比較的短いフライトで行くができるので、諸外国の中でも非常に行きやすいスポットです。また、ベトナム屈指の人気ビーチリゾートでもあります。

東南アジアの中でも比較的物価の低いベトナム。「ダナン」では高級リゾートホテルはもちろんですが、1泊1万円以下でもかなり豪華なホテルに滞在することができちゃうんです。また、車で約40分ほど走れば、世界遺産の街・ホイアンの観光もできるので、短期間でもベトナムを満喫できる場所ですよ。

詳細情報

Danang (ダナン)

【5】ハワイ(アメリカ)

日本(成田)から直行便でおよそ7時間〜

5つ目にご紹介するのは、日本からの渡航者も多い人気の海外旅行先の一つ「ハワイ」です。昔から日本人に愛される楽園ビーチリゾート「ハワイ」は、毎日多くの航空会社から便が出ているため、フライト時間も幅広く選べるのが魅力の一つです。

中でも直行便のある「オアフ島」には、ホノルルや自然を満喫できるカイルアエリア、古き良き街並みが残るノースショアエリアなどがあり、素敵な休日を過ごすにはもってこいなんです。また2017年夏にはLCCが運行開始し話題にもなりました。ハワイ旅行がぐっと安くなった時代、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう。

詳細情報

オアフ島

【6】セントーサ島(シンガポール)

日本(成田)から直行便でおよそ7時間半~

6つ目にご紹介するのは、世界的な金融センターとしても有名で、日本以外からも多くの観光客が訪れる、東南アジア屈指のリゾート国シンガポールの「セントーサ島」です。主要都市でもあるシンガポールからもアクセスしやすく、チャンギ国際空港からも車で約30分で行くことができます。

年間通して熱帯気候が魅力的なシンガポールは、ショピングセンターなどの観光スポットも充実しているので、余裕のある方は中心部と「セントーサ島」と両方の観光を楽しむのがおすすめ。もちろん「セントーサ島」だけでも、レジャー施設が充実していますし、何より最高のリラックスビーチを満喫することができますよ。

詳細情報

セントーサ島

【7】ケアンズ(オーストラリア)

日本(成田)から直行便でおよそ7時間半〜

7つ目にご紹介するのは、地図上では日本のほぼ真下に位置する人気海外、オーストラリアの「ケアンズ」です。南半球に位置するオーストラリアの人気ビーチリゾートです。世界遺産となっているグレートバリアリーフへも簡単にアクセスできるのがここ「ケアンズ」なんですよ!

グレートバリアリーフへ訪れるのもいいですが、せっかく「ケアンズ」へ行くなら、グレートバリアリーフに加え周辺の絶景ビーチや、この地ならではの熱帯雨林散策もおすすめ。のんびりとオーストラリアの自然を満喫する旅をしたいなら、まずは「ケアンズ」を訪れてみるのがおすすめです。

詳細情報

ケアンズ

【8】ハワイ島(アメリカ)

日本(成田)から直行便でおよそ7時間30分~

8つ目にご紹介するのは、先ほどご紹介したオアフ島と同じくハワイにある島であり、ビッグアイランドとも呼ばれている「ハワイ島」です。ハワイ諸島の中で最も大きなこちらの島は、オアフ島に劣らない観光スポットも盛りだくさんのおすすめスポットです。

ハワイで唯一の世界遺産に認定されている、キラウエア火山をはじめ、広大なゴルフ場、夜には星空を眺めることができるなど、ハワイの醍醐味の一つでもある自然の要素がたくさん詰まっている魅力的な島です。いつもと違ったハワイを感じたい方はぜひおすすめですよ。

詳細情報

ハワイ島(ビッグアイランド)

キラウエア火山 Kilauea Volcano

【9】バリ島(インドネシア)

日本(成田)から直行便でおよそ7時間45分〜

9つ目にご紹介するのは、こちらも日本人から人気のリゾート地「バリ島」。女子旅でも大人気の「バリ島」は、インドネシア屈指のリゾートアイランドです。バリ島まではLCCの直行便もあり、ハイシーズンを外して行けば値段もグッと安くなった飛行機で行くことができますよ。

まるで本当に神が宿っているかのような、神秘的な雰囲気が魅力的な「バリ島」。美しい自然の景色はもちろん、ヨガやスパなどで心も体もリフレッシュできる休日を過ごせそうですよ。時間があれば近くの離島へ行ってみるのもおすすめです!

