1. トップ
  2. メイク
  3. 《マキアージュ》まるで“キレイな素肌”のような仕上がりに「ドラマティックジェリーリキッド」全7色が4/21〜発売!高密着ジェリーリキッドでフルカバー

《マキアージュ》まるで“キレイな素肌”のような仕上がりに「ドラマティックジェリーリキッド」全7色が4/21〜発売!高密着ジェリーリキッドでフルカバー

  • 2020.4.16
  • 3077 views

高密着ジェリーリキッド誕生

「レディにしあがれ。」というコンセプトのもと、ワンランク上の美しさを提案するメイクアップブランドのMAQuillAGE(マキアージュ)から、まるで「キレイな素肌」のような仕上がりが持続するリキッドファンデーション「ドラマティックジェリーリキッド」が、2020年4月21日(火)より発売となります。

リキッドファンデーションユーザーが重視している、高いカバー力と自然な仕上がりを実現する高密着ジェリーリキッドが、美しい素肌がもつ適度なつや・なめらかさ・きめ細かさを再現。今回は、肌を包み込むように密着しながらフルカバーする、MAQuillAGE(マキアージュ)の「ドラマティックジェリーリキッド」全7色を、FORTUNE編集部がご紹介します。

マキアージュ「ドラマティックジェリーリキッド」

フルカバーして、まるで「キレイな素肌」のような仕上がりが続く、MAQuillAGE(マキアージュ)の高密着ジェリーリキッド「ドラマティックジェリーリキッド」。高密着ジェリーと360°美肌パウダー配合で、肌を包み込むように密着しながら、透明感のあるナチュラルな美肌へと導きます。

よれや薄れにも強く、皮脂オートブロックパウダーがテカリや皮脂崩れを防いで、つけたての仕上がりが1日持続。保湿成分のスーパーヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、グリセリン、ローヤルゼリーエキスや、肌あれを防ぐスキンケアパウダーも配合されていて、メイク中も肌を健やかに保ちます。

さらに、どんな光環境下でも血色感のある美しい肌を演出する、エアムードパウダー・ライティングアジャストパールを配合。リキッドファンデーションユーザーが理想とする、厚塗り感のない自然な仕上がりを実現します。

全7色のカラーバリエーションをチェック

MAQuillAGE(マキアージュ)の「ドラマティックジェリーリキッド」は、肌の色に合わせて選べる全7色展開。アジア人が使いやすい標準的な色調はもちろん、赤みよりの肌色に対応したピンクオークルや、黄みよりの肌色に対応したベージュオークルまで、幅広いカラーバリエーションが揃います。

●ピンクオークル 10:赤みよりでやや明るめの肌色
●オークル 00:明るめの肌色
●オークル 10:やや明るめの肌色
●オークル 20:自然な肌色
●オークル 30:濃いめの肌色
●ベージュオークル 10:黄みよりでやや明るめの肌色
●ベージュオークル 20:黄みよりで自然な肌色

自然な肌色に仕上がるオークル 20を、FORTUNE編集部が実際に使用してみました。なめらかなリキッドが肌に心地よく伸び、毛穴や小ジワをしっかりとカバーしながらピタッと密着。ベタつきを感じさせないサラサラとした仕上がりで、きめの細かいナチュラルな美肌に。ほんのり血色感のある仕上がりで、顔の印象をパッと明るく見せてくれるのも嬉しいポイントです。

付属のスポンジを使えば、頬や額などの広い面はもちろん、小鼻や目尻といった細かい部分にも、均一にファンデーションを伸ばすことができ、肌のきめをしっかりとならすことができますよ。

フルカバーして、まるで「キレイな素肌」が続く

今回は、MAQuillAGE(マキアージュ)から2020年4月21日(火)より発売となる「ドラマティックジェリーリキッド」全7色をご紹介しました。

フルカバーするのにくずれ知らずの高密着ジェリーリキッドが、なめらかできめ細かい自然な仕上がりを実現。リキッドファンデーションユーザーが求めている使用感と理想の仕上がりを叶える、革新的なリキッドファンデーションです。テカリや皮脂くずれにも強いため、これからの季節にも活躍すること間違いなし。

さらにFORTUNEでは、同日発売となる、数量限定のメイクアップフィクサー「ビューティーロックミスト」についても、後日詳しくご紹介する予定です。是非あわせてチェックしてみてください。

あなたもMAQuillAGE(マキアージュ)の「ドラマティックジェリーリキッド」で、まるで「キレイな素肌」のような仕上がりを叶えてみませんか?

商品情報

MAQuillAGE(マキアージュ)

2020年4月21日(火)発売

マキアージュ ドラマティックジェリーリキッド
<ファンデーション>
容量:27g
色数:7色
参考小売価格:3,200円(税込 3,520円)※編集部調べ

元記事で読む
の記事をもっとみる