詳細情報

バリ島

【10】ニューカレドニア(フランス)

日本(成田)から直行便でおよそ8時間40分〜

10番目にご紹介するのは、ハネムーンの旅行先としても非常に人気の高い「ニューカレドニア」です。“世界で一番天国に近い島”として注目を浴びているビーチリゾートです。世界遺産にも認定された美しいラグーンなど、見所が満載の島なんです。

白い砂浜、そして透き通った青い海を見つめながら、何もしない贅沢を楽しめるのが「ニューカレドニア」の魅力。現在はフランス領というだけあり、街並みもフランスの雰囲気が漂っていてプチ・ヨーロッパ旅行気分にも浸れるかも!中でも都市化の進んでいる「ヌメア」は、観光するのにも非常に便利なおすすめスポットなんですよ。

詳細情報

ニューカレドニア

【11】ゴールドコースト(オーストラリア)

日本(成田)から直行便でおよそ9時間〜

11番目にご紹介するのは、オーストラリアの人気ビーチスポットがある「ゴールドコースト」です。先ほどケアンズを紹介しましたが、サーファーの聖地である「ゴールドコースト」も日本から直行便で行くことのできるビーチリゾートなんです。

世界的に有名なビーチであるサーファーズパラダイスをはじめ、数多くの絶景ビーチのある「ゴールドコースト」。海沿いにはカフェやショッピング街があり、朝から晩まで観光を楽しむことができますよ。屈指のビーチでマリンアクティビティを満喫したい方はこちらがおすすめです。

詳細情報

ゴールドコースト

【12】フィジー(フィジー共和国)

日本(成田)から直行便でおよそ9時間~

12番目にご紹介するのは、オセアニアにある300以上の島々からなる共和国「フィジー」です。ラグーンやサンゴ礁など島国ならではの絶景が広がる美しい国です。2018年に就航した直行便のおかげで日本からの行きやすさがぐんとアップしたんですよ。

言うまでもなく、青い海と白い砂浜はフィジーの見どころの一つ。マリンアクティビティなどをして存分に満喫しましょう。また、イギリスの植民地だった過去もあるこちらの国では、当時の建物など観光スポットも豊富。ゆったりと自然に過ごすことができるスポットですよ。

詳細情報

フィジー共和国

【13】コロンボ(スリランカ)

日本(成田)から直行便でおよそ10時間~

続きまして13番目にご紹介するのは、インド洋に浮かぶ魅惑の島国、スリランカの「コロンボ」です。スパイスの効いた料理などのイメージが強いですが、インド洋の真珠とも呼ばれるほど美しい海に囲まれたスリランカは、近年女子旅の旅行先としても人気急上昇中の、注目スポットなんです。

中でも、直行便で行くことができる主要都市「コロンボ」は東西の貿易ルートとして避けた港町で、歴史的な観光スポットやビーチだけでなく、港街らしい景色など見所が満載なんです。ビーチエリアが豊富なスリランカですが、空港からのアクセスも近い「ニゴンボ」は人気で、都市開発が進み利便性も良くなってきているんですよ。

詳細情報

コロンボ(Colombo)

【14】サンディエゴ(アメリカ)

日本(成田)から直行便でおよそ10時間〜

14番目にご紹介するのは、温暖な気候が魅力的なアメリカ合衆国の人気都市、カリフォルニア州にある「サンディエゴ」です。ビーチリゾートと言うと東南アジアや南太平洋のビーチリゾートをイメージしがちですが、アメリカ西海岸の「サンディエゴ」も人気のビーチリゾート地なんです。

年間を通して温暖な気候、そしてカリフォルニアならではのお洒落な雰囲気が特徴的な「サンディエゴ」。観光名所も豊富ですし、開放的な街並みがとっても魅力的なんです。太陽の光とキラキラと光り輝く海に魅了される、アメリカのビーチリゾートを満喫してみましょう!

詳細情報

サンディエゴ

【15】タヒチ(フランス領ポリネシア)

日本(成田)から直行便でおよそ11時間半〜

15番目にご紹介するのは、太平洋のほぼ中心、南太平洋側に浮かぶビーチリゾートの一つ「タヒチ」です。フランス領ポリネシアに属する「タヒチ」は、これぞ南国楽園リゾート言った雰囲気満載の、世界中の旅行者が憧れるビーチリゾートです。

ハネムーン先としてはもちろん、いつもより贅沢なカップル旅行や女子旅でもおすすめできる「タヒチ」。飛行時間が約11時間と若干長めですが、意外にもお手軽に行けるので、ファミリー層にもおすすめなんです。海に囲まれた憧れの水上バンガローに滞在して、究極の贅沢を楽しむ旅を体験できますよ。

詳細情報

Tahiti

【16】ドバイ(アラブ首長国連邦)

日本(羽田・成田)から直行便でおよそ12時間〜

最後にご紹介するのは、アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つ「ドバイ」です。中東エリア屈指の人気観光エリアである「ドバイ」は、砂漠や高級ショッピングモールにラグジュアリーホテル、というイメージが強いですが、実は美しいビーチもありビーチリゾートとしても注目を集めている場所なんです。

砂漠のビーチリゾート「ドバイ」には、世界的に有名な7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」から一望できるジュメイラ・ビーチをはじめとしたビーチの他、ウォーターアトラクションを楽しめるテーマパーク、高級ホテルなどが立ち並ぶ人口の島「パームアイランド」など、贅沢なリゾートを満喫することができるんです。優雅なホリデーをぜひ過ごしてみて。

詳細情報

Dubai

「直行便」で移動がラクなリゾート旅行を!

いかがでしたか?せっかくリゾート旅行へ行くなら、極力移動の手間を省きたいもの。賢く「直行便」の飛行機を利用して、素敵な休日を過ごしてみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

元記事で読む